So-net無料ブログ作成

イワシのカレー缶詰 20170221 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日23日未明から降り続いた小雨は、しつこく、夕方まで降っていました。
 そう、雪ではなく、「雨」なのです。
 ヨコミー、気象予報士ではありませんが、今年はより暑い夏になるのでは....と心配しています。
 
 夕方から、ところどころに星がが見えてきたのに、また雨が降ってきました。
 でもどうせ、今夜は工事の説明会が有り、夕方の彗星は撮影出来ませんでした(>_<)

20170221124258 カレー w800 DSC08877.jpg
 2月21日の昼食は、自宅でカレーライスでした。あっ、食べ始まってからの撮影でした。すみませんm(_ _)m
 でも、何が、食事を中断させてまで、撮影したいと思わせたかといえば、
20170222134614 缶詰上部 w800 DSC08921.jpg
 そう、美味しいお魚のカレー「イワシカレー」だったのです。
 ヨコミーが生まれて初めて食べたカレーは、当然、お魚のカレー。
 実は、我が家は割と貧困生活で.....(^_^;)もあったのですが、実は調理する母は肉が全くダメなのです。
 まあ、昔人です(*^_^*)
 母の父は農業で、他に炭焼きをしていたのでしょうけれど、罠を作って捕らえ、ウサギや鹿鍋を食べたような話は聞きません。
 もちろん、牛乳もダメでした。
 そんな母ですが、公民館の食生活改善講座ででも覚えたか、ヨコミーが小さな頃にはお魚カレーがありました。
 魚は、サンマ、サバ、カツオ、メカジキなど、頂いた生魚の他に、サンマやサバの缶詰。
 そして、使うのはヱスビーのカレー粉(*^_^*)
 母は上手な料理人じゃないので、ときには緩いカレーがあったり、ぼたぼたのカレーだったり(^_^;)
 味が薄いときには、薄・足す・ソースならぬ、ウスターソースで補完(*^_^*)
 なので、ヨコミーがソースといえば、当然、ウスターでした。

20170222134634 缶詰前面 w800 DSC08922.jpg
 その昔のヨコミー家では、外食なんてものは全く無く、肉入りカレーを食べたのは、確か気仙沼高校の学食で(^_^;) まあ、小遣いは少ないので、ほんの時々。
 高校の「星」の先輩・大矢さんちでも頂いたような(^_^;)
 ヨコミーが高卒で働き出してから、時折、肉(ブタです)入りカレーが食卓に上るようになりましが、そのときの味見は、ヨコミー(^_^;)
 それから何年も経ち、母は食べると胸焼けがするから....といって、魚のカレーは作らなくなりました。
 市販のカレールーから出来た、あの、ごてごてした、いかにもしょっぱそう(塩辛そう)な色をしたカレーを見ると、母がヱスビーのカレー粉から作った、明るい黄色のカレーに勝るものはないと、いつも思うのです(*^_^*)

20170222134710 製造 w800 DSC08923.jpg
 で、このイワシカレー。開缶して鍋で暖めようとしたら、なんか量が少ない感じ。
 改めて表示を見たら、他のレトルトカレーより、それでも10g多いのです。
 うーん、不思議だなぁ....と思ったら、レトルトカレーでは感じない、肉に相当する魚肉が大きいのですね(*^_^*) だから、逆にルーが気持ち、少なめに見えたのです。
 カレーは多めに掛けたいヨコミー、急遽、水増し作業に取りかかりました(^_^;)
 (このままの量で、普通の方は美味しく食べられると思いますが、あくまでも個人の好みです(*^_^*)
 野菜を薄く切ってフライパンに入れ、ひたひたの水で煮ます。
 小麦粉は小さな器で溶き、暖め始めたカレーの鍋へ。
 そして、多少軟らかくなった野菜を追加し、ヱスビーのカレー粉も入れます。
 そう、塩は追加しません。
 超とろ火で30分以上もやっていたものですから、食べ始まるのが遅くなってしまいました(^_^;)
 ようやく食べたら、懐かしい母の味がしました(*^_^*)
 母は、イワシのカレーも作っていたのですね。
 美味しかった。ごちそうさま(^_^)v
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0