So-net無料ブログ作成

保育所建設に反対する方へ贈る言葉 20170208 [なんでだす !!???]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。

 昨日6日午後から降り出した雨は深夜には上がったようで、今朝起きたら、雲はあるものの「晴れ」でした。
 あっ、残念。明け方に見える本田・ムルコス・パジュサコバ彗星を見逃しました(T_T)
 まあ、寒気団が入って来ないためもあり、午前11時の外気温は7℃。
 植物を寒さから避難させている、玄関前の風除室は、なんと25℃。
 玄関内や2階ホールから鉢物を出していたら、汗が出そうでした。
 ばらつきは予想されるものの、もっと寒暖計は無かったかなぁと探したら、ちょっと古くなり、汚れてはいますが、これが見つかりました。

20170127 寺の温度計 h900 DSC07900.jpg
 市内鹿折に在る、曹洞宗のお寺から頂いた寒暖計です。
 見れば、さすがにお寺さん。いいことが書いてありました。
『子ども叱るな 来た道じゃ 年寄り嫌うな ゆく道じゃ 思いやりこそ 人の道』と(*^_^*)

 最近、住民の反対で保育所が建てられない....という問題が出て来ました。
 テレビのニュースで見ると、反対は殆どが年配の方。余生を静かに暮らしたいのでしょうね(^_^)
 そのお考え、ヨコミーにはちょっとは理解出来なくもないですが、ないですが.....。
 ん、でも、何でだす!???(~_~)
 かなり高齢な方は、ご自身は保育所的なところへ入らなかったかもしれませんが、お子さんを通わせた方が殆どでは?
 若めな高齢者の方は、殆どが保育所等へ通ったはず。ご自身のお子様だって。そして核家族化して、今は同居していないお孫様だって(^_^;)
 なのに、ほーんと、何でだす!!???????????????
 胸に手を当てて、静かに想い出してみましょう(*^_^*)

 保育所が賑やかなのは、一般的には午前中。多くは、午後はお昼寝。送迎で8時半前後と15時過ぎが賑やかな程度。
 のべつ幕無しで子供達が騒いでいる訳ではありません。そして日曜日はお休み。土曜日は半ドンだったり、お休みだったり。
 子供達の声が元気に聞こえるのは、お耳が老化していない証拠です。まだ若いと、自信を持ちましょう(*^_^*)

 そんなに、小さな子供の声が騒音と感じられるのなら、ヨコミーがいい解決方法をお伝えいたします。
 第一、『子は国の宝』とまで言われた時代もありましたし、これは人口減の現代にも言えることでもあり、そんなお子様に対して、あからさまに拒否する姿は、年寄りの身勝手としか社会に映りませんから、ここはひとつ、引いてはいかがでしょうか(*^_^*)
 そう、混雑した、多少なりとも都会地のお宅を売却して、気仙沼市へ移り住んでください。
 都会地の不動産なら、まだまだお高く売れるでしょう。そのお金で、気仙沼に住居を求めてください。こちらはお安いです(^_^;)
 ここは静かで、好き好んで保育所や学校へ近づかない限り、子供の声は聞こえません。
 細い町裏の一方通行の道を走っても、転がって来るボールも無ければ、飛び出す子供たちさえ居ません(>_<)
 大型商業施設では、各方面にバスを走らせていますし、市では通院するお年寄りのために、山間の地区から市街地まで、税金でバスを走らせています。
 後者のバスでは、通院後にスーパーへ寄り、大きな袋を下げたお年寄りの姿も見えます。
 もちろん、生協の宅配や、深夜でもやっているタクシー会社も有ります。
 人情に厚い港町。求めよ、さらば与えられん(^_^;)
 どうですか? 老後を静かに暮らしたい方にとって、まさに天国・極楽(*^_^*)
 皆さん、気仙沼で、お待ちしま~す(^_^)v
 うーん、気仙沼市の介護保険会計が赤字にならないよう、健康づくりにだけは必ずご協力願いますm(_ _)m

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0