So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

やっと捉えた ISSの太陽面通過 20170615 [星]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 昨日21日は雨が上がったと思ったら、深夜から風が出てきて、今日昼過ぎはお休みしたものの、夜まで時折強い風が吹いています。
 この風で、バラを支えていた棒が外れました。
 支えていた方向から強い風が吹き、バラが煽られてしなり、一瞬、棒は相手を失って緩み、外れたのでしょう。
 そんな強風でしたが、昨日の大雨で、土埃は目立ちませんでした。

 砂風師匠からのお勧めも有り、今回はISS(国際宇宙ステーション)です。
 ISSについては、以前月面通過の写真を載せましたが、太陽面通過については、失敗続きでした。
 一番最初なんか慣れていないので、「あっ、鳥が飛んだ!」と思ったら、ISSだったことも(^_^;)

20170615114645 雲の中のISS w640  DSC_9188.jpg
 6月15日、ISSが太陽面を通過する現象が、気仙沼付近でも見えるという情報を、星の先輩から頂きました。
 以前にも書きましたが、通過といっても、見掛け上のことです。
 太陽はずーっと遠くで、ISSは地上400㎞付近を飛行していると思います。
 見えるのは、岩手県陸前高田市から南西に延びるコース。
 市内の八瀬や国道284号の岩手県側でも見えるはずですが、諸般の事情によって、一関市藤沢町のニコニコパーク付近としました。
 実はこのニコニコパークでは、入浴が出来るのです。
 天然の温泉ではありませんが、あの東日本大震災で3か月も断水していたとき、時々、入浴と洗濯でお世話になりましたm(_ _)m
 で、準備万端で出掛けたのですが、自宅を出るときは、なんと曇り(>_<)
 それでも、ヨコミーは若干期待していたのです。
 この時期、沿岸部は海からの霧や雲で曇っていても、ちょっと内陸部に入ると、割と晴れていることがあるのです。
 なので多少は期待していたのです。

 でも、着いてみたら、太陽は見えるのですが雲は多く、流れる雲で結構隠れているのです。
 機材を組み立て終えても、雲は多く、流れています。
 時間が来て、撮影したらこんな感じでした。
 まあ実際は、いちいち写真を確認していません。
 厚い雲に覆われないよう祈り、高速連写なのです。
 予報時刻のプラスマイナス数秒に渡り、数十コマを撮影しました。

 一通り撮影を終えましたが、その場でモニターを確認するのは難しいので、撮影後はすぐに片付け、そして帰宅です。
 出来れば入浴して行きたかったのですが、老母を置いたままでしたので、残念ながら直帰です(T_T)

20170615114645a 雲の中のISS w1024 DSC_9188.jpg
 帰宅してカメラからデータをパソコンへ移し、ただ見たら、黒点なのかゴミなのか、ISSなのか....????
 輝度やコントラストを調整したら、寸足らずの「H」型をした、ISSの姿が出てきました。
 撮影時間は11時46分45秒。シャッタースピードは1/2000秒。感度は3200です。

20170615114645b 雲の中のISS w1024 DSC_9189.jpg
 次のコマです。
 写っていたのはこの2コマだけ。
 まあ高速で移動するISSなので、仕方ありません。
 あの雲、雲、雲.....の中、撮れただけで幸せです(*^_^*)
 今まで何回か、ISSの太陽面通過に挑戦してきましたが、ようやく撮影できました。

20170615114645 ISS in the Moon New2 w1024.jpg
 これは、2コマを合成してみました。
 ヨコミー、この処理は初めてです。「比較暗」という処理です。2枚の写真を比べて、より暗い方を残す処理です。
 画像処理に長けている人は、自分の写真を芸術的に(良く言えば)発展させてみたり、他人の写真を加工して自分が撮影したと公表する人も居る世の中ですが、ヨコミー、その面では後塵を拝したいと思うのです。

 今回の撮影で改めて思ったのですが、今の機材ではピント合わせが難しいのでした。
 撮影風景は撮らなかったのですが、過日このブログに紹介した、旧・千厩町で準備したものの、曇ってしまった時の望遠鏡とカメラです。
 一般的に望遠鏡のピント合わせは、目に近い位置で行うのですが、あの望遠鏡は、なんと反対側に在る、ちょっと風変わりな望遠鏡なのです。
 それでも、カメラのファインダーをのぞきながらピントを合わせるのは、なんとか手が伸びるのですが、太陽は高い所に在るのでのぞきにくいのです。
 そしてファインダーで見る太陽像は小さく、目で見てもなかなかピントがはっきりしません。
 なのでコンパクトデジカメのようにライブビューを使うのですが、さんさんと陽光が降り注ぐ中、モニターは見えにくいのです。
 しかも、モニターは今流行ではない、動かないやつ。
 ヨコミーはまだ近視ですが、望遠鏡の筒先に在るピント調整装置に手を掛け、カメラ背面に在るモニターを明視距離で確認することは、至難の業です(>_<)
 なので、仕方なく、遠くの木でピントを合わせました。
 次回は、レンズにちょっとカビが生えてはいますが、別な望遠鏡を使ってみようかと思います。
 減光装置の取り付け方法を、またまた悩むようですが。


 さて、ISSはあちこち飛んでいるので、なんと木星の表面を通過することも有り、その予報を、またまた星の先輩から頂きました。
 6月10日の21時という予報です。
 上の写真の場合、ISSの長辺は、月の直径の凡そ1/40とみました。
 月の直径は凡そ0.5度ですから、ISSは見掛け上45秒の大きさです。
 誠文堂新光社が出している天文年鑑2017年版によれば、その頃の木星は直径40秒。
 ほぼ同じ大きさに見える計算ですが、見える高度が違えば大きさは変わりますので、参考程度に。
 なので、予報位置の中心でしか、木星面を通過しません。多くは、「木星近傍通過」といった感じ。

 今回の現象は、三陸道登米インター付近を南東へ通るコースです。
 予報コースはインター北西部を通っていて、その辺りは仙台等へ行くときに結構通っていますので、土地勘は有ります。
 でも、予報線は交差点の真ん中を通っています(>_<)
 仕方なく、また標高が多少有るので、南へずれました。
 実質30mのズレた、農道の端に陣取りました。
 実は交差点の角にコンビニが有ったのですが、無断で駐車場に陣取るわけにも行かないし、説明する時間ももったいなかったので.....。
 まあ、ここの駐車場に設置できれば、10mのズレで収まったのですが....。

 結果的には、交渉しなかったことが幸いとなりました。
 なんと、機材を設置していたらトラブルです(>_<)
 木星面通過に取り組むのは初めてで、いろいろと迷った末、いつも使っている望遠鏡ではない、安くて大きな望遠鏡にしました。
 目的は、より多くの光を捉えたいために。木星は太陽や月より暗いのです。
 それに向けて機材を積み込んだのですが、なんと、なかなかカメラが望遠鏡に付かない.....(>_<)
 仕方なく、30年以上前のリングをねじ込み、時間が迫ってきたのでライブビューでのピント合わせを諦め、大きな星をのぞいて合わせました。

20170610210034 FL2800mm F10 1-2000 iso6400 DSC_9105s.jpg
 6月10日21時00分35秒の撮影です。
 カメラの感度は6400、1/2000のシャッタースピードです。
 そして高速連写。
 上の写真は写野に入った一番最初のコマ。

20170610210035 FL2800mm F10 1-2000 iso6400 DSC_9106s.jpg
 次のコマです。

20170610210035 FL2800mm F10 1-2000 iso6400 DSC_9107s.jpg
 更に次のコマです。

20170610210035 FL2800mm F10 1-2000 iso6400 DSC_9108s.jpg
 写っていた分では最後のコマです。
 えっ、見えないですか?
 ちゃーんと、太陽光パネルと思われる物が、端にちょっとだけ写っていますよ(^_^;)
 写ったのはこの4コマのみ。
 でも実は、カメラを90度回転させれば、もっと写すことが出来たのでした。
 ただ、あの組み合わせはすべてネジなので、緩めるわけにも行きません(>_<)
 やはり、当初予定の組み合わせに用いるリングを探しましょう(^_^;)

