So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ヨコミー家の晩秋 その1 20171105 [四季の便り 花,植物,農遊]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日11月16日は朝から風が冷たいです。風は西風。多くの工事現場が在る所から。
 冬休みの研究に、降着する土埃調査でもやってみましょうか(^_^;)

 今日は某公民館へ天体写真を届けに行きました。近々展示してくれるとのことで、多くの人に見て頂ければ嬉しいです。
 そう、仲間を増やし....うーん、こう書くと「共謀罪」の対象になるかな(^_^)v
 そう仲間を増やし、デジタル一眼レフカメラや望遠鏡をいっぱい買って頂き、縮小傾向にあるこの方面の市場を上向きにして貰いましょう(^_^;)
 まあ、星の趣味など、絶滅危惧種に成りそうなので....(>_<)
 先日市民会館で会議があったとき、踊りの先生から「孫が市民文化祭で望遠鏡を見たって言ってましたよ」と声を掛けられ、嬉しくなりました。
 その返答は「高校卒業しても市内に残る進路に導いてください....」と(^_^;)

 さて、気仙沼も晩秋です。
 ヨコミー家の、家から1mの範囲にある晩秋を紹介します。
 各写真はクリックすると大きくなります。

20171105104550 ドウダン w800 P1150303.jpg
 ドウダンツツジです。なんと漢字では満天星と書くのですね。漢字変換で知りました。なんででしょうね。後で調べたいです。
 以下は全て11月5日の撮影です。11月5日って、深秋? 晩秋でいいですよね(^_^;)

20171105104844 イカリソウ h800 P1150316.jpg
 ドウダンツツジの下にはイカリソウです。
 葉は紅葉し、枯れるモノも有りますが、春まで緑色で残る葉も在ります。

20171105113112 ナンテン w800 P1150393.jpg
 赤いナンテンです。色はまだ真っ赤ではありません。12月になるともっと赤くなります。

20171105104832 ナンテン黄色 h800 P1150315.jpg
 黄色いナンテンです。我が家では黄色は勢いが弱いです。途絶えなければいいのですが(>_<)

20171105111040 紅葉 h800 P1150372.jpg
 小さなモミジです。親から15m程離れた所へ種が飛んできたのか、自然に生えてきました。
 でも支障がある場所だったので抜いたら、息子が空いていた鉢へ植えてしまいました。なにもヨコミーは捨てようとした訳ではないのに....(>_<)
 このモミジ、不思議なのです。親は、撮影時は緑でした。なのに子どもはこの通り。
 「親に似ない子どもは居ない」と聞きますが、この子は早熟なのでしょうか??(^_^;)
 夕日の逆光に透ける赤は、とても素敵です。
 こんな小さな木が多く、時折知人に差し上げています。
 4年前に勤めていた所では、我が家の邪魔な苗木の一掃セールを行いました。無料(^_^;)
 そのとき、被災してなんとか新居を構えたミチさんが来ていたので、2つ差し上げましたが、希望として、西日が当たる西側に植えて欲しいと言いました。
 もう夕方は、赤い葉っぱを楽しんでいることでしょう(^_^)v

20171105104600 キバナコスモス h800 P1150304.jpg
 かわいそうになったキバナコスモスです。
 ちょっと前までは綺麗に咲いていたのですが、台風や大風で傷みました。まあ寒くもなり、多分これで見納めです。

20171105104658 小さな花 h800 P1150305.jpg
 中央やや右下の小さな花。可愛くて、綺麗です。周りは片付いていませんが(>_<)

20171105104722 なんか w800 P1150307.jpg
 白と紫のアリッサムです。でも勝手にスミレが侵攻してきました(>_<)
 この鉢、家の基礎に続くコンクリートたたきが常置場所。一応軒下ですが、風雨にさらされます。冬は雪も積もります。
 でも、元気に花を咲かせています。丈夫な花です(^_^)v

20171105104724 むらさき w800 P1150308.jpg
 紫色のアリッサムです。

20171105104734 白 w800 P1150309.jpg
 白色のアリッサムです。

20171105104822 チャイナフォーゲットミーノット w800 P1150314.jpg
 チャイナ・フォーゲット・ミー・ノット、ワスレナグサです。
 アメリカ製の種だと聞いたのですが、なぜか中国。不思議(^_^;)

20171105113444 ダイモンジソウ w800 P1150397.jpg
 ダイモンジソウです。そろそろ花は終わりなのでしょうね。登米市中田町の産直で買って、2年もそのまま(>_<)
 育つ自然環境は厳しいのでしょうが、ヨコミー家の環境も厳しいのです。たまに水遣りが忘れられて....(>_<)

20171105113456 オキザリス紫 w800 P1150398.jpg
 オキザリスの仲間です。ヨコミー、緑色のものしか知らなかったのですが、こんな葉のものも在ったのですね。
 ヨコミー家では、亡き父が加温の無いビニールハウスで育てていました。
 父が亡くなり、ビニールハウスは荒れ果ててしまいましたが、緑色したオキザリスは外へ飛び出し、繁殖しています。丈夫ですね(^_^)v

20171105110808 ユズ ヒイラギ h1024 P1150365.jpg
 ヒイラギが二本。真ん中の小さなのと、右上の大きなやつ。
 左下で葉がまとまっているのはユズ。右側の細く濃い緑色した葉は彼岸花。
 左上はモミジ。ここは裏手なのですが、なんと表から家越しで種が飛んできたのかも(>_<) それとも表の家庭菜園から持ってきた土に、種が混じっていたかも。
 ここは陽当たりが悪く、陽が射すのは初夏から秋の彼岸頃まで。土はかなり小石だらけだったので結構入れ替えたのですが、まだ量が少なかったのか、相まって成長が遅いです。
 ユズとヒイラギは常緑樹なので、裏手の季節風を弱めてくれるよう期待して植えたのですが、ヨコミーが存命中に、その役目を果たしてはくれないようです(T_T)

 ヨコミー今月に入り、微妙に風邪気味です。扁桃腺から臭い「臭い玉」が時折出てきます(>_<)
 なんとか12日の一大イベントを体調的には無事に終えたものの、今宵は某学校で星を見る会を手伝ってきました。ちょっと寒いでした(>_<)
 相方は今頃、暖かい所で温々と打ち上げをしているかも。いいなぁ(^_^;)
 ヨコミーはまだまだ遊びたいので、風邪でなんかで寝ていられません(>_<)
 寒くなってきました。皆さん風邪を引かないよう、十分に注意してください(^_^)v

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

気仙沼の今 魚市場前・海の市界隈 20171027 [東日本大震災]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 夕べ11月12日は遅くなってすっかり曇ったのに、今朝4時半に目が覚めたら下弦を過ぎた細い月とオリオン座が見えていました。
 深夜にちょっとした天文現象があったのですが、すっかり曇ったのでこたつで仮眠を取っていたら、寝過ぎてしまいました(>_<)
 その後布団に入りましたがなかなか寝付かれず、記憶が無くなったのは5時半頃か。
 目覚めてカーテンを開けたら、とても色が良い、青い空が広がっていました。
 一般の方には素晴らしい青空なのでしょうけれど、ヨコミーにとっては悔しい青空でした。
 まあ、天気予報を見たら、零時は湿雪の予報でした。
 そして、旧・市立病院が在る田中の少し奥では、今朝、初霜が有ったと人伝えに聞きました。
 うーん、ちょっと違うような気がしますけど、天文現象の時は天気が悪かったのでしょう、きっと(^_^;)

 晩秋休みを頂いてしまいました。すみませんm(_ _)m
 昨日のイベントは、だいぶ痛い目に遭いましたが、それ以外は無事に済みました(^_^;)
 ヨコミー、イレギュラーなものにはどうも弱いです。
 心に余裕が無くなると、イレギュラーなのもをイレギュラーだと認識できなくなる....。
 残りは少なくなりましたが、これからの人生に活かして行ければと反省(>_<)

 そんなイベントに向けて汗をかいていた10月27日、所用で魚市場に隣接する「海の市(うみのいち)」に寄りました。
 確か「海の市」は公設民営の施設で、気仙沼の食を楽しみ、気仙沼の土産が買える所。
 その昔、市役所の魹ケンさんという方が構想を担当していた頃、ヨコミーも呼ばれ、数階建てのプラネタリウムも備えた観光施設の案が出来たのですが、残念ながらその後は案が萎みに萎み、一部3階建ての建物に....(>_<)
 ※写真はクリックすると大きくなります(^_^)v

