So-net無料ブログ作成

三陸道津谷・大谷間開通間近 地域危険箇所点検編 20190113 [東日本大震災]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 いつの間にか強い風のシーズンとなったようで、2月4日は大変な風に迷惑しました(>_<)
 そうでなくてもここは大凡西寄りの風が多く、風上となる三陸道の工事現場からは、ここ1か月ほど、臭いアスファルトの臭いが流れてきます。
 保健所はこんな時に機能しているのでしょうか?? それとも公共事業は対象外???(^_^;)
 大谷海岸IC付近の三陸道は、東日本大震災前から工事が進められていて、震災後、震災復旧工事の一環となり工事に拍車が掛かりました。
 気仙沼中央ICから大谷海岸IC間は昨春開通済み。その11か月後の今年2月16日、大谷海岸から本吉津谷IC間が開通する予定で、多くは土曜日や日曜日も、時には本線や風の丘西側のランプまで通行止めして、深夜に工事をしています。

 それにしてもこの三陸道工事は、周辺に迷惑を掛けるのに、地域とのやりとりが不足していると思います。当初は具体像が描けませんでした。当初の説明会では資料も無く、その後にそんなチラシも来ないし。
 いつぞやは、国道に掲げられていた工事説明の看板地図に、地域の自治会長も聞かされていない新道が描かれていました。
 通行規制を伴う工事等のチラシは来るものの、それがどれほど大きな騒音で、粉塵をいつ頃に出すとかの説明はありません。現場は生きているのでしょうけれど、いつの真夜中とか予定でも知りたかった。
 今後、公共工事が予定されている地域の皆さんは、十分に注意してください。帰宅したら車のフロントガラスに土埃が溜まっていたり、深夜まで凄い騒音や空気振動に悩まされるかも知れません。
 工事が終わったら危険箇所が出来るかも!! こちらは出来ていました(>_<)
 分からないことは具体的に描けるまで徹底的に聞き、地域が公共工事の被害に遭わないよう、カイゼンを存分にお願いしましょう(^_^)v
 遅まきながら風の丘でも取り組んでいて、近々危険や不便な箇所の点検を行うこととしています。
 とりあえずヨコミーが、その事前調査に出掛けました。まっ、ぶらりカメラ散歩(^_^;) 1月13日、3連休中日のことです。

201901131518 本線の下 w1024 P1380155.jpg
 風の丘の市道を北に進んで下り、本線下の隧道(トンネル)を潜って側道を西進。インター中心やや西に、既に在った生活道の代替として出来た隧道を潜ります(^_^)v
 元々はここに生活道が在ったのです。それを高速道路がやって来て...。日門(ひかど)地区3班の皆様方も苦労しました。工事車両の頻繁な通行、騒音、粉塵。更には迂回路を切り替えられて、変な道になったり...。今でもその影響が在ります。
 市民の推進団体として、まっ、ヨコミーに言わせれば行政の傀儡というか官製談合モノの団体ですが、推進の旗を振って頂いたおかげが、この結果です。
 私たちは、そんな方々からも見捨てられたのでしょうか。いつかお会いしたら、詰ってやりましょう(^_^;)
 関わったどっかのオバチャンや皆さん、半端な仕事はしないようにしましょう(^_^)v

201901131519 45号方向 w1024 P1380158.jpg
 隧道を抜けました。
 奥の丘の裏は太平洋。丘の手前に白く横に伸びているのが国道の擁壁で、その下に45号が通っています。中央付近がインターへの出入口となる交差点。
 東日本大震災による大津波はその丘の両側から押し寄せ、国道を乗り越え、こちら側までやって来たのです。
 なのに国道は殆ど嵩上げせず、もちろん海側には防潮堤も全く作らず、ここで高速道と国道を結んでしまいました。多分、震災前の当初計画の通りかと。
 あの、大津波の被害が活かされていない....。ヨコミーは残念です(>_<)
 あっ、議事進行(^_^;)

201901131518 立ち入り禁止 w1024 P1380157.jpg
 隧道を出て右手を見たら、工事に使った所なのでしょうけれど、立入禁止となっています。

201901131519 新たな坂道 w1024 P1380161.jpg
 ちょっとだけ先の左手を見たら、なんと新たな道が在りました。
 以前、この辺は散歩コースでしたが、工事車両が土煙を上げで頻繁に通うので、暫く敬遠していました。
 幸いにここは立入禁止にはなっていないので、登ってみましょう(^_^)v