20170610210035 ISS & Jupter 1.jpg
 覚え立ての画像処理ソフトで、4コマを合成してみました。
 「比較明」という処理です。合成するとき、両者を比べて、より明るい方を残すのです。

 次回、ISSの惑星面通過のチャンスがが有るのなら、ベストな位置を探し、カメラを望遠鏡に取り付けたまま、運びたいと思います。

 それにしてもこの2回の現象撮影で、誰からも声を掛けられませんでした。
 道路を通る車からは見える位置に居たのですが、皆さん忙しかったのでしょうか。
 広い意味でお仲間を増やしたいヨコミー、ちょっとは期待していたのです。
 双眼鏡より大きな望遠鏡、紙の地図では入手が難しいのでパソコンの地図。
 あっ、これは、あの法務大臣がテレビで語っていた三種の神器ならぬ、二種の悪器(^_^;)
 そういえば、スマホやタブレットでも地図が見える時代ですね。
 そう、ヨコミーもテロ予防法の要チェック対象者になりかねません。
 恐ろしい法律が出来たものです。
 政府は一般市民は対象としませんと宣伝していますが、恣意的な運用が行われる虞が有ります。
 今は「一般市民は対象としません」と言ってはいますが、先の戦争法案の時は、歴代内閣の憲法解釈をコロッと変えた政権でも有ります。
 天下の読売新聞によれば、西海を隔てた那珂国では、気にくわない、人権活動家や民主化を求める人たちを、国家反逆罪として投獄しています。
 那珂国4000年の歴史を、我が国の政府はまねようとしているのでしょうか。
 それとも、戦前を知らないヨコミーたちに、戦争へと突き進んでいった過去を再現させて、見せたいのでしょうか。
 そういえば那珂国は以前(今でもですが)、その南に在る島々の領有権で隣国と揉めていて、確か比国から国際的な裁判所に訴えられ、那珂国に非有りの判決が出たのですが、なんと彼の国の外務大臣は「判決に効力は無い。ただの紙切れだ」と宣ったと読売新聞に出ていました。
 他国のことですが、恐ろしいですね。
 内閣という公の場で言った事も、国際的な裁判所で作った判決文書も、場合によっては全く頼りにならなくなるのです。
 この日本も、古き悪しき時代に傾きつつ有るのでしょうか。
 ヨコミーは「右」でも「左」でもないのですが、今有る小さな暮らしを、ずーーーーーっと続けていたいのです。
 出来れば、ちょっとだけ右肩上がりで(*^_^*)
 なので、双眼鏡と地図を持っていたらしょっぴくなんて世の中では、ヨコミーは暮らせないのです。
 戦時中を描いたドラマで、「ご時世だから....」と、いろいろと諦める場面がありました。
 皆さんはどう思うのでしょうか。いろいろな制限が出てきそうな気配です。
 「僕は趣味人だから、そんな政治は関係無いや....」なんて言っていると、今の趣味が出来なくなる世の中が、出現するかもしれませんよ(*^_^*)
 ヨコミーは趣味人として、「美しい国」ではなく、「普通の趣味が公明正大に出来る国」になって欲しいと思うのです。
 そのためにも、世の中の平衡や出来事に敏感になっています(^_^)v

 ところで、先日成立したテロ予防法案の説明で、法務大臣をこき下ろす記事を見たり、発言を聞きますが、如何なものかと(^_^;)
 法務に熟知していないお大臣とは聞きますが、その法案の酷さが、素人の目にもはっきりと分かり、それをどう言いくるめようかと、とても悩んでの諸説明だと思うのです(*^_^*)
 「その法律を恣意的に運用すれば、暴力団が市民にいちゃもんを付けて脅すのと同じように、どこからでも、なんでもやれるのですよ.....。そう、双眼鏡と地図を持っているだけでもねぇ~~」と、国民に対して警鐘を鳴らしてくれたと、ヨコミーは感謝し、確信するのです(^_^)v
 

バラ、アヤメ類 初夏 20170613 [四季の便り 花,植物,農遊]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日6月15日は雲が多く、夕方には小雨がぱらつきました。気温18℃。
 深夜になったら雷雨が(>_<)

 ヨコミー。最近は気持ちも多忙で、なかなかヨコミー家の花々を紹介していませんでした。
 そこでバラと、終わり加減になりましたがアヤメ類を紹介します。

201705221830 ジャーマン w1024 DSC06257.jpg
 アヤメ類で一番早く咲く、白いジャーマンアイリスです。種類は、多分。すみませんm(_ _)m
 頂き物なのです。
 先ほど見た花の本には、アヤメ類に明確な区別は無いとも書いてありました。
 「文目(あやめ)」が有ればアヤメとも言われていますが、文目とは網目だと聞きました。
 でもヨコミー、網と言えば漁網や防鳥網を思い出します。そんな網の目なのでしょうか....。
 そういえばヒメシャガも早く咲きますが、雑草のように繁茂しているので、あまり気にとめていませんでした(>_<)

201705221831 ジャーマン h800 DSC06259.jpg
 こんな所に植えてあります。この2枚は、5月下旬の撮影でした。
 真ん中にデーンと在る木は、境杭が埋もれそうだったので、選定した枝を目印に挿していたら、なんと葉が出てきて、花まで咲かせています。ムクゲです。種でも増える、困った、丈夫な木です。

201706121101  黄アヤメ w1024 DSC07471.jpg
 黄色いハナショウブ。ここから6月12/13日です。

201706121101 黄ショウブ w800 DSC07472.jpg
 アップです。

201706121100 アヤメ w1024 DSC07467.jpg
 青いアヤメです。

201706121112 アヤメ w1024 DSC07495.jpg
 右下奥に見えるように、終わり加減です。白は既に終わりました。

201706121051 白バラ h800 DSC07439.jpg
 白いバラは、この1本だけ。しかも背が低く、撮影が大変です。

201706131133 バラコーナー h800 DSC07627.jpg
 赤やピンクのバラは、以前はアーチにしていましたが、ホームセンターの安いアーチだったので、2・3年前の風で倒れ、それからは自立式のアーチとし、風上となる西側から、ヒモで引っ張っていました。

201706121116 バラの支柱 w1024 DSC07499.jpg
 ところがここは風の丘。
 支柱のうちの1本はこんなに曲がりました。
 季節風、恐るべし(>_<)

201706131129 折れたバラ h800 DSC07624.jpg
 今回ちょっと手を掛けたら、間もなく枝が3本折れました。
 見れば風で痛んでいた所が、折れたのでした。
 いい花は室内に、残った枝は挿し木をしてみます。
 付かないかもしれませんが、なんかもったいないので(*^_^*)

201706121059 我が家の赤いバラ W1024 DSC07465.jpg
 葉の中からちょっとだけのぞく赤いバラ。こんなのも、ヨコミーは好きです。

201706131123 雨上がりの赤いバラ w1024 DSC07598.jpg
 こちらは雨上がりの、13日の赤いバラ。
 田舎でも、花に貯まった滴を飲んじゃいけないかなぁ(^_^;)

201706131123 雨上がりの赤いバラ w1024 DSC07600.jpg
 剪定をほとんどしていないので、「見上げる」バラが多いのです(^_^;)

201706131124 雨上がりの赤いバラ w1024 DSC07601.jpg
 ヨコミー、バラはやはり赤が一番かと(*^_^*)

201706131127 赤いバラ w1024 DSC07619.jpg
 横顔も素敵です(*^_^*)

20170613116 雨上がりピンクのバラ w1024 DSC07616.jpg
 ただ、薄いピンクのバラも捨てがたいですね(^_^;)

201706131125 雨上がりピンクのバラ w1024 DSC07610.jpg
 うーん、これも(^_^;)

201706131126 雨上がりのピンクのバラ w1024 DSC07614.jpg
 ほんと、捨てがたい素敵なピンクのバラです(*^_^*)
 
 まだ枝が密集していて、誘引や選定で風通しを良くしなければなりません。
 トゲとの戦いです。
 病気を見分ける知識も持たなきゃ(^_^;)
 ヨコミー、遊ぶ時間が無くなりそうです(>_<)

 近々、久し振りに花フェスタ記念公園でバラを見ようかなぁと思ったら、もうバラ祭りは今週末で終わりだと。そんな季節なのですね!!!???
 なので、ヨコミーが空いている日は、なんと3連休だって.....(>_<) 
 うーん、残念(T_T) 
 どこかでバラを見たいな。心はまだ、バラのように赤い....はず(^_^;)

 では(^_^)v
 

気仙沼の今 仮設大谷歯科診療所界隈 20170613 [東日本大震災]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。

 東北地方は、まだ梅雨入りしてないはずですが、しばらく前から梅雨入りした感じ(>_<)
 雨が多く、気温も低め。
 一昨日まで雨が降っていたのに、もう昨日13日は、工事現場から土煙が舞っていました(>_<)
 しかし家庭菜園の土はまだ湿っていて、土をいじれる状況ではなく、ちょうど以前、歯に詰めた所が取れ気味なので、昨日は地区内の大谷(おおや)歯科診療所へ行ってきました。
   (写真はクリックすると大きくなります)
 