20171027105744 路地海市見えた w1024 P1150043.jpg
 ここは河原田一丁目の最も海に近い....と書こうとしたら、違っていました。市内港町の南端でした(^_^;)
 これで出るかな?
https://www.google.co.jp/maps/dir//Unnamed+Road,+%E6%B8%AF%E7%94%BA+%E6%B0%97%E4%BB%99%E6%B2%BC%E5%B8%82+%E5%AE%AE%E5%9F%8E%E7%9C%8C+988-0021/@38.9000195,141.5783918,17z/data=!4m8!4m7!1m0!1m5!1m1!1s0x5f88948c63f2eb7f:0x399e2ae6705ec32!2m2!1d141.5783019!2d38.8999093
 なかなか難しいです....(>_<)
 その昔、路地の左側に千葉電気という小さなお店が在り、船関係の仕事をしていました。
 旦那さんはアマチュア無線をやっていて、通称JA7ゴリラチンパンと呼ばれていました。
 そのゴリラチンパンさんの所へ、少ない小遣いを持って、アンテナ線等を買いに行ったものです。
 しばらくして旦那さんは亡くなり、この路地を通ることは殆ど無くなりました。
 言葉は悪いのですが、ゴミゴミとした路地に、あまり立派とは言えない飲み屋さんなどが軒を連ねていました。
 それがあの震災による大津波で、以前の姿を残すものは何も無くなってしまいました(>_<)
 奥に見える茶色い建物が「海の市」です。

20171027105802 路地から南が丘 w1024 P1150045.jpg
 お得意の、振り返っての撮影です。
 奥の小高い所は南が丘。
 路地の向こうで車が走っているのは、河原田(かわらだ)大通り。
 そう「大通り」。酒屋さん、お菓子屋さん、お茶屋さん、寿司屋さん、八百屋さん、紙屋さん、本屋さん、保険屋さん、家具屋さん、鞄屋さん、自転車屋さん、米屋さん、飲み屋さん等々。
 でしたが、年々とシャッター通り化していました。
 それでも、ヨコミーが出入りしていた市民会館避難所で、班長の一人として活躍していたスーさんの酒屋さんとか、頑張っていた方々も居られたのですが、東日本大震災による大津波は、無情にもそれらの店々をことごとく壊してしまいました。
 この世に神様は居たのでしょうか? 何処の神様にでも問いたい!! なぜ?? どうして???
 おおっと、この件はいつかのネタにしましょう(^_^)v
 右の石垣は、ホテル観洋やプラザホテルに続く丘の南端です。この石垣、下半分が黒ずんでいます。ひょっとして津波の名残??
 石垣の左、黒く、やや傾いた屋根の向こうに、白くちょっとだけ見える建物は市民会館です。

20171027105810 そろそろ海市 w1024 P1150046.jpg
 交差点の青信号で進みます。奥に見えるのは気仙沼魚市場。
 魚市場は画面左の外側から始まり、海の市裏の左奥で折れ曲がって正面へ続きます。昔は東洋一の長い(大きい)魚市場だったそうな(*^_^*)

20171027105900 海市前 w1024 P1150051.jpg
 海の市へ着きました。
 ヨコミーは階段の左側奥から来たのです。
 平日なので、マイカーのお客さんは少ないようです。
 バスは青森から。有り難いですm(_ _)m
 1階は海産物等の販売や飲食店。氷の水族館も(^_^)v 2階は寿司やシャークミュージアム、各種事務所等が入っています。

20171027111125 海の市浸水高 h800 P1150064.jpg
 入口の右側に大津波の水位を表示しています。
 一見低そうに見えますが、これでも結構多大な被害を受けました。
 昔から天然の良港と言われる気仙沼だから、水位はこの程度で済んだのかもしれません。
 隣接する南三陸町や陸前高田市などは、この建物を越える水位でした。
 市内南部の小泉でも、この建物が隠れるくらいだとみました。
 もし大島が無かったら、唐桑半島が短かったなら、市役所は浸水し、鹿折小学校、条南中学校は水没、津波は上田中や新城沖まで行っていたのでは....と思うと、更にぞっとします(>_<)

20171027105858 魚市場続き w1024 P1150049.jpg
 海の市の右側です。裏は魚市場の北桟橋です。右側の隙間から、市内港町の岩壁に係留されている漁船が見えました(^_^)v
 市場の上ではお休みが出来ます。

20171027105952 見た目中心部 w1024 P1150053.jpg
 上の写真の右隣です。
 市場の中心っぽいです。が、広い事務室や買受人の事務所はもっと右だったような....。
 えっ??? ヨコミー、「気仙沼魚市場」だとばっかり思っていましたが、なんと、名前には「市」が入っていたのですね。うーん、本当?? うーん、不覚.....(>_<)
 魚市場の屋上は駐車場にもなっていて、やや右の赤白棒のゲートから登ります。

20171027110008 浸水高 w640 P1150055.jpg
 魚市場にも、浸水高を示す表示が有りました。上の写真中、「仙」の文字の下です。
 でも、なんか目立ちません。もっと明るい色で、はっきり、クックリ描いた方が目に付きやすいです。気仙沼の人は控えめだがらねぇ(^_^;)

20171027111140 階段したから鮨や w800P1150065.jpg
 海の市の階段を上ります。
 階段を上ると、そこは雪国ではなく、回転寿司です(^_^)v
 ヨコミー、お小遣いが少なくてちょっと足が遠くなっていましたが、残念ながら(!?)、遠野で有名な空想の生き物の名前を付けたお店や、土蔵や食通の名前を冠したお店の類とは違います。
 ホンモノが食べられます(*^_^*)

20171027110134 観光コンベ外側 w800 P1150057.jpg
 回転寿司の右手は観光コンベンション協会。入ってみると....

20171027111010 コンベンション展示 w800 P1150063.jpg
 こんな展示も。いつか紹介した、大島と本土を結ぶ通称・鶴亀大橋の模型や写真が展示してありました。もちろん、観光案内もします。

20171027110140 海の市2階右手 w800 P1150058.jpg
 観光コンベンションの右手です。下からの階段を上っての右手でもあります。いろんな事務所が入居しています。某国防衛大臣の事務所も(^_^;)
 左の奥上に見えるのは、北桟橋の西端。左の階段から進むことが出来ます。
 市場の屋上で、海風に吹かれてみるのもいいでしょう。ただし、冬を除いて(^_^;)

20171027110152 斎民商店 w800 P1150059.jpg
 振り返って、後ろ側を撮影してみました。先ほど右側からやって来た道路。先ほど上ってきた階段。
 右端ちょっとだけ見えるのは、今は市の教育委員会や中央公民館が入っている、旧・河北ビル。
 震災前は建物がぎっしりと建ち並んでいたのに、まだ、こんな感じ。
 よーく「復興してきましたね」と外の方々が言いますが、「こんなんで復興してきたと言うんですかぁ~?」と声を荒げたい、もどかしい気もちょっと有ります。
 正解は「復旧が始まりましたね~」じゃないかな(*^_^*)
 ところで右手のお店ですが、確か漁具の専門店です。
 一般人には縁遠いように思えるのですが、あなたのお部屋を更に素敵にするグッズが有るかもしれませんよ。まがって見でけらい(見ていってください)(^_^)v

20171027110156 海の市から魚市場前 w800 P1150060.jpg
 更に左側です。大きく空いているのは小野好工業(製作所?)とかいった所だったか...。更に奥も空いています。
 奥の薄い茶色の建物は、魚市場前のパークホテルらしいです。
 左の、小野寺鉄工所第二工場の上には、大島の亀山が見えます。

20171027110258 海の市から w800 P1150061.jpg
 更に左側です。
 魚市場屋上駐車場へと続く坂道が見えます。
 この屋上、8月のみなとまつりの夜には駐車が規制され、花火見物客に開放していました。
 花火に近く、ドォーンという響きが、お腹の底まで響き、臨場感満点(*^_^*)
 来年のみなとまつりでも解放されるか、要チェックですよ(^_^)v
 
 魚市場に近いこの辺りは、これでも建物の復旧が進んでいますが、旧・JR気仙沼線の南気仙沼駅付近はまだまだまだ....。
 残念ながら、時に解決を委ねざるを得ないようです(>_<)

nice!(17)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

秋は「柿」ですね 20171106 [四季の便り 花,植物,農遊]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 早いもので今日は11月7日。なんと立冬。
 ローカルニュースで、こんなに暖かな立冬は無かったと話していました。
 ヨコミー今日もご多忙で、午後、市内松岩の老人お遊び(決して介護ではない)施設に行ってきましたが、帰路に見た国道脇の温度計は22℃でした。

