So-net無料ブログ作成

ニューイヤー花火そして初日の出 気仙沼市日門海岸 20190110 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 昨日1月9日から、とても強い季節風が吹いています。家の裏で床暖ボイラーの素人修理に取り組んでいますが、強い風にめげ、漏れている不凍液の補充のみに(>_<)
 強い風は今日も吹き、仕方無いので夕方近くまで様子を見、やや収まったのでボイラーを開けてみました。今度は太いゴム管接続部から漏れているようです。
 簡単に交換出来そうなものですが、床暖の不凍液は仕組み上屋根裏まで行っているので、ヘタするとゴム管交換時に不凍液が全て抜けそうです。まあ「全て」ではなく、一部かも知れませんが。

 もし多くが抜けた場合、高い所までどのようにして不凍液を送るのか、素人には不詳なので、とりあえずホースバンドをややずらして締め直したのです。
 ボイラーのスイッチを入れたら、漏れていた不凍液が止まったように見えたのですが、時間を置いて見たらやはり漏れていました(>_<)
 ただ、漏れる量が幾分少なくなった気がするので、今日は時間切れとして、明日に持ち越しました(^_^;) 
 今夜はまた強い風が吹き出しました(>_<)

201901010005 日門海岸ニューイヤー花火 w1024 DSC_3062.jpg
 12月31日から2019年の1月1日になったとたん、そう午前零時、近くの日門(ひかど)海岸でニューイヤー花火大会が行われました。
 2018年元日未明の花火は、予算の都合か、始まったのを家の外で見て、すぐカメラを取りに行ったら終わってしまいました(>_<)

201901010008 ニューイヤー花火 w1024 DSC_3075.jpg
 その反省か、2019年は多くの資金が集まったようで、見応えのある花火大会でした。
 それにしてもヨコミーの写真は下手でした(>_<) もっと上手く撮影したものですが...m(_ _)m

201901010651 水平線 w1024 DSC_3109.jpg 
 明るくなってきた元日の6時半に起床し、里帰りしていた娘を伴い、日門海岸へ行きました。
 午前6時51分の撮影です。水平線には分厚い雲が在り、タコ坊主のような日の出は見られないようです。
 写真下、やや左の海に、黒く小さな人影があるのが分かるでしょうか。右側の人はボートに乗っているように何とか見えます。ところが左の人は船が見えません。海に立っているように見えますが、大きなサーフボードに載っているか、シーカャック?? 左の方へ進んで行きました。
 
201901010658 初日の出 w1024 DSC_3129.jpg
 6時58分の撮影です。太陽は既に水平線上ですが、やはり分厚い雲の中(>_<)
 今年も残念です。

201901010706 日門漁港 W1024 DSC_3150.jpg
 新春を迎えた日門漁港です。確かメカジキの突きん棒漁基地。手前の島はウミネコがいっぱい。岸から堤防伝いに行けます。

201901010707 日門海岸初日の出 W1024 DSC_3153.jpg
 太陽が雲の上に出ました。

201901010709 日門海岸初日の出 h1024 DSC_3160.jpg
 日の出は、縦位置でも好きです。海面のギラギラが(^_^;)

 老母(ヨコミー語では「ろうはは」と読みます)はだいぶ弱りました。介護する2人の身も弱りました(>_<)
 母が弱ったのは足腰、そして手指。ここ1か月、急激に(>_<)
 以前は事務椅子改造(^_^;)の歩行器で、前が見えない程に腰を曲げ、適当に進んでいました。もちろん、船頭は付きます(^_^;)
 それが少しずつ歩けなくなり、車椅子を介護保険で借りました。それでは弱ってしまうばかりなので、いやがる老母を事務椅子改造歩行器にすがらせるのですが、腰から崩れてしまい、仕方無いので椅子に乗せて移動させます。乗せるのが大変(>_<)