201706131103 w1024 DSC07537.jpg
 こんな所。
 なんと、お客さんはいませんでした。右の車は職員さんの。

201706131103 h800 DSC07538.jpg
 看板がありました。
 でも、この書き方だと、大谷仮設(住宅)のための歯科診療所と、ヨコミーは思います。
 この診療所も被災し、仮設での再開だから、仮設の大谷歯科診療所、としたいのです。
 因みに、写真が下手ですみませんが、上に見えているのは、奥歯のモニュメント。

201706131059 大谷歯科左から w1024 DSC07519.jpg
 敷地に入ってすぐの駐車場から海側を見て、その左端からです。
 大谷海岸です。割と開いた入り江になっていて、長い砂浜でした。毎年、多くの海水浴客で賑わっていたのです。
 しかし、あの東日本大震災による大津波で、砂浜のみならず、多くの建物、尊い人命までも流されてしまいました。
 中央上、横に黒く続くのは、壊れた防潮堤代わりに積み上げられた大きな土嚢袋。右に続く建物は、作業員宿舎です。
 でもこの一帯、被災した道の駅が移転してくるようです。ただ、目に見えた動きは少ないです。

201706131059  w11024 DSC07521.jpg
 更に右側です。この辺は、人家や民宿、ドライブイン等が在ったのですが、住む家は防潮堤が完成しても建てられないとのこと。
 右上のホテルも被災しましたが、客室を3階以上とすることで許可が下り、再建できたと。
 さて、右の白い大きなテントは.....

201706131059 w1024 DSC07522.jpg
 被災した大谷漁協の建物。
 テントは仮設なのか否かは分かりませんが、資材庫ようなものかな。
 震災前、実はこの右側にも家々がありました。

201706131059 w800 DSC07523.jpg
 その右側ですが、草だらけで、よーくは分かりません。
 右手のサクラ?の向こうへ行ってみます。

201706131100 w1024 DSC07524.jpg
 左の建物は大谷漁協。左上に見える太平洋の手前の道は、国道45号。
 ホテル前の交差点から右手前に伸びるのは、毎朝南方面から気仙沼市街へ通勤する車で賑わう基幹農道。
 震災前は、ホテル手前の左角には肉屋さんが、少し手前には床屋さんが在り、漁協の屋根に乗るような位置に、民家が2軒在りました。
 更には写真右側や、すぐ真下にも。
 初夏になり、緑の草が繁茂してきました。
 手入れは行き届いていないけど、ちょっと見には平和な風景。
 緑の草は、被災した家々の、まだ残っている基礎コンクリートなど、人々の暮らしがかつて存在したという事実さえ、覆い隠そうとしています。

201706131100 w1024 DSC07525.jpg
 更に右側です。
 真ん中に見えるコンクリート製の擁壁は、民家の土留めらしいです。
 右上に見える鉄塔は、高速道路工事で移転した高圧線の鉄塔。ヨコミーに言わせれば、高過ぎ(>_<)
 会計検査院さま、ここに税金の無駄遣いが有ると思います。どうぞお調べをm(_ _)m
 なにやら右下にゴミ袋らしき物がいっぱい.....。

201706131100 w1024 DSC07526.jpg
 工事現場の事務所でした。
 
201706131100 w1024 DSC07527.jpg
 ここは、被災した農協が有ったところで、農協は右側に再建されました。
 でも、震災のもっと以前は、工事事務所の所にも建物が有りました。
 これらの位置に、金融やミニスーパー、資材部とか在ったのですが、農協の統合でミニスーパーなどが削られ、疎遠になっていました。
 大谷地区の悲しい小売店状況については、別に書きたいと思います。
 なぜ書くのか、ヒントはこの写真と1つ上の写真に有ります。
 お分かりの方は、コメントでお寄せください。
 正解の方若干名様に、ヨコミーお手製の無農薬(いや、ほったらかし)野菜をお送りします。公表せずに消しますので、安心して送付先も(^_^)v

201706131100 w800 DSC07528.jpg
 さらに右手です。
 右奥の建物は大谷公民館。

201706131100 w1024 DSC07529.jpg
 更に右側、公民館を正面にとらえてみました。
 災害時には避難所にもなっています。
 公民館の裏(見かけ上の裏側で、玄関は向こう側)は一段低くなっていて、大谷地区の小学校や中学校が在ります。その2校の校庭には、大津波が押し寄せました。
  
201706131101 w800 DSC07533.jpg
 公民館手前の木造家屋が気になりました。多少は被災しているようですが、以前から???
 中に児童生徒用の机らしき物が見えます。倉庫でしょうか。
 そういえば、今は校庭の北側に建っている校舎は、その昔は南側に有ったような....。そのときの名残でしょうか、いつか、地元の物知りに聞いてみます。
 
201706131100 w1024 DSC07530.jpg
 更に左です。西側から見た、仮設の大谷歯科診療所です。
 先の写真は赤い車の所から。
 大津波は右下の海から押し寄せ、この歯科診療所も襲ったのです。
 でも、一段高い倉庫は、なんとか残った......。敷地の段差が境目でした。
 先程の、ちょっと邪魔な木は、サクラでしたね。邪魔にしてごめんなさいm(_ _)m
 そう、大津波に洗われたものの、小高い所に有ったので、塩害は最低限で済んだようです。
 確かこの春も咲いてました。ご立派(^_^)v
 ちょっとオーバーに言えば、奇跡の一本桜(*^_^*)
 ところで、また気になりました。

201706131101 w800 DSC07532.jpg
 「気仙沼市災害用備蓄倉庫」と書いてあります。公民館に設置されました。
 備蓄倉庫は、震災後、市内各地の拠点に整備されました。大変結構なことです。
 でも、扇子、いやセンスが無いですよね~。
 
 一般的に、梅雨の長雨が続いたり、急激な豪雨で河川や水留が氾濫しそうになり、避難勧告や指示が行政から出て、住民が避難所へ集まります。
 さあ、皆さんが集まってきました。今から毛布や乾パン、水などを備蓄倉庫から取り出しますので、雨さん風さん、ちょっとの間、やんでてください....なんて、出来る訳が無い!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 (あっ、マイカテゴリーは「なんでだす」のネタでしたね(^_^;)
 なんで、腰板の高い渡り廊下等の施設は無いのでしょうか。
 風雨厳しき折に物資を出すと、せっかく乾いている物が濡れてしまいます。
 まあ、パックの中の毛布やアルファ米、缶の中の乾パンまで濡れることは、多分無いにせよ、世話する人が濡れたり、雨が吹き込んで他の物資が濡れ、濡れた箱を拭く手間が出たりすることは、十分に考えられます。
 雨の停電時には、発電機も取り出すようです。工事用と違い、備蓄倉庫に入っている小さな発電機は、コンセントが露出しているので、雨に濡らしたくないです。
 足掛け10か月も避難所に居たヨコミーとすれば、せっかくなので、もうひと手間を掛けて欲しかったのです。
 災害は、天気の良いときにやってくるとは限らない..... by ヨコミー (^_^;)

 まあまあ、会計検査院さま。ヨコミーは思うのです。
 世の中、「振替」がいろんなところで行われています。振替休日、自動振替、郵便振替....等々。
 そこで、備蓄倉庫の一部または全部と、避難所になる施設の内部倉庫とを、振り替えては如何でしょうか。基本はどちらも同じ面積で。
 例えば公民館なら、地区民運動会の用具は、雨の日や避難所開設時には使わないので、外の倉庫で構わないのです。各施設では、更にいろんなことが考えられるでしょう。
 大きな声では言えませんが、ドンタク、いや忖度(^_^;)
 そんなことが有っても理解して!!  よしなにm(_ _)m
 うーんにゃ、大きな声で言えるよう、制度化してください(*^_^*)
 また、避難所に指定する施設を建てる場合、内部に災害用備蓄倉庫を設けるよう指導し、かつ、補助金制度が有ると、そんな避難所も作りやすく、より良い避難所運営が出来ると思うのです。
 各地で前向きに検討して欲しいなっ(^_^)v


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

バッカス 美味しいんだけど 20170608 [なんでだす !!???]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 ブログの更新を、某団体の無給仕事やお勉強で、長く休んでしまいました。
 すみませんm(_ _)m
 勉強は6日までに終わったのですが、続く無給仕事の役員会準備は大変でした(T_T)
 その役員会をなんとか乗り切り、ひと安心。