 さて昨日、ヨコミー家では2回目の柿もぎでした。
 6本の柿の木で実が成っているのは1本だけですが、それで十分です。
 他の5本はどんな状況なのか、いつか機会がありましたなら....。
   ※写真はクリックすると大きくなります。

20171021114550 かき w800 P1140729.jpg
 写真は第1回目の収穫、10月21日のものです。
 渋抜きをするので、こんな感じでの収穫です。柔くなり過ぎると大変なので(>_<)

20171021114536 かき w800 P1140728.jpg
 収穫量はこのぐらい。一度に多くやっても大変なので(^_^;)

20171021114554 かき w1024 P1140730.jpg
 木には美味しそうな柿がまだ。

20171021114600 もいだあと w800 P1140731.jpg
 もいだ後でパチリ。10月21日でした。
 昨日11月6日、2回目の収穫量は、干し柿にしたり他人にあげるので、1回目の3倍ほどになりました。
 3回目の収穫は来週に成りそうですが、木にはまだ1/3程の柿が残っています(>_<)

 2・3日前から、1回目に焼酎で渋抜きした柿を食べていますが、渋抜きしている袋を開けるのがちょっと早かったようで、微妙に渋みが残っていました。
 今回渋抜きする柿は、もう少し長く置いてみたいと思います(^_^)v

 ところで晩秋休みのお知らせです。
 某お遊び協会の一大イベントが週末にあり、鋭意努力中です。まっ、このブログもやっていますが(^_^;)
 律儀に動けば、明日は3回も外出するようです(>_<)
 自分の遊びの本業(?)も置いたまま(>_<)
 「やってらんねぇー」と投げ出したいのですが、ここは乗りかけた船(>_<)
 このブログもちょっとだけお休みです。
 再開は早くて12日深夜。13日にも再開したいと思います。
 どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

気仙沼の今 市民会館・気仙沼公園付近 20171102 [四季の便り 花,植物,農遊]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。

 最近は某お遊び協会のボランティア事務が忙しく、バタバタ(>_<)
 ゆっくりと季節を感じる暇はありません。
 昨日11月3日はヨコミーが所属する組織の市民文化祭(*^_^*)
 機密情報を入手したので、前日2日の一番で会場準備に取りかかりました。
 お昼時間を返上しての作業(^_^;)
 そのスタートが1時間遅れていたら、ヨコミー達は泣きをみるところでした(>_<)

 そんな準備作業が終わった2日の13時近く、市民会館の西側を歩いてみました。
   ※写真はクリックすると大きくなります。

20171102125710 wc近く w1024 P1150273.jpg
 おきまりの、人の目を引く写真から(^_^)v
 場所は、市民会館西側駐車場屋外トイレの裏側(^_^;)
 トイレの脇に長く居ると怪しまれるので、パパッと撮って....。

20171102125200 気中校庭進入路坂下 w800 P1150250.jpg
 市民会館の西口玄関を出てちょっと右前へ。
 この坂は気仙沼中学校の校庭へと続きます。
 あの震災で校庭の大半を使って仮設住宅が建てられ、凡そ100世帯が入居していました。
 校庭端の桜並木は、シーズンになると市民会館から舞台用の照明でライトアップ(*^_^*)

20171102125214 サクラノ w800 P1150251.jpg
 サクラの葉の色がすっかりと変わり、落葉が始まっています。

20171102125252 坂上 w800 P1150254.jpg
 そろそろ坂の上。

20171102125258 黄色い h800 P1150261.jpg
 黄色い葉が綺麗です(^_^)v
 何という木でしょうか。

20171102125318 校庭入口 w800 P1150255.jpg
 校庭の入口です。工事を示す看板がありますが、なんか変???
 あっ、看板も変な気がしますが....(^_^;)

20171102125326 4 w800 P1150256.jpg
 のぞいて見たら、工事は殆ど終わった感じ。

20171102125330 3 w695 P1150257.jpg
 左続きです。引き算です。校庭ー仮設住宅=ネットで囲まれた所。
 仮設住宅が建っていた時の校庭は、テニスコートだけでした(>_<)

20171102125332 2 w800 P1150258.jpg
 更に左。この辺が中学校仮設住宅のメインでした。

20171102125340 気中左1 w800 P1150260.jpg
 更に左です。
 なーんだ、とがっかり。車、停められるんだっちゃ....(>_<)
 今は市民文化祭のシーズンです。なのに市民会館の駐車場は不足。
 震災前は、公園のグラウンドも仮設の駐車場として利用していたのですが、震災後は公園仮設住宅が建ち、利用できません。
 文化祭に来るお客さんにはとても不便でした。いつかは駐車違反で取り締まられた車も....(>_<)
 このくらい仮設住宅が撤去され、地盤もこんな状態なら、工事車両が稼働しない日曜日や休日にちょっとトラロープを張り、10台でも30台でも停めさせてくれたらいいのに....。
 国の選挙が終わったら、「忖度」や「配慮」なんてまず聞かれなくなりましたが、市民に対してこそ、「忖度」や「配慮」が欲しかった....(>_<)
 このこと、以前から行政に頼んでいたのですが、実現しないうちに1か月余りの市民文化祭が終わりそうです(>_<)

20171102125430 公園仮設 w800 P1150264.jpg
 校庭より1段下にある気仙沼公園に在る仮設住宅です。
 今は何戸が入っているのでしょうか。全体では1割を切ったと地元紙に出ていました。
 右端は仮設のセブンイレブンが入っていた建物か。

20171102125420 市民会館向き w1024 P1150263.jpg
 坂を下ります。市民会館事務室の上に太陽光発電パネルが見えます。

20171102125448 公園上から w800 P1150265.jpg
 気仙沼公園の園地です。
 一番最初の写真を撮影したのは、中央に在るトイレの向こう側(^_^;)

20171102125610  h800P1150269.jpg
 落ち葉がいっぱい。

20171102125742 イチョウ w800 P1150275.jpg
 グラウンド境に近いイチョウ。ちょっと見には、銀杏は無かった感じ(^_^;)

20171102125802 ツツジ h800 P1150276.jpg
 季節外れのツツジが咲いています。狂い咲きじゃなく、そんな種類なのでしょう。ヨコミー家のジャングルにも在ります(^_^;)

20171102125828 プラタナス w800 P1150277.jpg
 プラタナスでしょうか。ヨコミー、気が多いのに、木の勉強が不足しています(>_<)

20171102125930 公園の w1024 P1150281.jpg
 内の脇保育所に近い所です。緑と紅葉の対比がとても綺麗です(^_^)v

20171102130006 気仙沼公園から w1024 P1150283.jpg
 割と静かです。もうちょっと暖かかったら、お昼寝したい感じ(^_^;)
 奥は市民会館。
 この場所で、震災直後、市民会館に避難していた方々は、広島から支援に入った保健師さん方の指導で、毎朝ラジオ体操をしていましたっけ(*^_^*)
 ここに居ると、当時の懐かしい面々を思い出します。

 気仙沼の紅葉、もっと探したいのですが、今年は無理かなぁ.....(>_<)

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

気仙沼の今 幸町界隈 20171015 [東日本大震災]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。

 今日で10月も終わりです。
 2週続けて来た台風は、美味しい日曜日をダメにしてしまいました。特に先の台風は風がとても強く、ヨコミー家の庭は緑色した杉の葉の絨毯に(>_<)

 近隣の秋景色を紹介したいところですが、某お遊び協会のボランティア事務が忙しく、見にも行けません(>_<)
 おかげで、ちょこっと撮った写真の整理もままならず.....(>_<) 
 今年はこれがいろいろと足を引っ張りました。家庭菜園、星の撮影、旅行、無線、部屋の片付け等々、いろいろと滞ってしまいました。あっ、無理にこじつけた訳ではありませんよ(^_^;)
 
 そんな、気持ちもご多忙なヨコミー、10月15日に所用で市民会館へ行って来ました。
 その帰路、いつか撮りたいと思っていた辺りを通りましたので、撮影してきました。
 あの東日本大震災による大津波で、大きな被害を受けた所です。
 昨夜、お遊び協会の事務をしていましたが、10月も終わるのでそろそろ....と、そのときの写真整理に取りかかっていたら、日本語変換中にパソコンか凍り付きました(>_<)
 原因は多分、使っている流行超小型社のウィルス対策ソフトを、少し前にアップグレードしたのですが、そのときのフォルダーがなんとデスクトップに貼ってありました。割と大きなやつでした。なので重くなり、何かの処理が重なってしまったのでしょう。
 初期設定でデスクトップに設定しているのでしょうか、こんなんじゃ安心して頼めません(>_<)
 期限が切れたら更新しないこととしました。