 車椅子でもそうなのですが、足腰が弱っているので乗り降りが大変なのです(>_<)
 車椅子を使っても、自分で乗り降りは出来ず、大きな力で介助が必要です。老母は何かに掴まって立つことが出来ません。
 肩や腰を痛めているヨコミー、力の無い我が奥様・オリュウさんでは、大変(>_<)
 老母も、最近では屍を病んで(骨身を惜しんで)ベッドで喰うと宣う(>_<)
 それでは本当に寝たきりと成り、老母のためにも、もちろん介護する身のためにもと、茶の間の椅子に連れて来るのです。

 ところが茶の間のテーブルが低く、車椅子では食べられないことから、茶の間の回転椅子へ乗せ替えるのですが、これも難儀(>_<)
 無事に乗せ替えても、老母はお尻だけが丈夫なようで、少しずつ前にずらしながら椅子の上を進み、いつかはコタツに滑り落ちそうに成り、2人掛かりで引き上げました(>_<)
 今夜も、滑り落ちるから嫌だと駄々をこねるので、ヨコミーのベルトで老母と椅子を一緒に締め、滑り落ちないようにしたのですが、それでも滑るから嫌だとベルトを理解しません(>_<)

 老母は嘆いて、いつものように「オレを殺せー」と叫びます(>_<) まあ身体が不自由なので、もう生きていたくないようです(T_T)
 ヨコミーは親孝行息子なので、「では、死んで頂きます」と言いたいところだけど、いくら母の願いでも聞き届けることは出来ません。殺人罪(>_<) 
 どうやったら、老母は苦しみから抜け出ることが出来るのでしょうか? 死を選ぶ気持ちは分かります。親孝行しましょうか!??

 でも「息子を母親殺しにする気かぁ!! 勝手に死ね~」と言ってやります。まあ、いつもの親子喧嘩(^_^;)
 悲しいかな、老母は自分で死ぬことは出来ないでしょう。力が無い(>_<)
 あっ、でも、夜中にもお菓子を食べたり飴を舐める老母。なのでハサミが枕元にありました。
 そう、お菓子の個包装を千切る力さえ無いのでハサミなのですが、痛い思いをさせないよう、明朝にもハサミは回収しましょう(^_^)v

 おっと話が反れました(^_^;) 
 それで、母を納得させるために裏の倉庫へ行き、縄を綯うところでしたが、綯うのも手間だし、老母を待たせても悪いので、太めのポリロープを適宜切り、茶の間に戻って母の腰を、母に見えるように椅子に縛ってあげました(^_^)v
 すると納得したかのように食べ始めたのですが、途中でぐずり、食べ終えないままで終了。明日からは全部ベッドで食べると(>_<)
 手も足も不調で、口だけは自覚の無い一丁前なのですが、身体の動きが少ないベッドでは本当に寝たきりと成り、老母のためにもならないし、介護する身も大変だということを、全く分かっていない(>_<)
 
 身体が不自由に成り、自分で死ぬことさえ出来ない老母。
 その姿は何年か後のヨコミー.....!!??? これは恐ろしいことです(>_<)
 死にたいときに電話一本で、一定の痴呆になったらお約束で、公明正大にあの世へ送ってくれる、そんなシステムは出来ないものでしょうか??
 ビジネスをお考えの方、起業してみませんか(^_^)v
   
 『 泣きながら 老母縛る 縄を綯い 』 親孝行のため、いつか、本当に綯うようでしょうか(>_<)
nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 22

コメント 2

ぼんさん

確かに日の出の写真は海面のギラギラも綺麗なので縦位置のお写真も素敵ですね(^_^)
by ぼんさん (2019-01-13 07:13) 

yokomi

 こんにちは、「ぼんさん」さん。ありがとうございますm(_ _)m
 写真は全く、美術は高校の授業でちょっとやっただけの不勉強ですが、とりあえず記録しないと素敵な光景が消えてしまうので、多分芸術性を問われにくい「記録派」を称して撮影しています(^_^;)
 でも最近多忙で、写真整理が進みません。表に出さないのなら、記録する意味が無くなる!??
 頑張って作業も進めたいと思います(^_^)v
by yokomi (2019-01-13 21:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。