 でも、その後の昨年の経過を見たら、昨年とは違って総会までの期間が少なく、とりあえず資料収集、名簿作成、案内発送と、楽じゃなかったのでした。
 今週は資料を修正して、総会資料作りがノルマです。
 でも木曜日には、ISS(国際宇宙ステーション)が、見かけ上、太陽面を通過する現象がありますので、どのタイミングで頭を切り変えて資料作りをするか、ちょっと悩みます。
 家庭菜園では、まだ植えられていない苗が、種が有るのです.....(>_<)

 確か、この地方の梅雨入りはまだです。
 でも、季節は確実に変わりつつあります。
 北西の風が少なくなりました。
 逆に吹いてくるのは、冷たい東風。
 今日11日の夕方、どこからか、ホルモン焼きの臭いが微かに漂ってきました。
 うーん、東風に乗ってきたのかなぁ...。でも、東は林。
 風は東じゃないのかな.....(^_^;)


20170608 バッカス w800 DSC07357.jpg
 美味しいチョコレート・バッカスです。
 8日の役員会終了後、ちょっと足を伸ばして、登米市へ観測の下見に行った帰路、本吉町のスーパーで仕入れました(*^_^*)

20170608 冬季限定 w800 DSC07360.jpg
 冬季限定です。
 でも、今は初夏。

20170608 バッカス派祖 w800 DSC07359.jpg
 なので、うれしくなって5個も買ってしまいました。
 ちょっと買い占め気分。 
 これで、この夏を越すことができます(*^_^*)

20170608 5個の裏 w800 DSC07358.jpg
 見たら、賞味期限は7月9日でした。
 ふーん、あと1か月です。

20170608 バッカス w800 DSC07363.jpg
 まあ、とりあえず買えてよかったのでした(*^_^*)
 いつものように冷蔵庫へ入れようとしたら.....

20170608 バッカス w800 DSC07364.jpg
 以前、生協で買ったやつが2個、まだ在庫としてあるので、先に買ったものから食べようと、冷蔵庫から出し、代わりに5個を入れてきました。
 そう、「先入れ先出し法」です(*^_^*)

20170611 バッカス裏 w800 DSC07365.jpg
 でもその2個、裏の賞味期限を見たら、なんと8月5日でした。逆転(>_<)
 なんでだす!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 生協では、最近、バッカスを見かけることがなく、冬季限定なので既に出荷は終わったのかなぁ....と思っていたのです。
 実は、登米市に下見に行ったとき、生協もチェックしてきたのでした。陳列無し(>_<)

 この状況、ちょっと考えてしまいました(>_<)
 大きな商圏を持つ地域のスーパーは、しばらく前から陳列がなく、田舎の小さなスーパーには、まだ1か月も古い在庫が有りました。
 これらの5個は、ヨコミーが救出に来るのを、首を長くして待っていたのでしょうか? あっ、全部買い占めてきたのではなく、あのときはまだ3個4個有りましたよ(*^_^*)

 チョコレートはどうなのか、ヨコミーは不勉強ですが、売れない商品は、賞味期限が過ぎないうちに、問屋へ返すこともあるとか。
 まだ1か月も有ると思っているのか、地元のスーパーでは、特売の表示は有りません。
 単なる売れ残り!??? それとも、問屋さんが「安くするよ」と言うので仕入れたとか....。
 ヨコミー、基本的にバッカスは大好きなので、賞味期限の如何に関わらず、自宅に在庫が不足していれば、買います(*^_^*)
 ただ一般的に、大きな店には何でもあるのに、小さな店には品数が少ない....と思うのです。
 そんな小さな店に、在庫が有るなんて嬉しいのですが、ちょっと複雑な気分にもなるのです(^_^;)

 20170608 食べる W640 DSC07366.jpg 
 もちろん賞味期限前で有り、美味しく頂きました。
 残りのバッカスは、冷蔵庫の中で賞味期限を越します。
 でも、生協で最後に買ったときもそうでしたが、ラムレーズンが入っているチョコレート・ラミーが、見当たらなかったのです。ラミーも好き(^_^;)
 ヨコミー宅の冷蔵庫には既に在庫はなく、その分、バッカスの消費が早まりそうです。
 なので、明日にも残りを買い占めてこようかなっ(^_^)v
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ツツジの山・徳仙丈山 [後編] 20170529 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 昨日6月2日も天候は不安定でした。未明にはちょっとした豪雨もあったようです。
 朝からは、しとしと程度。
 昼前には上がって明るくなってきたので、郵便局へちょっと出掛けました。
 行くときに見たら、南三陸町歌津の岬へ、海から大津波のような霧が迫っていたのですが、15分後位の帰路に見たら、すっかりと霧に隠されていました。また小雨です。
 それも夕方には上がり、南西側低く、青空が見えましたが、夜までには回復しませんでした。
 夕方、外に出していたタライを見たら、2日間で凡そ50mm程の雨が降ったようです。
 このタライは、小鳥の水遊び用にと、古いタライに適当に水を張り、小島のように大きな石を入れていたのですが、小島は沈没してしまいました(>_<)
 その増えた水位が、凡そ50mmでした。

 今年5月29日に登った、気仙沼のツツジ山・徳仙丈山のつづきです。
   (写真はクリックすると大きくなります)

201705291300 頂上 w800 DSC_7580.jpg
 何個めかのピークで、徳仙丈山(標高710m)の山頂が見えてきました。
 この尾根道コースの辛い所は、まず最初の直線の壁(^_^;) 急坂で、靴が滑ります。
 そして、最後のここ。折角山頂程度まで登ったのに、一旦下ってまた登る.....(>_<)
 まあ、それも楽しみかぁ.....(^_^;)

201705291302 大森も w1024 DSC_7582.jpg
 山頂の右下をアップしてみました。綺麗な群落ですが、そこに至る道は有りません。まあ、見るだけ(*^_^*)
 斜面の向こうに見えるのは、気仙沼市最高峰の大森山(標高759m)。
 山頂がちょっとだけ色付きます。以前見たとき、岩手県側、旧・室根村津谷川の方々が整備されていました。こちらでも、ちょっとしたツツジ祭をやっているようです。
 あの、前日に登ったお姉さんに、来年、縦走じゃなく、2山のダブルヘッダーをお勧めしましょう(^_^)v
 まあ、ヨコミーは1日1山(^_^;)
 
201705291303 十字路 w800 DSC_7584.jpg
 下る先が見えてきました。火防線にある下の松辺りが一番低く、ちょっとした交差点(^_^;)
 真っ直ぐ登れば山頂へ。交差点から右へは連絡通路みたいな、遊歩道があります。気仙沼側の登山道につながります。交差点の左側は木陰がある広場になっていて、本吉側から登った作業道コースの終点です。
 既に正午は過ぎたので、広場で昼食を取ることにしました(^_^)v

201705291306 3Z2[  w800 DSC_7598.jpg
 広場へ下る途中でも、綺麗なヤマツツジが咲いていました。

201705291336 青空 w1024 DSC_7618.jpg
 おにぎりとサンドイッチを食べ、またまたパチリ。赤、緑、青が綺麗です。
 あっ、自宅から持ってきた、瓶の牛乳も飲んだのです(^_^)v

201705291336 本吉広場付近 1024 DSC_7616.jpg
 こんなのも(*^_^*)

201705291347 気仙沼パノラマ w1280 DSC_7652.jpg
 再び登り始めて、小休止。振り返って、気仙沼市街地方向を見てみました。残念ながら水平線まで霞んでいます。
 手前の方の帽子の上は、市立病院南の田中前や南気仙沼方面です。南気仙沼方面は、東日本大震災による大津波で大きく被災し、復旧工事が進められていますが、まだ盛土がいっぱい見えています。
 気仙沼湾は南気仙沼の左まで広がっています。
 中央上、やや右手の山は、旧・唐桑町の早馬山。その右下には、今春大島と本土を結んだ大島架橋(開通は凡そ2年後)が白く見え、橋の右には大島の亀山が見えます。
 亀山手前の本土側は、松岩地区の片浜と尾崎。ここも大きく被災し、盛土の色が目立ちます。
 山頂から、もっとアップしたいと思いますm(_ _)m
 左上に霞む岬は、岩手県大船渡市の綾里岬。以前は気象観測ロケットが打ち上げられていたのですが.....。

201705291413 気仙沼方面 w1024 DSC_7741.jpg
 やっと山頂へ着きました。上の写真の、大島架橋付近の拡大です。
 いくらかでも霞を抑えるため、偏光フィルターを使ってみました。
 左が早馬山、右が大島の亀山。橋の前後の海は、共に右側が開口部で、太平洋につながります。