 という訳で、10月15日の幸町四丁目辺りで道路脇の盛り土に登って撮影です。
 ※写真はクリックすると大きくなります。

20171015123056 ガス工場を右に1 w1024 P1140636.jpg
 先ずは右端に薄緑色をした、ガス工場のタンクを置いた構図から。
 もう殆ど以前の姿はとどめていないので、どこがどこやら。
 撮影場所は一見、高台商店西側の交差点からガス工場方面へ行く左側かなぁと思ったら、左上に見えるコナカの看板と気仙沼大橋が重なって見えていることから、撮影地は幸町四丁目と判断しました。佐々木風呂屋の裏、菅哲会館付近だと思います。
 正面の丘の上に気仙沼高校の校舎がちょっと見えます。その左にNHKラジオのアンテナ(中継所)、更に左下に広がる大きな建物は、月曜日から入院患者が消えた市立病院(^_^;) ここはあとで。

20171015123100 ガス2 w1024 P1140637.jpg
 右続きです。天理教や市民会館への登り口は、タンクの直ぐ右側から。
 その辺りには、大規模半壊の家が何軒か在り、修理して暮らしていました。ガス工場向かい付近では新築の家も在ったのですが、道路拡張のためか、全て取り壊されました(>_<)
 ヨコミーが手伝っていた市民会館避難所で、班長さんを務めていた方のお宅も在ったのですが、班長さんはここに戻ってこられるのでしょうか、気になります(>_<)

20171015123106 ガス3 w1024 P1140638.jpg
 その右隣です。丘の上は南が丘。上の左に市民会館の白い建物がちょっと、上の少し右にはNTTのアンテナが見えます。
 嵩上げが終わり、家が建ち始めました。

20171015123110 ガス4 w1024 P1140639.jpg 
 更に右隣です。右手に見えてきたのは幸町の災害公営住宅です。

20171015123114 ガス5 w1024 P1140640.jpg
 更に右です。災害公営住宅は向こう側にも在り、5棟。右奥の山は旧・唐桑町との境となる山々。

20171015123118 ガス6 w1024 P1140641.jpg
 更に右隣です。魚市場は左奥です。復旧はいいのですが、電柱はなんとかならなかったのか、残念です。 
 右に見えてきたのは大島の亀山。島には、国民休暇村気仙沼大島が在ります。

20171015123122 ガス7 w1024 P1140642.jpg
 亀山の下、手前に白い塀が続きますが、塀の上にちょっとだけ、黒っぽい茶色の建物が顔を出しています。ミヤコーバスの営業所が、元の場所に再建されました。
 ということは、走っている車と塀の間が南駅前の通りなのでしょう。写真では薄くて分かりづらいですが。 

20171015123128 ガス8 w1024 P1140643.jpg
 更に右隣。
 右端上の高層建築は、大川向かいに在る南郷災害公営住宅で、真ん中右上の2棟は内ノ脇の災害公営住宅です。
 JR気仙沼線の南気仙沼駅が左手に在ったのですよね。でも鉄路は永遠に流されたままなのでしょうか。
 いつも思うのですが、当時の鯉住総理大臣は「民間に出来ることは民間にやらせます」と声高々に叫び、劇場で喝采を浴びていましたが、実際は「民間に出来ないことは政府もしません」だったのですよね。みーんな騙されちゃった(^_^;) ヨコミーも(>_<)
 同じ震災被害でも、仙石線は鉄路で復旧したし、常磐線も鉄路で進んでいます。なぜ、気仙沼線だけが、民間からも、国政からも流されてしまったのでしょうか。
 都会の弁護士とかは、1票の格差、1票の格差と騒いでいますが、こちらの格差の是正には、どなたが取り組んでくれるのでしょうか。
 弁護士さん等は、地方から国会議員を取り上げるのがお仕事のようですが、この辺の方はご立派な方なので、我田引水的な成果は得られていません。
 なので、もう一人、国会議員さんが欲しいのです。昔、岩手県南を地盤とし、JR大船渡線を大きく迂回させたようなお方を(^_^)v

20171015123136 ガス9 w1024 P1140645.jpg
 更に右隣です。右上にコナカの赤い看板が見えます。一周しました。
 コナカの看板から左、真ん中上に見えるクレーンは、少し下手に掛け替えられる気仙沼大橋の工事現場です。
 その左奥の丘に見える大きな建物が、11月2日にオープンする新市立病院です。

20171015123156 新市立病院 w1024 P1140648.jpg
 その新市立病院です。ヨコミー、いつも向こう側のバイパスを通るので、この、東側から見る病院は初めてです。遠くからは見ていましたが、こんなにアップではありませんでした。
 玄関は裏のバイパス側。これから大きく発展する予定は???なのに、ずいぶんと郊外に作ったものです。まあ、市街地に近い県有地の県立女子校跡地が得られれば最善でしたがね。
 県の施設、以前は市街地から離れていたための反動でしょうか(^_^;) 多くの市民にとって、より近くに在って欲しいのは病院だと思うのですが(>_<)
 あっ、この新病院、10月29日の雨の中、入院患者の移送が無事に行われました。
 その数が結構少なかったのでその筋に聞いたら、ある程度の入院患者さんを少し前に現病院から自宅へ外泊させ、その後新病院へ戻ってきて貰うんじゃないかと。うーん、上手い手(^_^)v
 外来診療は11月2日から。

20171015123204 現市立病院 w1024 P1140649.jpg
 こちらは現市立病院。でも、入院患者は既に居らず、少し前から外来も休んでいます。確か救急外来は個人病院へと書かれてありました。
 でも、その後の利用はどうなるのでしょうね。左(南病棟、西病棟)は確か50年も前の建物。右は新しい建物なので、市役所の移転先に利用したら....との話も聞きます。
 左を壊し、増築や駐車場にすれば、今の市役所より利便が増すことでしょう。
 でも、今在る八日町や三日町を始め、近くに在る南町や魚町の方々は、不便になる、通りが寂れる....と反対するのでしょうね。

20171015123216 大島亀山 w1024 P1140650.jpg
 先ほど見えた大島の亀山です。山頂右下に白いレストハウスが見えます。昔はリフトで登り、そばやうどんを食べたものですが、いつからか食堂は無くなり、そのうちに売店まで無くなっていました。
 震災でリフトも被災し、そのまま。レストハウスは開いているのでしょうか(>_<)
 ヨコミー、また行ってみなきゃ(^_^;)
 真ん中、薄緑色の建物は魚の冷凍倉庫。右隣の白い建物は、猪瀬元都知事が副知事時代、大津波で孤立した人々を救おうと、救出のヘリコプターを向かわせた中央公民館で、その跡地に立てられたもの。
 更に右手には、本土と大島を結ぶ通称鶴亀大橋が見えます。この位置からだと、島と並行に架けられているように見えますが、間の湾をぐるっと左に大きく巻き、橋を経て写真右側の島内に接続します。
 確かにぐるっと大きく巻くのですが、そのうち、今工事が進められている三陸道では、右手前の本土側からあの橋の手前を通って左の、そう鶴亀大橋の本土側に近い所へ通じるので、ちょっとジグザグにはなりますが、救急車は行く行くはそんなコースを辿って国道バイパスから新市立病院へ行くのかなぁ...と。
 でも、鶴亀大橋の島側から西へ架けた方が、橋の工費は嵩むけど1つの橋で済むし、救急車や観光客にもシンプルで分かり易いと思うんだけんとね(^_^)v
 まあ、今じゃ遅いけど(>_<)
 既に、鶴亀大橋は地元や子ども達がイベントで渡っていますが、正式開通にはまだ1年半近くかかりそうです。
 完成したら、遊びに来てけらいん(^_^;)
 大島に嫁いだ「気仙沼ちゃん」も元気なようだがらっサ(^_^)v


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

オリオン大星雲など 20171023 [星]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 
 今日10月26日は朝からいい天気で、枕を大陽光が当たる窓辺に(*^_^*)
 昼ぐらいからやや雲が多くなりましたが、割といい天気でした。
 その後、夜は雲が全天を覆い尽くし、星がたまに雲間から見えるのみ。
 昼間の気温は割と暖かく、ちょっと動くと汗が出ました。
 でも、秋は着実に進んでいます。
 夜遅くなると、冬を代表する星座のオリオンが昇ってきます。
  ※写真はクリックすると大きくなります。