201901131520 本線見えて w1024 P1380167.jpg
 直ぐ左へ曲がり、正面上に本線の上り車線(路肩)が見えてきました。

201901131520 上り線へ w1024 P1380168.jpg
 その左続きです。形は出来ていますね。
 法面の色が変わった所は、草の種でも吹き付けたのでしょうか。

201901131520 降雨サテン部 w1024 P1380169.jpg
 反対側を見てみました。
 左の本線は気仙沼中央ICを目指して伸びています。奥に見えている、こちらへ下る道は、本線の上り車線から国道へ下りるランプ。
 気仙沼へ向かう本線の下り車線へは、中央付近の交差部から本線下の隧道を通って行きます。隧道を作ったばかりの頃は、暫く広く水が溜まっていて、釣り堀にでもしたいくらいでした(^_^;)

201901131522 登り途中からの左 w1024 P1380173.jpg
 今歩いている道(上り車線へ向かうランプ)を更に登り、振り返ってパチリ。
 生活道(市道)の隧道を出て登り始めた所は、中央やや右下。
 奥に見えているのは風の丘の家々。 

201901131522 登り途中から海 w1024 P1380171.jpg
 右続きです。左やや上に、高速を下りて国道の信号待ちで止まっている車が見えます。
 どうですか? 風の丘は陽当たり良好、風当たりは最上級(>_<) 高速からの騒音もばっちりです(T_T)


201901131523 登り上手 w1024 P1380175.jpg
 そろそろ上り車線と合流しそうですが、まだまだ(>_<) 疲れます(^_^;) 因みに、吹いているのは冷たい海風。

201901131524 合流部手前 w1024 P1380179.jpg
 本線上に、お休み中の工事車両が見えてきました。ローラー、伸すやつです。左が仙台方向。

201901131524 気仙沼方面 w1024 P1380181.jpg
 そこから気仙沼側を振り返ってみました。板が斜めに続いているのが本線です。
 右奥、遠くにちょっとだけ見える山が、気仙沼の大島に在る亀山です。

201901131525 もうすぐ合流部 w1024 P1380185.jpg
 上り車線へ乗るランプを歩いていまする。ようやく合流部です。右が本線車道。
 ここから右へ横断します(^_^)v

201901131526 九多ダリ車線 w1024 P1380186.jpg
 写真右外側から上り車線を越え、下り車線の上から気仙沼中央へ向かう本線をパチリ。
 左上は日門地区3班の家々。開通の前は工事の騒音粉塵他で、開通後は車両走行音で悩まされ続けることでしょう。右手の風の丘も同様。
 行政や業界の手先となって旗を振った方々、あなた方はこのようなご迷惑を望んでいたのでしょうか。違うのなら、もっとしっかりとやってください(>_<)
 それが「既に見捨てたのさ」と言われたら、さあ大変(^_^;) いまからでもムシロを編み、旗揚げしましょう(^_^)v
 なぁーんてやっていると、そのうち「国家反逆罪」で掴まってしまう、そんな「美しい国」の世の中になるかも知れませんよ(^_^;)
 そちらの方にも、皆さん注意を背けないでおきましょうね(^_^)v
 つづく予定(^_^;)

nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:ニュース

nice! 25

コメント 2

tarou

お早うございます、吾妻山ハイキングに
コメントを有難うございました。
北風が当てない、南側の斜面に
菜の花畑が有ります。

震災の後まだ出掛けていません、
テレビ報道が少なくなり、
状況が分かっていませんでしたが、
まだまだ、復興は続いているんですね。
by tarou (2019-02-10 09:46) 

yokomi

 こんにちは、tarouさん。ありがとうございますm(_ _)m  この時期に菜の花なんて、ほんと、羨ましいです。  気仙沼は割と雪が多い時期となりました。暖冬予報でしたが、結構寒い日が続いています。出来れば暖かな、多少でも南の地域に移住したいものです(^_^;)  気仙沼に今まで無いような高層の災害公営住宅がそびえていますが、市内に完成した集団移転の団地では住宅の完成が9割となりました。逆に未だ1割の方々が自宅を再建出来ずにいます。そして、仮設住宅には未だ何世帯も入っています。  家内工業的な製造業はどうなっているんだろう。目立ちません。  本当の復旧・復興は、まだまだ先のことになりそうです。
by yokomi (2019-02-12 16:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。