201705291358 室根山 w1024 DSC_7695.jpg
 北に見える、岩手県一関市、旧・室根村の室根山(標高895m)です。
 ここもツツジが有名ですが、29日現在、山の色は目立ちません。室根山は、徳仙丈山より200m程高いので、今週末辺りが見頃かも。
 この室根山の左手に、盛岡の北西に在る岩手山(標高2038m)が見えるはずですが、霞んで見えません(>_<)
 右奥の山は原台山(標高895m)。その奥に、なにやら微かに山が見えたので、また偏光フィルターを使ってアップしてみます。

201705291357 早池峰 w1024 DSC_7684.jpg
 遠野市の北に在る早池峰山(標高1913m)です。残雪も見えました(*^_^*)

201705291357 今出山 w1024 DSC_7688.jpg
 市街地の左上方向、偏光フィルターを使ったアップです。一番奥に見える、山頂が赤く染まった山は、気仙沼市から2つ北のまち・大船渡市に在る今出山(標高755m)です。
 その昔の今頃、国道45号の、陸前高田市と大船渡市の境となっている通岡峠を北へ下ると、間もなく右手に大船渡湾が見えだし、国道の先にこのツツジ山が見えてきて、びっくりしました。とても鮮やかだったのです(*^_^*) 
 徳仙丈山、田束山と肩を並べる、素晴らしいツツジ山です。
 一番手前の山は市民の森。その向こうは市内鹿折と唐桑を隔てる山々。今出山の手前は、陸前高田市と大船渡市の境にある氷上山東側の山々です。

201705291416 風力 h800 DSC_7742.jpg
 山頂から気仙沼の市街地側へ下る途中です。昔は鎖場でしたが、今では遊歩道があります。
 こちらにも群落が広がっています。でも、大きな風車が.....(>_<)
 ヨコミー、自然エネルギーを否定するものではありません。
 しかし、この辺りは確か県立自然公園に指定されていて、ツツジ山の景観と一体となって見える場所なので、安易に設置を許可して欲しくなかったのでした(-_-)

201705291421  回廊 w800 DSC_7754.jpg
 旧・鎖場の下です。真っ直ぐ緩く下ると気仙沼側の旧・祭広場「つつじが原」へ。つつじ街道です。この途中に色が濃いヤマツツジが在るのです(*^_^*)
 右に行くと、本吉の祭広場がある交差点へ出ます。
 この道が出来たおかげで、気仙沼側からは急な鎖場を通らず、左に巻いてあの交差点から登ることが出来るのです。まあ、昔のことですが(^_^;)
 とりあえず時間は少し余裕が有るので、このまま下って広場へ出、また戻って、ここから交差点を経由して作業道を帰るつもりです(^_^)v
 
201705291427 またきれい w800 DSC_7768.jpg
 ちょっと探せば、こんなに綺麗なヤマツツジが在ります(*^_^*)

201705291428 王者 w800 DSC_7769.jpg
 つつじが原の第2展望台付近に在る、「つつじの王者」です。花は薄く、終わり加減ですが、とても大きな株です。来年に期待です(^_^)v

201705291436 気仙沼側 w1024 DSC_7776.jpg
 第2展望台からの大島架橋方向です。
 気仙沼側から登る場合、足に自信がない方は、ここまででも十分に、ツツジを堪能出来ると思います。
 つつじが原は、ここから左手に広がっています。

201705291500 斜面 w800 DSC_7840.jpg
 帰路となり、予定通り、作業道コースを下っています。山手の木々は低く、上斜面の群落が見送ってくれます(*^_^*)

201705291504 帰路遊歩道 h1024 DSC_7829.jpg
 このルート、右手の南側に高い木が多く、道を被うように枝葉が茂っていて、紫外線対策の帽子や日傘が無くても快適です(*^_^*)
 間もなく駐車場へ着き、老母をディーサービスへ送り出した後のミニ旅も、そろそろ終わりです。安全運転で帰宅し、老母を迎えましょう(^_^)v 

 徳仙丈山はヤマツツジで有名ですが、低山ハイクにも最適な山です。残念ながら飲める湧き水は有りませんが、気仙沼側、本吉側とも、駐車場には水洗トイレと、ちょっとしたお休み場も有ります。
 ヨコミーも時には登り、遊んでいます。あるとき未熟な山ブドウを見つけたのですが、所用や雨続きで、いい時を逃しました(>_<)
 この日は毎週登っているという方や、山菜や薬草を採る方などにもお会いしましたが、ツツジのシーズン以外は賑わいが無くなるので、クマ対策として、携帯ラジオを掛けながら登ってくださいなっ(^_^)v

※一時休業のお知らせ
 ヨコミー、6月7日まで勉強をしなくてはならない予定ですが、ブログと共存出来るつもりでいました。
 なのに、先月引き受けた某団体の事務仕事で、役員会が急遽8日に決められてしまい、その準備で泣いています(T_T) 更には、お出かけの日の午後にも総会を入れられ....(-_-)
 無給の仕事なので辞める選択もあるのですが、諸般の事情で、当面辞める選択はありません(>_<) なのでブログは一旦お休みとし、再開は9日以降となります。すみませんm(_ _)m

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ツツジの山・徳仙丈山 [前編] 20170529 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 5月後半から、気仙沼は梅雨が近付いたような、お天気の日が多くなっています。
 先週末は、しとしと(>_<)
 もちろん初夏以上の暑い日もありましたが、多くはやや冷たい東の風が吹き、海から霧が押し寄せることも有りました。
 6月に入ったら、2日続けて小雨が続いています。あっ、時にはちょっと強い降り方も(>_<)
 一昨日5月31日、気仙沼に近い岩手県南部では、すごい雷雨があったとか。

 気仙沼にいながら、いつも遠くの、あっちこっちの見所を紹介しているヨコミー、ちょっと反省しながら、市内のツツジ山・徳仙丈山(710m)を紹介します(^_^;)
 まあ、気仙沼のみならず、あちこちに見所がいっぱいなので、ヨコミーブログをきっかけに、お出かけしてくださいよ~~、お出かけ出来ない方はヨコミーブログの写真を見て、行ったつもりになって頂ければ......と思うのです(^_^)v

 気仙沼市と南三陸町の境にある田束山(たつがねさん。511m)も、山頂を赤く染めるヤマツツジで有名ですが、時期的に見れば、田束山から1週間程遅れて、徳仙丈山のヤマツツジは見頃を迎えます。
 結果的には、田束山は5月14日前後が見頃だったようで、徳仙丈山は5月21日前後が見頃だったようです。
 徳仙丈山へ28日に行った某お姉様は、「徳仙丈は終わった!」と言っていましたが、ヨコミーはその翌29日に行ってきました。

 その29日の、出発としては遅い午前、本吉町津谷の国道バイパスに在るファミマで、おにぎりを買おうと車を停めたら、すぐ隣の車に乗った一団から、徳仙丈山へ行く道を尋ねられました。
 私も行くので案内しますと一緒におにぎりを買い、それでは出発....と思ったら、別な車の方から、またまた徳仙丈山へ行く道を聞かれ、2台を先導して行くことになりました(^_^;)
 地元の観光協会さん、コンビニ駐車場の隅っこでもちょこっと借りて、案内所でも開設したらいいなぁと思います。
 コンビニさんも、更なる集客が期待出来そうですよ(^_^)v
 (今回は、諸般の都合で、気持ち、シンプル記事です(^_^;))

201705291151 本吉側登山口 W800 DSC_7414.jpg
 無事に駐車場へ着き、登り始めます。
 駐車場まで全線舗装なのですが、大型車はご遠慮くださいと看板があるように、車道は狭いです。
 広い道路がご所望の方は、気仙沼市街地側から登ってください。一部未舗装区間がありますが(^_^;)

201705291151 案内板 H1280 DSC_7415.jpg
 案内板です。
 一般的には登ってすぐに左へ折れ、作業道コースを行きます。
 でも、狭き門から入れ型のヨコミーは、そのまま直進。
 急坂で滑り易いので、上から地面にロープが張られています。
 それが嫌なら2m程右手に有る迂回路を登ってください。
 ヨコミーは遊び人なので、ロープも使わず真っ直ぐに登ります(*^_^*)

201705291156 直ぐ w800 DSC_7428.jpg
 登って間もなく。花は終わり加減ですが、何より葉っぱや木々に埋もれている感じ。
 もう少し整備してもいいかなぁ.....。

201705291158 一部 w800 DSC_7432.jpg
 まだ、綺麗どころが居ました(^_^;)

201705291200 株 w800 DSC_7433.jpg
 これもやや薄くなってきましたが、まだまだ綺麗(*^_^*)