20171023232428 M42 M43 w1024 DSC_1172.jpg 
 オリオン大星雲です。
 見かけの大きさは、明るい所は満月と同じくらい。淡い所まで含めると、その倍は在りそうです。
 ギリシャ神話に出て来る勇者オリオンが、腰に下げた短剣の所に在ります。
 鳥や蝶を横から見た姿に似ています(^_^)v

20171023234335 M42 M43 h1024 DSC_1186.jpg
 縦位置でのオリオン大星雲です。
 短剣は上下の星も含めて、小三つ星(こみつぼし)と呼ばれています。
 
20171023225543 M31 w1024 DSC_1150.jpg
 まだ秋なので、アンドロメダ大星雲を一丁(^_^;)
 私たちの地球は太陽の周りを回っていますが、太陽は銀河系という渦巻き星雲に属していて、遙か遠くの外から見れば、銀河系もアンドロメダ星雲のような姿をしているといわれています。

20171023230606 M33 w1024 DSC_1156.jpg
 こちらはちょっと薄いですが、さんかく座のM33という渦巻き星雲です。
 ちょうど上から見ている感じで、渦を巻いている姿が分かります。
 これらの星雲は同じ拡大率なので比べてみてください。ただし、あくまでも見かけの大きさです。オリオン大星雲は銀河系の中です。

 今日はあっさりと写真4枚です。疲れた1日でしたので。
 午前中は某お遊び協会の無給事務。午後は国際宇宙ステーションの太陽面通過を撮影しに登米市へ出掛けました。
 そして夜は某お遊び協会の会議(>_<) ほーんと疲れました(T_T)
 ここ半月が勝負ですが、ヨコミー、勝負はしたくありません(^_^;)
 おっと、寝ましょう(^_^)v
nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

完結編 名残ケ原~須川温泉 錦秋の栗駒山 ブログ上登山会その10 20170926 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。

 10月21日と22日にこのシリーズの完結編を作っていたら、なんとサーバー障害でした。
 だいぶ失われ、多忙も有ってガックリ....(>_<)
 やらなくちゃ下山できないなぁ(^_^;)とウッタヅ(スタートする)がぁ....とは思ったものの、頭の中は22日から離れません。
 なのですみませんが、22日のアタマで進めます。

 昨日昼前に、家庭菜園から残っていた枝豆を収穫しました。
 この枝豆は後から少し蒔いたもので、先に蒔いたやつがほぼ全滅だったので、諦めていました。
 でも見たら割と実っていて、来年も蒔くかぁ....と意欲が湧きました。
 早速茹でて、午後のおやつに(*^_^*)
 でも来年は、少なくても鳥獣対策をしっかりやらねば.....と思った次第。
 今年の家庭菜園は、不思議なことにハクビシン等の被害はありませんでした。まあカラスかキジによる被害が発芽時に(>_<)
 ただ、どうやら大きな生き物が居るようで、ダイズの新葉やトウモロコシの毛(糸?)を結構食べられました。まあカモシカでしょうけれど。
  
 さて、9月26日に登った栗駒山の紅葉を、ブログの上での登山会として再現している続きです。まあ延々と....。すみませんm(_ _)m
 今回は名残ケ原から須川温泉の登山口までです。これでやっと完結ですが、更に続くかも(^_^;)
 何せ残り香....じゃなかった、気持ちを引きずる、未練がましいヨコミーなので(^_^)v
  ※写真はクリックすると大きくなります。

 16時32分、ようやく名残が原に戻りました。そこからのスタートです。
20170926163314 名残が原別コース w1024 P1130760.jpg
 名残ケ原奥に在る案内図です。左の奥から下山してきました。
 この案内図によると、図の前を右に行くと、賽の磧を経て登山口の温泉へ下ることが出来るようです。
 ヨコミー、このコースにとても興味が有り、是非行きたいと10月10日に計画したのですが、ダメでした(>_<)
 あのコスキンのため、老母をショートステイに預けた最終日が10日であり、16時の老母帰宅までに自宅へ戻れば.....と、9日夜は麓か温泉の駐車場で泊まろうとしたのですが、時間に対する冒険はしないこととしました(>_<)
 まあ何かの都合で遅れると、老母は風除室で「ろくろっ首」になるかもしれませんので(^_^;)
 うーん、残念。来年こそ(^_^)v
 
20170926163328 名残が原にて w1024 P1130762.jpg
 近くに、赤い葉っぱと輝くススキを見つけました。ススキの穂、綺麗です(*^_^*)
 赤い葉っぱはナナカマドでしょうか。 

20170926163448 振り返り 名残ケ原 w1024 P1130765.jpg
 名残惜しいので、またまた振り返って.....(*^_^*) 振り返りがお得意のヨコミー、鬱病かもしれません。
 でも十数年前ならいざ知らず、今は心が栗駒山に在るからなんでしょうね、きっと(^_^)v
 右上、一番奥の稜線が低くなっている所が天狗平。そこから左に高くなった所が山頂方向ですが、山頂を具体的に示す標柱はなかなか見えません。
 途中に、暗く平べったいピークが見えますが、山頂ではありません。右斜面に、あの火山観測施設が写っていました。
 天狗平左下に見える、右下へ崩れている崖は、昭和湖左上の崖です。この崖上端の左には、山腹途中の尾根が緩く左上がりに見えていますが、あれがモコモコのようです。
 真ん中やや上の白い部分は、地獄谷下端、渡渉地点直ぐ下に在った滝の付近です。
 そして、木道の上をちょっと早足で.....(^_^;)

20170926163824 右じゃ無く上 w800 P1130772.jpg
 名残ケ原を抜けると、間もなく岐路に。
 右へ行くと500mで下山。緩いコースです。
 でも、ここを登る600mのコースで来たものですから、登ります。
 だって見通しがいい所が在るので、見なきゃ損です(*^_^*)

20170926164306 名残パノラマ右 w1024 P1130774.jpg
 小高く、開けた所が在ります。ここからパノラマ風に。
 右上のピークが剣岳、その右やや下が仮称・トゲ岩と思います。
 左の明るい黄緑の上に、日陰ですが、地獄谷の斜面が見えます。白い木の右です。 

20170926164312 名残パノ2 w1024 P1130775.jpg
 左続きです。この高い位置なら、山頂の標柱が見えたかも。でも、見てもいないし撮ってもいない....(>_<)
 うーん、国道閉鎖まであと10日余しか無いので、来年の宿題(^_^)v

20170926164318 名残パノ3 w1024 P1130776.jpg
 更に左です。手前のススキが日陰で、惜しい!!!! でも、綺麗(*^_^*)

20170926164324 名残パノ終 w1024 P1130777.jpg
 更に左です。この白い噴気、覚えていますか? 登るときに一服した所です(*^_^*)
 この噴気は無臭ですが、ガスについての注意書きは無いので、水蒸気だけなのでしょう。でも、気をつけて(*^_^*)

20170926165302 賽の磧別れ w800 P1130784.jpg
 少し歩いたら、またまた岐路。左へ行くと賽の磧なので、右へ(^_^)v

20170926165436 逆光ススキ w1024 P1130787.jpg
 セピア色ですが、逆光でススキが綺麗です。

20170926165530 仏像 w1024 P1130788.jpg
 ちょっと歩いたら、お地蔵さんが居ました。これは上り時に気付いてはいたのですが、左の岩の上にも居たとは......(>_<)

20170926165854 右前へ w800 P1130794.jpg
 ここも真っ直ぐ(^_^)v
 大陽は低くなり、左上、木々の間から。

20170926165938 ゴリラ岩 w800 P1130796.jpg
 温泉の源泉上に在る仮称・ゴリラ岩です。ゴリラの頭を右後ろから見た感じ(*^_^*)

20170926170038 温泉とゴリラ岩 w1024 P1130801.jpg
 ようやく温泉と登山口が見えてきました(^_^)v

20170926170046 ゴリラ岩夕景 w800 P1130802.jpg
 ゴリラ岩で太陽を隠してみました。ちょっとゴリラ風が薄れましたが(^_^;)

20170926170154 源泉付近 w1024 P1130806.jpg
 左が源泉です。西日が眩し過ぎて....(>_<)

20170926170256 源泉 w800 P1130807.jpg
 源泉の拡大です。

20170926170356 足下注意 w800 P1130811.jpg
 登山道はここを上り下りします。足下注意ですよ(>_<)