201705291201 対比 w1024 DSC_7436.jpg
 赤、緑、青の対比が綺麗です(^_^)v

201705291215 拡大 w800 DSC_7447.jpg
 前述のお姉さん、多分、わっせ、わっせとただ山を登り、茂みの中にあるこのような花は見なかったんじゃないかなぁ......(^_^;)
 あっ、このブログ、見ていたらごめんなさいm(_ _)m

201705291225 海も w1024 DSC_7478.jpg
 尾根に出たら、海も見えました。
 左端の岬は、南三陸町歌津の岬。わりと霞んでいて、残念(>_<)

201705291218 金華山 w1024 DSC_7452.jpg
 南側を拡大してみました。一番右奥に見えるのが金華山。
 石巻市に属する、高さ444mの山を持つ、信仰の島です。
 金華山へ3年続けてお参りすると、一生、お金に不自由することがないとか。
 ヨコミー、今年から3年、通いたいと思います(^_^)v
 左の水平線に見えるのは江島(えのしま。有人島)付近の島々。
 ヨコミー、江島へ震災前に行きたかった.....(>_<)

201705291223 拡大 w800 DSC_7474.jpg
 まだ綺麗なヤマツツジがありました。
 あっちこっちと、楽しみながら歩くのがヨコミー流。
 前述のお姉さんは、スポーツとして山を楽しんているのでしょうね(^_^)v

201705291231 尾ね w800 DSC_7485.jpg
 尾根道から海側へ2m3m外れて、右手の山側を見てみました。
 出来ればもう少し、刈り払い等の整備して欲しいところ。
 でも、綺麗です(*^_^*)
 それにしても、なんか変な感じがしませんか??? 

201705291232 斜面 w1024 DSC_7487.jpg
 前の写真の左隣です(*^_^*)
 前の写真、わりと水平に見えていましたが、実はこんな斜面の続きでした。カメラを傾けて撮ったのです(^_^;)
 前の写真の左端に見える松は、変に斜めの感じがありましたが、実はこの写真の真ん中上に見えるように、斜面でも真っ直ぐ立っていたのですね。すごい!!!!!!!!!!

201705291249 thq@e  w800 DSC_7543.jpg
 尾根道で、またまた綺麗なヤマツツジ(*^_^*)

201705291250 遊歩道 w800 DSC_7545.jpg
 この辺は南側の木々が少なく、霞んでいますが、遠くが見通せます。
 でも、相変わらず、北側は背が高い林で見通しは無理(>_<)

201705291255 小泉 w1280 DSC_7565.jpg
 本吉町小泉地区です。
 左端海岸付近の白っぽいモノは防潮堤のようです。その右手に見える橋は、わざわざ海側へ移して掛け替えられている、国道45号の橋。
 海から橋、そして右側へ、津谷川(小泉川)の堤防工事が進められています。
 右手やや下に見える盛土は、工事中の三陸道。なぜか右へ進んだら急に左へ方向転換し、中央やや右手の切り土の方に向かいます。
 高速道は、国道45号と写真左手前で交わるのに、不思議な設計です。無駄が発生していると思うのですが、何かの力やドンタク、いや忖度があったのでしょうか.....。
 そして高速道は、津波被害による集団移転の団地すぐそばを通ります。まあこれは、順序が逆なのですが、安住の地を得た被災者は、近々、高速道の騒音に悩まされることになると、ヨコミーは心配するのです。20年前の経験から(>_<)
 東日本大震災による大津波は、左端の海岸から右へ押し寄せ、ずーっと右へ。
 右端付近で谷は急に狭まり、津波の水位は更に上がり、その付近にあった浄水場まで押し流しました。
 その2階に避難していた、地域のお年寄りや市の保健師、水道の職員が流されたまま(T_T)
 大津波は右端で大きく直角(写真では左に倒したUの字型)に曲がり、写真下やや右に見える川沿い(国道346号バイパスの橋付近)を遡上し、真ん中下の津谷市街地(手前の山の陰)付近まで押し寄せました。
 海が見えなくても、津波は来ます!!!!!!!!!!!!!!!!

201705291256 振り返り w800 DSC_7569.jpg
 尾根道コースを振り返ってみました。
 左は木々が高い北側。右手はツツジの隙間から海が見えます。

201705291257 新緑 w800 DSC_7571.jpg
 やや風もあり、新緑の葉が舞っている姿は、眩しくもあります(*^_^*)

 尾根道コースは、小さなピークが何個も在ります。「あっ、やっと徳仙丈山の山頂が見えた~」と喜んでも、ダメ。似たピークが在ります(^_^;)
 でも、それらのピークで遠くを見るのも、このコースの楽しみでもあります。

 ちょっと、いっぷくし、また歩きます(^_^)v

 あっ、6月4日の日曜日は、気仙沼側で「徳仙丈山つつじまつり」が行われます。
 ちょっとは咲き残っているツツジも有ると思いますから、お時間がありましたなら、お出かけ願います。
 新緑の山道をお楽しみください。ツリーハウスも見られるかな(*^_^*)
 まあ賑やかなので、クマさんに出会うことはないでしょう。多分(^_^;)
 でも、小さなラジオは持った方がいいかも(^_^)v
 つづく。

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

デコポン栽培中。拝啓 砂風様 20170526 [四季の便り 花,植物,農遊]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは北国・気仙沼。
 平成の大合併で気仙沼市となった、旧・本吉町の風の丘。
 風の丘なのに、最近、風は少ないです。
 そして霧雨が弱い東風に乗って降ることが多く、梅雨の走りみたいに寒い日が続いています。
 昨日28日も朝にちょっとだけ日が差したきり、霧や雲が多く、一時は小雨も降りました。
 天気は、夕方になって急激に回復したので、サクランボに防鳥網を張りましたが、時間切れで一部残ってしまい.....(>_<)
 夜には素晴らしい星空となり、久し振りに彗星を撮影しました。

201705262032 ちいさなデコポン W800 DSC06497.jpg 
 26日夜に食べた、小さなデコポンです。食べ始まってからの写真撮影ですみませんm(_ _)m
 実は、全く期待していなかったものですから(^_^;)
 見ての通り、だいぶ小振りですが、なんと自家製です(^_^)v
 ちょこっとしか、お伝えしていませんでしたが、ヨコミーはデコポンも栽培しています。
 決して栽培農家ではありません。鉢です(^_^;)
 ヨコミーは農遊び屋さんです(*^_^*)

201705262032 デコポン w800 DSC06498.jpg
 3年程前に、兄からデコポン(まあ、シラヌヒなのでしょうけれど)苗を2本頂き、初年度はビニールハウスに手が付けられなかったことから、ポリの黒い鉢のまま(>_<)
 翌年ようやく素焼きの鉢へ移していたら、昨年、ひとつの鉢に花を3つ付けました。
 本来なら小さな鉢なので、実は1個しか作ることが出来ないはずでしたが、「保険」も含めて、2つの花を残しました。
 2つの花は結実し、大きくなって行きましたが、まもなく育ちに差が付き、その差は段々と大きくなりました(>_<)
 基本的に寒い所なので、なかなか熟しませんでしたが、仕方なく今年4月に2個とも獲りました。
 大きな方を間もなく食べたのですが、まあそれなりの糖度と酸味で、「デコポン」には僅かに及びませんでした。
 でも、こんな北国で....と思えば、善戦した方です(^_^)v
 なので、残りの小さな果実は、諦めていたのです。

201705262032 凸あり w800 DSC06499.jpg
 小さいですが、ちゃーんと凸が有ります(*^_^*)

 その果実、しばらく玄関下駄箱の上に有ったのですが、この日、たまたま外皮を触ったら「しんなり」としていました。
 まあ、立派な玉のデコポンなら食べどきです。しかしこれは、育ちの悪さから期待はしていませんでした。
 でも、折角「しんなり」としていたので、「実として育った限りは味わってやろう」という思いから、食べることに....。実は実として、全うさせてやりたかったのです(^_^;)
 悪くても、水分補給の足しになるなかぁ.....と。
 それが適度な酸味で、しかも甘いのです。実に美味しかったのです(*^_^*) 驚きでした(*^_^*)