20170926170450 人面 ゴリラ ねこか w800 P1130812.jpg
 源泉下手の岩。右はゴリラの頭を左側から見た感じ。分厚い唇、出っ張ったおでこ。
 左は真上を向いた男の顔。左やや下から見ている感じです。ピークが上唇、そこから左、ちょっと口が開いて下唇、そして顎、喉。上唇の右やや下に鼻(鼻の下が折れていますが)、そして右下が目、睫、額。どうですか(^_^;)
 更に左下。雌ライオンの目、鼻、口が見えます。ヨコミー想像力豊かぁー(^_^)v

20170926170644 たいらちに w800 P1130813.jpg
 道草ばかりのヨコミー、17時5分、奥の階段から、ようやく平地(たいらち)に出ました。
 思い起こせば9時30分に登り始めたのです。7時間35分も掛かっちゃいました(^_^;)
 休みも入ってのことですが、この時間が有れば、丈夫な人なら二往復するかも(>_<)
 まあ、登って楽しみ、撮って楽しみ、疲れて楽しむのが山だとヨコミーは思いますので(^_^)v

20170926170708 露天風呂 w800 P1130815.jpg
 露天風呂です。

20170926170740 露天風呂入口 w800 P1130817.jpg
 ここが入口(*^_^*) 大日湯と書いてあります。

20170926170730 温泉道路側 w800 P1130816.jpg
 背中側です。右側が須川高原温泉の建物。中央奥から左は国道。緑の屋根はビジターセンターです。
 このビジターセンターは夜間は閉まります。昨年登ったときは、朝は閉まっていました(>_<)
 そんなときのトイレ利用は、センター右側の駐車場奥にある公衆トイレで。

20170926170810 空いた駐車場 w1024 P1130818.jpg
 こんな時間まで栗駒山で遊んでいる人は、ヨコミー以外には居ないかも(>_<)
 駐車場はこんなに空きました。平日の夕方ですものね。殆どは泊まり客でしょう。

 ヨコミー、実は腰が痛かったり、股関節や膝が痛かったりするので、まあ山に興味も有って、ゆっくりと登りました。
 更にはいつも先に痛む右股関節をカバーしようと、右手には杖を持ちました。杖は長さが変えられると便利です。下りは上りよりも長くしています。
 おかげで今回、足首の外側も痛むこと無く、無事に下山できました(*^_^*)
 皆さん、大変お疲れ様でしたm(_ _)m
 最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございます(^_^)v
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

下り編 昭和湖~名残ケ原 錦秋の栗駒山 ブログ上登山会その9 20170926 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。

 昨日10月19日は夕方小雨がぱらつき、早めに家に入ってしまいました。
 夜中からの雨予報が、早めに降り出したなぁと理解していたら、降ったのは一時的で、おかげで夕方の家庭菜園の作業をやりかねました(>_<)
 予報されていた雨は、深夜に時々降った程度で、今朝息子の出勤時には止んでいました。
 しかし10時前から弱いながらもコンスタントに降り出し、そんな中、栗原市築館町へ行ってきました。某お遊び協会の用事です。
 帰路はやや多めの降りで、ヨコミーお好みの間欠ワイパーでは拭ききれなくなりました。
 明日昼間は降らない予報ですが、日曜日は秋雨前線、月曜日は台風で、大雨となりそうです。
 そういえばヨコミー家、雨樋の排水管改修がまだでした(>_<)
 ヨコミー、やりかねていることがいっぱい(T_T)
 「てめえ(自分)のあだま(頭)に付いだ蠅もぼえない(追えない)やづ(やつ)が他人の世話なんかでぎっか(出来るか)!!!」とは、どこかでたまに聞く言葉。
 その言葉は真実なのだろうけど、世の世話好きさんはどうなんだろう......(^_^;)
  
 さて、9月26日に登った栗駒山の紅葉を、ブログの上での登山会として再現している続きです。まだ延々と....。すみませんm(_ _)m
 今回は昭和湖から名残ケ原まて下ります。
  ※写真はクリックすると大きくなります。
20170926160158 地獄谷東 w1024 P1130704.jpg
 昭和湖から下り始めたのは16時丁度でした。
 ちょっと下った東側です。下は地獄谷。枯れた木が何本も横たわっています。硫化水素のため!??

20170926160514 地獄谷東 w1024 P1130714.jpg
 更に少し下った辺りから。
 夕方になってしまい、どれも写真の色は赤が少し出ています。ご容赦をm(_ _)m

20170926160724 火山性ガス w800 P1130717.jpg
 登るときも見たのですが、硫化水素でしょうか。それは空気より重い?? 軽い??
 「地獄谷の源流は....」なんて絶対に調べに下らないように!!! 

20170926160750 火山観測 w1024 P1130718.jpg
 天狗平から西に見える緩やかな山の北側です。南側はなだらかですが、北側は噴火で崩れた!??
 真ん中上に、火山観測用と思われる施設が写っています。

20170926160756 山頂方向 w1280 P1130719.jpg
 栗駒山の山頂方向です。
 こちらには、山頂西に在る火山観測施設が写っています。稜線の右から1/3足らずの所です。

20170926161150 地獄谷標柱 h640 P1130724.jpg
 地獄谷の標柱が在る所まで下がりました。
 登山道は、間もなく地獄谷から離れます。

20170926161510 渡渉 w800 P1130725.jpg
 このコース唯一の渡渉地点です。左から下り、渡って右奥、そして右端へ来ました。お得意の振り返り撮影(^_^;)
 以前は橋が在ったようですね。
 地図を見ると、この沢が昭和湖の奥に繋がっていました。沢登りもいいかなっ(^_^)v
 滝が無ければ....。そう、この下には滝が在るようなのです(^_^;)

20170926161514 渡渉直ぐ下滝上 w800 P1130726.jpg
 下手を見てみました。中央が滝上のようです(>_<)

20170926161544 滝と向こう w1024 P1130729.jpg
 ちょっと危ないですが、少し回り込んでの撮影です。
 下の右が滝です。
 その上の黒い所は、右側から続く地層の境目らしき所から水?がしみ出ている感じ。そのうち上の土や石が崩れ落ちそうです。
 左は地獄谷から続く沢です。滝のようにも見えますが、滝のような音は手前からで、よーく見ると水の流れはほんの少しらしいです。白く流れている様に見えるのは、鍾乳石が出来る原理で、それこそ石灰とか石膏、ひょっとしたら硫黄が作り出したのでは.....!??? そして滝壺らしき所も面白いです。
 この辺の構造は、興味が尽きないです(^_^;)

20170926161558 油じゃないよね w800 P1130730.jpg
 黒っぽい所の拡大です。油膜の様に見えるのは、名残ケ原で見たものと同じ、微生物?由来かもしれません。
 でも、こちらは本当の石油だったら....、日本の石油自給率向上に役立って欲しい(^_^;) 
 山形県南西部の山の中に在る温泉は、アストリンゼンを含んでいて、ちょっと見には油膜です。
 でも、あのお肌にいいアストリンゼンですよ。連泊したら、すべすべのお肌になるかも(^_^)v

20170926161608 硫黄の滝かな w800 P1130731.jpg
 奥側の拡大です。右の流れは石膏でも流れた感じ。流れで出来た鍾乳石とか。硫黄?石灰??
 中央上のやや右に見える黒っぽい所には、水が溜まっているように見えます。
 左に白い紐状で下がっている所も含めて、流れる水は殆ど無いように見えます。
 ヨコミー、とても面白いです。近くに行き、トンカチで叩いてみたい(^_^;)

20170926161824 名残が原 w1024 P1130734.jpg
 ちょっと下ったら名残ケ原が見えました。もうすぐです。
 でも、どうして山の中腹に、一見広場のような地形が出来るのでしょうか???
 山手を削って、出来た土をブルドーザーで押して埋め立てたような地形。不思議です(^_^;)

20170926162202 赤 w1024 P1130741.jpg
 赤い葉っぱの木が印象的(^_^)v

20170926162258 苔花台 w640  P1130744.jpg
 ようやく須川温泉まで1kmの地点まで下がりました(>_<)
 そういえばここは.....

20170926162408 苔花台 w1024 P1130750.jpg
 苔花台です。標柱を下手側から見ています。写真右外側を下ってきました。山頂まで2.8km。
 ここから渡渉すると山頂まで3kmの産沼コースです。ヨコミー、こちらのコースも行きたいです。
 秣岳コースも歩きたいし、軟弱な文化人・ヨコミーは、山男になってしまうのでしょうか?(^_^;)
 
20170926163110 夕暮れの苔国庫 w1024 P1130752.jpg
 更に少し下がりましたが、ちょっと疲れてきました。夢や幻が見えます。
 なんとコケコッコーが居ました(^_^;)
 もうすぐ名残ケ原です。頑張りましょう。

20170926163122 噴気 影か w1024 P1130753.jpg
 大陽が岩の影に隠れました。一見ぶれた写真のようですが、高速シャッターをブラすほどの腕力は有りません。噴気に岩の影が映ったのかも.....。

20170926163238 名残が原に出た w1024 P1130758.jpg
 16時32分、ようやく名残が原に戻りました。この位置は、上りは10時5分頃に通っていました。なんと6時間前です(>_<) 標準的な登山なら、温泉から頂上まで1往復半の時間です(^_^;)
 写真はお得意の、振り返っての撮影です。山頂は左上の枠外(>_<) 左奥の凹んでいる稜線が天狗平です。
 まあ幻も見えたので、休憩休憩(^_^)v

 そういえば今日は金曜日でした。残念ながらプレミアムフライデーとかではありませんが。
 プレミアムフライデーなんて、大手の暇な商社マンや一部の公務員ぐらいなのかなぁ....と思うのですが、どんなものでしょうか。
 製造業ではなかなか機械を止められないし、相棒がいないと進まない仕事も有ります。
 プレミアムフライデーを楽しむ人を受け入れる業界は逆に忙しくなり、プレミアムフライデーじゃなくなる....。そんな方々を無視した、政府のキャンペーンだとヨコミーは思うのです。
 市内には、17時になると退社のタイムカードを押し、また職場の機械に戻る、いや戻ることを要求されている工場が有ります(>_<)
 どこかでは「働き方改革」と騒いでいますが、正しくは「働かせ方改革」じゃないかと思うのです。従業員を大切にする、働かせ方の改革です(*^_^*)
 従業員に、改革するなんて大きな力は無いです。団交しないと改善できない事業主こそ、改革されるべきですよ(>_<)
 「働き方改革」なんて言葉に乗せられてはいけません(^_^)v
 
 あっ、やはり夢や幻が....。もっと休憩しましょう(>_<)
 またまた、つづく(^_^)v

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

幻日そして環天頂アーク 20171013 [気象]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日10月19日は朝から曇りで、空は明るくありません。そして、霜は降りないものの、寒いです。
 昨夕、震災後、更に市街地化が進んだ市内東新城へ行きましたが、帰りに店から出たら寒いのです。
 車に乗って温度計を見たら、なんと8℃(>_<)
 国道45号バイパスを南下し、田中前の辺りで10℃へ上がったものの、松岩や階上、帰宅しても8℃から9℃でした。
 夕方見た雲は海から流れてきていたので、オホーツク海辺りに居る冷たい高気圧から吹いてくるのでしょうか。
 
 さてこれは10月13日、夕方近くの西空です。

20171013160328 大陽上の環天頂アーク(上から4分の1の所) h1024 IMG_7173.jpg
 音がうるさい近くの工事現場へ行ったら、なんと幻日(左下)と、逆さ虹といわれる環天頂アーク(写真上から1/4の辺り)が見えていました。16時過ぎです。
 後者はとても淡いです。
 幻日は地表から高い所に、絹層雲などの薄い雲が在るときに時々見えますが、環天頂アークが見えるのは希です。
 中には青空をバックにして見ることもありますが、雲になっていない水蒸気が在るのでしょう。
 また、太陽を見上げる角度が高いと見えません。

20171013160337 環天頂アーク W1024 IMG_7174.jpg
 環天頂アークの拡大です。上に反った虹色が、淡く見えます。

20171013160600 大陽右手の幻日 w1024 IMG_7178.jpg
 大陽右手の幻日です。これは素直に一塊といった感じ。
 右手の幻日は、左側と違って雲の状況が違うようで、見えていた時間は少しでした。

20171013161300 大陽左の幻日 W1024 IMG_7186.jpg
 左側の幻日です。縦に広がっています。雲は右より厚いようです。

20171013161326 左の幻日 h800 P1140613.jpg
 左側の拡大です。雲が流れれば、幻日の姿も変わります。

20171013164808 大陽右 w1024 IMG_7204.jpg
 少し経った右側を広く写しました。16時48分です。
 秋らしい雲ですね。

20171013164820 大陽左 w1024 IMG_7205.jpg
 左側です。下端右から1/3の辺りに、まだ薄く幻日が在りました。

20171013172047 夕焼け西 w1024 IMG_7216.jpg
 太陽が山に隠れた17時20分、西南西の空。こちらの日没は17時丁度でした。

20171013172058 夕焼け南 w1024 IMG_7217.jpg
 更に左側。南東方向の雲まで夕焼けです。

 天気予報では、しばらく太陽は拝めそうにありませんが、皆さんも機会を捉えて、見上げてみてください。
 なにか素敵な光景に出会えるかも(^_^)v


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

下り編 天狗平~昭和湖 錦秋の栗駒山 ブログ上登山会その8改訂版 20170926 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日10月17日は朝から青空が広がり、久し振りに趣味の布団干しをしましたが、昼前から雲が多くなり、早めに取り入れました。
 ヨコミーは頭にも汗をかくので、布団とセットで干しています。汗っかきなのです(>_<) 

 さて、9月26日に登った栗駒山の紅葉を、ブログの上での登山会として再現している続きです。まだ延々と....。すみませんm(_ _)m
 今回は下山の天狗平から昭和湖出発までです。
 (今回の記事は、公開後に事故があり、殆ど消えました。復元しようとしましたが出来ず、改訂版を作成しました。おおよその内容はカバーしているはずです。すみませんが、悪しからずm(_ _)m)

 下りの天狗平到着は14時40分。少し休んで55分近くに下り始めました。
  ※写真はクリックすると大きくなります。
20170926145730 高山植物 w1024 P1130623.jpg
 少し歩いて開けてきた所の足下に、可愛い高山植物を見つけました。
 多分、シラタマノキ。白い玉が不思議(*^_^*)
20170926145810 天狗平北東斜面 w1024 P1130624.jpg
 天狗岩の北斜面です。紅葉や松の緑は綺麗ですが、緑の笹は増え過ぎないか、心配です(>_<)

20170926145814 天狗平下右 w1280 P1130625.jpg
 同じ北斜面のアップです。

20170926145936 天狗岩付近 w1024 P1130630.jpg
 天狗岩を下から。人の姿は見えません。青空がちょっと綺麗になってきました。

20170926150034 こけ w800 P1130631.jpg
 登山道の脇に岩が在り、苔が生えていました。
 牛にもこんな模様がありましたね。それを連想(^_^;)
 そういえば、タワー型パソコンのケースに、牛の模様を描いたパソコンが在りました。確かアメリカ製。
 今はどうなっているのでしょうか。パソコン雑誌を買わなくなってしばらくになります。
 当時は月に2冊もパソコンの本を買っていたのですが....(>_<)
 お金も無くなったし(^_^;)

20170926150118 天狗したから w1024 P1130632.jpg
 少し下側を見てみました。中程のバックが日陰で、紅葉が引き立っています(^_^)v
 左中程に池らしきものが写っています。次回、要チェックです。

20170926150328 山頂西火山方面 w1024 P1130638.jpg
 少し下っても、右手はとても綺麗です。中央上には、山頂西に在る火山観測施設が見えています。
 手前は笹がいっぱい(>_<)

20170926150132 天狗下右上 w1024 P1130634.jpg
 拡大してみました。

20170926150604 上弦前の月き w1024 P1130641.jpg
 青空の中に、上弦前の月を見つけました。見ての通り、淡いです。

20170926151004 歩きにくい h800 P1130646.jpg
 昭和湖から上が難所と思うのは、こんな所も在るため。振り返っての撮影なので、上が山手。
 やや上に見える木杭の列は、雨水で登山道の土砂が流出しないようにと設置されたもの。
 でも、杭の隙間が広いためか、溜まっていたと思われる土砂は流出し、大して残っていません。
 なので杭が飛び出ているのです。つまり、ハードル状態(>_<)
 登るときは、それでも下の段より残っている土砂は高いので、なんとか足を上げて越えられます。
 でも下るときは、ハードルを越え様とすると、普通下りは足を高く上げないので、杭に引っかかりそうだし、このため足を高く上げると、今度は足の着地面がより低く感じられ、バランスを崩しそうになるし、先に着いた足の膝により力が掛かりそうです(>_<)
 こんなハードル、トレイルランナーなら苦にしないのかなぁ....(^_^;)
 まあ簡単にでも補修して欲しいのですが、ここは国定公園。予算や手続きに面倒が有るのでしょうね。