 ちょっと遡り、
201701081148 風除室 w800 DSC07458.jpg
 玄関風除室内のデコポンです。今年1月8日撮影です。
 栽培は鉢植えです(^_^;) 基本的には、父が作っていた小さなビニールハウスを補修し、そこに植えるつもりではいたのです。
 この苗を頂いた時、地植えすることに躊躇したのは、その補修が段々と難しそうに思えてきたためでした。
 なので、鉢植えのまま(^_^;)
 昨年初夏になり、鉢を外へ出していたのですが、あるとき、緑色の葉に多くの食害を発見しました(>_<)
 見たら、あの、とてもかわゆくないアゲハチョウの幼虫が、バリバリ(とは音を出しませんが(^_^;)と葉を食べていたのです。
 そういえば、鉢を外に出しているので、時々黒い悪魔・アゲハチョウが、何度か葉に留まっていたのを見たことがあります。卵を産み付けたのですね(>_<)
 酷いのは、葉の軟らかいところだけを食べ、硬い葉脈だけを残している......(-_-)
 なので、以後は「箱入り娘」に成ってしまいました。
 暖かいときは風除室、秋が深まったら玄関、12月から3月までは2階階段ホールの手摺りの上(^_^;)

201702211606 階段ホール H800 DSC08917.jpg
 危険な(^_^;)階段ホールに置いたデコポン鉢です。今年2月21日撮影です。
 鉢自体は画面の下ですが、真ん中にウチワサボテン、右奥はパイナップル。
 中央に見える白い鉢は、パソコンデスクのプリンター台に載っているハイビスカス、デコポンの左下に見えるのは多肉植物、左下角にちょっとだけ見えているのは細長いサボテン。
 なので、プリンターはここには有りません(^_^;)

201702211607 デコ拡大 h800 DSC08919.jpg
 デコポンの拡大です。
 この時点で、まだ2個育てています。
 この階段ホールは、残念ながら、太陽が差すのは西側の小さな窓だけ。
 1枚上の写真のように、日光は手前の鉢に、ちょっとだけしか差しません。 
 だから天気が良い日は、時々デコポンやハイビスカスを中心に、風除室まで日光浴に出掛けます。
 実はこれが、ちょっと大変な作業です(^_^;)
 日光浴へ行った跡には、サボテンなどの鉢を寄せて、短い日光浴を楽しんでもらいます。
 そして、日が暮れたら全部を元に戻します(>_<)
 そういえば、パッションフルーツ鉢も、3鉢ここに上げてきたこともありましたが、直径30cm程の鉢なので図体が大きく、1年で諦め、最近は玄関で越冬です。実がなかなか熟さない....(>_<)
 因みに、あの東日本大震災の時には、全て1階や2階の階段ホールへ落下しましたと(>_<)
 あっ、ヨコミーはしばらく帰宅出来なかったので、その様子や片付けは殆ど知らないのです(^_^;)
 転落防止の柵を、早く作らねば.....(-_-)

 一番いいのは、早くビニールハウスを補修することなんだけど、それはそれで別な問題も有るようで、ヨコミー、迷っています。う~ん(-_-)
 2つの鉢は、新しい葉が出てきました。遊んでいないで、植え替えなどを早くやらなくちゃ(^_^;)
 砂風師匠、そんな訳で、今年度も頑張って育ててみます(^_^)v

ボタンが素敵 花と泉の公園 [ 後編 ] 20170522 [四季の便り 花,植物,農遊]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日26日の天気予報は、午後からの雨予想でしたが、残念なことに朝から霧雨です(>_<)
 この辺りでは、霧雨の事を「きりす」と呼んでいます。
 最初の「きり」は「霧」なのでしょうけれど、続く「す」は何なのか.....(^_^;)
 「す」は、簡単には「し」が訛ったモノと思えなくもないです。
 ならば、「し」で始まるお天気用語は.....、「時雨」でしょうか。
 大好きな広辞苑に拠れば、そんな感じなのかも知れません。
 でもいつか、その道の大家にお聞きしてみます(*^_^*)

 5月22日に行って来た、一関市の旧・花泉町に在る「花と泉の公園」の後編です。

201705221301島大臣 w800 DSC06037.jpg
 シマダイジン(島大臣)です。
 ヨコミーは新緑のような人間なので(^_^;)、緑色が大好きなのですが、実はこんな色も好きです。
 実際はもう少し、暗いというか、黒っぽい感じがします。そう、ヨコミーはクライのです。
 無口で実直な父、かなりな歳になってもおしゃべり大好きの母。
 明暗の性格が混在するのは、躁鬱と言うのでしょうか(*^_^*)

201705221303 ピオニー ルテア ブータン w1024 DSC06048.jpg
 「ピオニー ルテア ブータン」です。
 こんな黄色も素敵です。

201705221304 クレマチス h800 DSC06053.jpg
 囲いの鉄柵に残っていた、クレマチスの内のひとつです。見本園に向かって右手前に有りました。
 目線の高さで見つけました。ヨコミーにとっては、新しい姿の発見でした(^_^)v

201705221304 バンクエット w1024 DSC06054.jpg
 バンクエットです。表示通り、「エ」は普通の大きさのしましたが、一般的なバンケットとどう違うのか、ヨコミーには不詳(^_^;)

201705221337 黄花 w1024 DSC06182.jpg
 この黄色も素敵です。でも、名前の札がどこだか.....(^_^;)
  
201705221338 鎌田藤カマタフジ w800 DSC06186.jpg
 カマタフジ(鎌田藤)です。素敵な藤色です。

201705221340 バスケットみたい w1024 DSC06189.jpg
 ボタンのバスケットみたいです(*^_^*)

201705221340 白花 w800 DSC06188.jpg
 これも素敵な花です。でも、名札はどこに??
 見れば、名札の裏側から見ていました。
 次に回ろうかと思ったら、残念ながらその方向はパスしてしまいました(>_<)

201705221341ぼたんハウス w800 DSC06191.jpg
 先程お昼を食べた、ぼたんハウスが近くなりました。
 そろそろぼたん園を終え、ベゴニア館へ向かいましょう(^_^)v

201705221400 交流プラザ w800 DSC06196.jpg
 ぼたん園前の駐車場から1分程で、取付道を挟んだ向かい側にある交流プラザへ到着します。
 この奥にベゴニア館が在ります。
 玄関を入ってすぐ右手に進むと、

201705221402 ベゴニア館 w800 DSC06200.jpg
 ベゴニア館が見えてきました。
 池の水がもうちょっと綺麗だといいんだけど.....(^_^;)

201705221402 ベゴニア館喫茶 w800 DSC06198.jpg
 館内の喫茶では、ベゴニアが食べられるとか(^_^)v
 でも、時間がないので....(T_T)

201705221407 中で w800 DSC06212.jpg
 同じ色が並ぶと、一段と綺麗(*^_^*)

201705221409 首飾り w900 DSC06219.jpg
 首飾りみたいな....(*^_^*)

201705221409 赤い花 w800 DSC06220.jpg
 こんな花も好きです。

201705221410 動く w800 DSC06223.jpg
 吊されているこれらのバスケット(? ボウル?)は、レールに沿って横や上下に動いています。
 館内の照度は確保したい。でも、ベゴニアは強い日射は好まない....。そんなこんなでの解決策でしょうかね(^_^)v

201705221412 お休み h800 DSC06230.jpg
 時間が有れば、こんな花の下で一服したいですね(^_^)v
 ただし、タバコでなぐ、「たばご(おやつ)」だでば(^_^;)

201705221415 水 w800 DSC06235.jpg
 出口に近い花売り場へ行こうとしたら、右下から左上に向かって、水が間欠泉風に飛びました(^_^;)
 水は滴ることはなく、安心してお通り願います(^_^)v

201705221419 伏木瀬奈 h800 DSC06242.jpg
 ベゴニア館を出て、先程見た池の反対側を歩いていたら、こんな花が(*^_^*)
 蕾がいっぱい集まっていて、周辺から咲いていました。 
 同じ種類の、朱や小豆色の花も咲いていましたが、残念ながら名前の表示はありません。

201705221420 帰路 w800 DSC06245.jpg
 振り返ってみました。右の建物は交流プラザ。先程、右手前の玄関から反時計回りに進んで奥のベゴニア館へ入り、写真中央奥のベゴニア館出口から出て、池の左側を進んで来たのです。
 交流プラザを中心とした、左右対称になっている感じ。
 で、順路はこのまま右へ行き、交流プラザの中を経由して玄関から出るのですが、やはり「関所」であり、ソフトクリームを注文しました(^_^;)

 ぼたん園もですが、植物に表示がないものも有ります。ボタンだけじゃなく.....。
 知っている人には一般的な花なのでしょうけれど、ヨコミーのような門外漢には、全く分からないのです。
 まあ綺麗な花は、見るだけでも楽しいのですが....(^_^;)
 折角展示して有るのなら、教育的な意味も込めて表示が欲しいし、またベゴニア館の出口となる交流プラザで、これらの種や苗を売っていれば、多少なりと営業につながると思うのですが(*^_^*)

 この日は、老母をディーサービスに送り出してから迎えるまでの、6時間余りの小旅行でした(*^_^*)
 お目当ての訳ありデコポン(シラヌヒ)も仕入れたし、まあまあ良かったのですが、出発がちょっともたついたので、70点といったところ。
 次回は、7時間強の小旅行を目指します(^_^)v

nice!(9)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ボタンが素敵 花と泉の公園 [ 前編 ] 20170522 [四季の便り 花,植物,農遊]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日25日も天気が悪く、小雨がぱらついていました。
 夕方ちょっとだけ夕焼け空が見えました。でも、明日は午後からまた雨が降るようです。

 5月22日に行って来た、一関市の旧・花泉町に在る「花と泉の公園」をご紹介します。
 割と広いボタン園です。

201705221146 ポスター h800 DSC05956.jpg
 このポスターに憧れた訳ではありませんが、この時期、頭の中は花泉のボタンと餅でした(^_^;)
 広く一関方面には、気仙沼には無い、餅の文化があるのです(*^_^*)

201705221141 ぼたん園入口 w800 DSC05953.jpg 
 ボタン園の入り口です。
 前の記事でカーナビに文句を言ったけど、施設名は、昔は確か「ぼたん園」だったような。
 カーナビが歴史を知らないだけかも....(^_^;)
 
201705221141 左手 w800 DSC05954.jpg
 入り口左にトイレが在り、更に奥には、お休みが出来る茅葺き屋根の建物が在ります。
 この通り道、昔は左右に多くの売店が並んだものですが、今は昔の面影はありません。
 寂しいです。
 お客が来ないから売店が減ったのか、売店が減ったからお客が来ないのか.....。
 多分前者なのでしょうけれど、ヨコミーはこんな風なら、「立ち寄りたい感」は大幅減です(>_<)
 以前2度3度来たのは公民館の催事で、平日。この訪れた日も平日なのですが.....。
 もちろん、子供たちを連れてきた日曜日は、大変な混雑でしたが。
 産直品販売は、ベゴニア館の前に行ったのかも知れませんが、それ以外の、観光地風の食べ物等は、もっとここに欲しいですね(^_^)v
 あっ、苗木の販売は、入り口右手に有りました。お買い求め願いますm(_ _)m

201705221145 ぼたんハウス w800 DSC05955.jpg
 園に入って2分3分で「ぼたんハウス」に着きます。
 昼食はここで、軽食のバイキングでした(^_^;)
 中は結構席が埋まっていて、それにやや蒸すので、軒下のデッキへ。
 日除けがある外のテーブルでお休みです。風が少し有って、快適です(^_^)v

201705221147 ハウスからの眺め w800 DSC05959.jpg
 デッキで座ったままでも楽しめます。

 バイキングは1時間。その後にコーヒーを追加すれば、もっと居ることが出来るでしょう。
 でも時間が無いので、園内巡りに出発です(^_^)v

201705221241 アヤメ w800 DSC05970.jpg
 アヤメの仲間です。
 ヨコミー、この類は苦手です(>_<) 判別が面倒です(^_^;)

201705221242 セイヨウシャクナゲ w800 DSC05975.jpg
 セイヨウシャクナゲです。
 写真では分からないかも知れませんが、結構大きな花です。ちょっと驚き(^_^;)

201705221245 フジ w800 DSC05980.jpg
 フジが綺麗です。白も見事ですが、好みではありません(^_^;)
 ただ、支柱が足場用鋼管というのは、ちょっと勿体ないです。
 なにか工夫が欲しいところですね(^_^)v

201705221247 黄花 w800 DSC05987.jpg
 素敵な黄色いボタンです。

201705221251 ホオノキかな w800 DSC05998.jpg
 ホオノキでしょうか。大きな葉っぱが好きです。
 子供の頃、この葉っぱでお面を作りました(^_^;)

201705221253 見本園 w800 DSC06007.jpg
 ボタンの見本園です。一番奥に在ります。
 昔はこの柵に、びっしりとクレマチスが絡みつき、花を咲かせていましたが、今はほんの僅か。
 平成の大合併で、花泉町は近隣の町村と共に一関市へ合併されましたが、合併の効果として、整備に回すお金は、出てこなかったのでしょうか.....(>_<)

201705221254 クレマチス w800 DSC06013.jpg
 今でも僅かに残っていたクレマチスです。ほんの僅か。
 ボタンの見本園だからって、鉄柵のままで良しとせず、飾っていたクレマチスでしたが.....(>_<)

201705221255 ハクシン白神 w800 DSC06015.jpg
 ハクシン(白神)です。

201705221255 娘花桜 h800 DSC06014.jpg
 ムスメハナザクラ(娘花桜)です。

201705221256 長樂おさらくw800 DSC06018.jpg
 オサラク(長楽)です。

201705221257 五大州ゴダイシュウ w1024 DSC06021.jpg
 ゴダイシュウ(五大州)です。

201705221258 新潟乙女の舞 w1024 DSC06026.jpg
 ニイガタオトメノマイ(新潟乙女の舞)。
 
 素敵な花々ですが、今日はやや早足で(^_^;)
 以下、後編へつづく(^_^)v

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

昨日からの友、一昨日からの友 20170523 [四季の便り 花,植物,農遊]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。

 昨日までの暑さが一段落したと思ったら、風が出てきました。
 午後に物干し竿から洗濯物を取り込んだら、丸い竿の上に、黄土色の粉が着いていました(>_<)
 風の少ない日が続いていたので、安心しきっていました。
 失敗(>_<)

20170522 植えた花 h800 DSC06255.jpg
 この花、一昨日21日の、2つ目の朝仕事で、我が家の仲間となりました(*^_^*)

20170522 アップ w800 DSC06256.jpg
 でも、所有者の千爺やその姉婆も、名前を知りません(>_<)
 ただいま、知識人に紹介中です(^_^;)
 寒いときに赤い(?)実が着いていて、欲しくなったので千爺に話し、この日を待っていました。
 折角来て頂いたのに、一等地を準備出来ませんでしたが、午後から、太陽が山に隠れるまで、陽が当たる所です。
 大切に育てましょう(^_^)v

20170523 カラー h800 DSC06352.jpg
 カラーです。
 昨日22日、岩手県一関市、旧・花泉町に在る、「花と泉の公園」からお招きしました。
 この公園、一般的には花泉のボタン園として知られていて、車のカーナビにそのように入れたら、検索には全然出てきませんでした(>_<)
 当然といえばそうなのでしょうけれど、旧町名に因む正式名称なんて、同園を知る何割の方が知っているのでしょうか。
 カーナビは、「ゆらぎ」とか「ファジー」とかで生ずる名称や通称も、候補として出して欲しいものです。
 もっとも、通販の楽天のように、ちょっとでも検索言葉に合致すると、延々と欲しくないものまで表示されるのも、困るのですが(>_<)
 カーナビに戻れば、折角GPSに拠って位置情報を得ているのですから、近距離を優先して、ファジーなボタン園情報を表示して欲しいのです。
 国産車トップメーカーの車で、カーナビはその純正品なのですが、目的地候補リストの距離による並び替え機能は、有りませんでした。
 まあ、仕事等でも何度か行っていた同園ですが、直接行ける道は無く、結構交差点を曲がってウネウネと....が実態。
 帰路、デコポンを買いに生協へ寄る、午後4時半には老母を迎える....という制限がある時間の中で、如何に効率的に回ろうか....と思案していたのです(^_^;)
 結果的には、カーナビの地図で正式名称を見、検索で見いだしました。
 まあ、地図から直接施設を指定する方法もあるのですが、指の湿り気が少ないのか、ズレたり反応しなかったりで、それはそれで変なのです。
 時にはカーナビに逆らいながら、良い時間に着いたと喜んだのですが、気仙沼市街地からの出発で換算してみたら、それほどの良いコースではありませんでした(>_<)
 これからも良いコースを探さなくては.....(^_^)v

 あっ、脱線(^_^;)
 
20170523 名札 h800 DSC06356.jpg
 素敵な色です(^_^)v
 込まない内に、早めのお昼を食べようと、餅バイキングがある同園のベゴニア館へ行ったら、関所のように花々が展示されていて、その中のカラー様が、私の袖を引っ張りました(*^_^*)

20170523 カラー h800 DSC06353.jpg
 我が家に有る、父が残したカラーは白色なので、ヨコミーの心は惹かれました(^_^;)

20170523 カラー拡大 h800 DSC06355.jpg
 ちょっとお高いのでしたが、意を決して、お招きしました(*^_^*)
 おかげでヨコミーの昼食は、楽しみの餅バイキングから、大幅に安い軽食バイキングになってしまいました(>_<)
 資源は有限、お財布も有限(T_T)
前の10件 | -