 どこかのグループが、下の杭のように細めの揃った丸太を横に並べてもいいし、小さな熊手で周囲の小石を寄せ集めてもいいんだけれど、そんなことでも勝手にやったら当局にしょっ引かれるのかなぁ....(^_^;)
 規制は必要だけれど、何もしないで怪我人や死者を出したら、どうするんだろう。 
 行政はそれから動くのかな。ひょっとして補修しないで入山禁止にしたりして....(^_^;)
 事故が起きたとき、被害者は、適切な管理・補修をしなかった行政に、十分な補償を求めるべきだなぁと思ったのです。
 
 規制といえば、総理大臣を始めとする与党の方々がおっしゃる「岩盤規制改革」ですが、モノは言い様だなぁと笑えてくるのです。
 だって、その岩盤のような規制を作ったのは、細川非自民政権や民主党政権ではなく、国家公務員が勝手に作ったモノでもありません。
 何を隠そう、業界からの陳情で、票にもなるので総理やその親様方も含めた、歴代の自民党面々が作ってきたモノです。
 ご自身または身内がやったことを全く触れもせず、あわよくば敵が作ったような誤解を与える発言に、騙されてはダメです(^_^;)
 それを街頭で、そしてテレビで大声を張り上げ、岩盤に対して大なたを振るうが如く演説していますが、それに簡単には賛同出来ないのです。
 声を張り上げるときは、前置詞として「私やこれまでの自民党が票欲しさに作り上げてきた岩盤で、ごめんなさい」と反省の弁が欲しいのです(^_^)v
 どこかには、「詭弁」を勉強する集まりもあるとか。

 安倍総理や公明党の親分は、今までの経済政策の成果を大きく叫んでいますが、先ほどのニュースでは、「経済を立て直してゆきます!!」とこれまた大きな声で呼びかけていました。
 ヨコミー、「ん、そうだそうだ!」と同感したら、なんと宮城×区の自民党議員でした(>_<)
 選挙演説のマニュアルとか、申し合わせは無いのでしょうか?
 同じ政党で言っていることが違うのは、政治不信の始まりですよ(^_^)v

 皆さん、国会議員が言っているからって、単に信用しちゃいけません。
 発言の真意や背景はどうなのか、多くのマスコミで確認したいですね(^_^)v

 あっ、休みすぎました(>_<)
 まあ山なので、いろんな危険があるということです。
 気をつけて、頑張って下りましょう(^_^)v 

20170926151216 素敵な w1024 P1130648.jpg
 赤、黄、緑がとても綺麗です。

20170926151328 土留め w800 P1130652.jpg
 またまた土留めです。ここは左側が空いているので、そこから水が流れていったようです。
 このままでは左側から結構流出しそうですが.....(>_<)
 でも、これなんか上等な方です。先ほどのや、土留めがあっても水が溜まっている所、土留めも無くビチャビチャな所も(>_<)
 なので、始めて登る方や単に紅葉を楽しみたい方には、宮城側のイワカガミ平からの中央コースをお薦めします(^_^)v
 ただ、湿原や湖、火山も楽しむなら、絶対こちらをお薦め(*^_^*)

20170926151608 モコモコ w1280 P1130658.jpg
 登るときに見たモコモコ。
 モコモコは縦筋、紅葉は横筋。そこが面白いです(^_^)v
 稜線の右端に、山頂西に在った火山観測施設が写っています。なので、山頂は真ん中辺りのちょっと向こう側なのでしょう。

20170926151912 リンドウとか w1024 P1130661.jpg
 背が低いリンドウ。山頂付近のとは違い、蕾はあまり傷んではいないようです(^_^)v
 まあ、より低い位置ですからね。

20170926152056 もこもこ w1024 P1130663.jpg
 モコモコの向きが変わっています。頑張って下っている証拠(^_^;)

20170926152842 赤い実 w800 P1130668.jpg
 赤い実を見つけました。ナナカマドだと思います。
 赤い実といえば、霜が降りたら食べられるよと教えられた実があります。「ソゾミ」とか「ソゾメ」という実でした。
 そういえば、どこかでこの実の焼酎漬けを見たことがあります。とても素敵な赤色でした。まあ赤い焼酎を楽しむのでしょうけれど(^_^)v

20170926153330 昭和湖 w1024 P1130672.jpg
 急に視界が広がり、昭和湖が見えてきました。
 逆光です。右端は水洗トイレ(*^_^*)
 ネットで栗駒山の写真を見ていたら、この日、昭和湖を左上奥の稜線から撮影した写真を見つけました。天狗平から秣岳へ至るコースで撮ったものです。
 まさかこの辺りを高い所から撮影できるとは.....。ヨコミー、尚更秣岳コースを歩いてみたくなりました(*^_^*)

20170926153334 キラキラ w800 P1130673.jpg
 湖面が逆光でキラキラと輝いていましたので、拡大してみました。
 昭和湖到着は15時35分でした。この区間の標準的な所要時間は30分なので、10分のオーバー。まあ、写真もいっぱい撮ったしね(*^_^*)

 ヨコミーは暗くなっても、クマさん以外は大丈夫。月夜ですし(*^_^*) あっ、ちょっと冗談。
 先にも書きましたが、多少若いときは、夜山といって深夜に登り始め、山頂で北限の星を探したものです(^_^)v
 そしてヘッドランプは常備です。なのであの震災直後、まっ暗い避難所の中を自由に行動することが出来たのです。
 さっとした雨なら傘を被り、本降り前にカッパを着ます。寒くなったら1枚着足しカッパを着ます。食べ物もちょっとは有るし(^_^)v

 ところで皆さん、発光ダイオードを使った小さなヘッドランプを常備するといいです。
 小さな懐中電灯でも....と思われる方、ヘッドランプは両手が空くので便利ですよ(^_^)v
 地下鉄や地下道を利用する方、大きなビルで窓が無い職場で働く方、暗い夜道を歩かねばならない方、車で田舎道を走る方....、小さなやつでいいですから、是非持ちましょう(^_^)v

20170926154204 強者 w800 P1130685.jpg
 休んでいたら、今から山頂を目指すというお方に出会いました。
 日没まで1時間半余り。見れば強者らしいお方ですが、ちょっと心配(>_<)
 でも、ゆっくりヨコミーなので、なんと、温泉脇の登山口でまたお会いしました。 

20170926154222 尾根あるいた w1024 P1130688.jpg
 1つ前の写真の右上側です。
 地図を見れば、登山道はこの尾根の辺りかちょっと向こう側に在ります。

20170926154238 登り口左 w1024 P1130690.jpg
 天狗平へ行く登り口の左側です。木々がちょっと斜めなので、カメラが傾いている.....とは思わないでください。木々が傾いているのですから(^_^)v

20170926154310 昭和湖wc右奥 w1024 P1130692.jpg
 今度は背中側、先ほど見えたトイレの右奥です。
 ちょっと綺麗ですが、問題は左奥。一見水が流れているようですが、実は枯れて倒れた木が沢山(>_<)
 何で枯れて倒れたのでしょうか。ひょっとしてこちらにも火山性ガスが出ているのでしょうか(>_<)
 山歩きは面白いです。五感を十分に駆使し、たまにはいい加減な第六感も使い慎重に登る....(^_^;)

20170926155904 案内図 w1280 P1130701.jpg
 湖岸に立つ案内図です。
 太陽が傾き、時間はそろそろ16時です。荷物を背負って、お尻を上げなくては(^_^;)

20170926160036 昭和湖下り始め w800 P1130702.jpg
 という訳で、昭和湖を離れたのは16時丁度。直ぐの木道でパチリです。
 水溜まりに映っている空がとても青いです。比較できる範囲はとても狭いのですが、不思議です。偏光???
 ところで、湖水全面に星が映った写真を見たことが有ります。外国、ウニに似た名前の湖でしたが、調べたら南米ボリビアのウユニ塩湖でした。
 この水溜まりがもっと大きければ、そのような写真が撮れることでしょう。
 どこかの高山で、見通しがいい池を探したいなっ(*^_^*)
 
 なーんて思っていないで、サッサと下りましょう(^_^)v
 まだまだ先は長いです(>_<)
 つづく。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -