So-net無料ブログ作成

初夏の八幡平 下山編 20190610 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 
 東北南部が梅雨入りし、遅れて北部も梅雨入りの発表が有ったのですが、梅雨とはちょっと違う天気の崩れ方なので、なんだべねぇ....と思っていたのですが、どうやら気仙沼もようやく、本当の梅雨入りとなりそうで、明日からは梅雨らしい予報が出ています。嫌な時節になりました。(^_^;)

 さて、6月10日、岩手・秋田の両県に跨がる八幡平へ行って来ました。八幡平といえば、ヨコミー家の子ども達が小さい頃、5月の連休には、安い健保関連の宿泊とセットの定番で訪れていましたが、子ども達は大きくなり、もう10年以上、いやもっと行っていませんでした(>_<)
 今回は、既報のドラゴンアイを見たついでに、雪が残る遊歩道を歩き、山頂を目指しました。その山頂から下山の様子をお知らせします。

201906101206 山頂 w1024 P1500757.jpg
 ようやく....というほどでもないのですが、山頂到着です。標高1613mです。展望台へ上ってみます(^_^)v

201906101207 来た方向 w1024 P1500761.jpg
 こちらが今来た方向です。この辺りで見掛ける登山客は、なんと女性が格段に多いです。人生を積み重ねた....(^_^)v 観光の範囲で登るという方と山ガールか(^_^;)
 コースとしては登山道というより遊歩道感覚。そんなお手軽な所が受けているのでしょうね。

201906101207 秋田側 w1024 P1500763.jpg
 秋田県側です。周囲には、なだらかな所が、割とあちこちに見えます。

201906101208 こっちへ w1024 P1500767.jpg
 同じ所は戻らず、これから進む方向がこちら。多少、雪が残っています。この先にガマ沼、見返峠があります。

201906101215 残雪 w1024 P1500781.jpg
 なだらかな残雪の上。長靴でも歩きにくかった(>_<) 
 ここを越えた所で、向こう側から来たおばあちゃんに会いました。「防水」とは言っていたけど、スニーカーみたいな靴なので、足は濡れなかったかな....(>_<)
 高さが低い靴なら、短いやつでも良いからスパッツを携行したいですね(^_^)v

201906101219 ガマ沼と w1024 P1500792.jpg
 ガマ沼です。左手前はミネザクラかと。
 地図で見たら、ドラゴンアイはこの裏側でした。

201906101218 ガマ沼崩落 w1024 P1500788.jpg
 雪が湖水に崩れ落ちています。

201906101219 さくら w1024 P1500793.jpg
 ミネザクラのアップです。

201906101222 ガマ沼と w1024 P1500802.jpg
 下手を見てみました。右がガマ沼、左は八幡沼。
 なんとここにも、中国人観光客がどどっと来ました(>_<)

201906101225 案内図 w1024 P1500808.jpg
 案内図です。
 先程も見ているのですが、所要時間の書き方が理解出来ません。鏡沼の下に書いている20分とは、下の分岐から? もっと下の登山口から? 更にはどこまで? 鏡沼まで? 蒸ノ湯への分岐まで?? 山頂まで??? 
 また八幡沼の北に在る陵雲荘の左下に書かれている15分とは、「現在地」下の分岐から陵雲荘まで? それとも源太森への分岐まで?? 岐路間も大切だけど、鏡沼などの主要な見所や大切なトイレ等でも区切り、必要時間を示すべきかと。
 この図では自分が分からないし、他人から聞かれても正しく説明出来ません(>_<)
 そして、タイトルは英語、中国語、韓国語で書かれているのに、時間が「分」とは...(>_<) 

 あっ、忘れていました。この先に在る見返峠にトイレが有りました。なのに、載っていない...(>_<)
 振り返ってみたら、登山口に在る案内図にのみ、「見返峠のトイレは現在使えません」と書いてありました。小さく日本語で。前回の記事参照(>_<)
 閉鎖しているので他の案内図からは消しているのかな....と思ったら、ドラゴンアイの表示が有った案内図には使えないの註記は無く、単に載っていました。これも前回の記事参照(^_^;)
 ここガマ沼に在る案内図にも、現地・見返峠に立っている案内図にも、トイレの存在自体、その記載は有りません。何だべねぇ....(>_<)
 でも、折角山頂までのルート上に在るのだから、使えるようにして欲しい(>_<)
 こう観光客が多いと、雉打ちやお花摘みは大変かと(^_^;)

 これじゃ、「インバウンド、インバウンド...」と有り難がって叫んでいる割りには、何だべねぇ。中で何が弾むのか、分がんねーけんと(^_^;) 監修or校閲する人は居ねぇのかな(>_<)
 まあ記号は、右に凡例があるので、それはそれで良し(^_^)v

201906101229 沼2つの説明 w1024 P1500823.jpg
 タイトルはガマ沼とありますが、中身は2つの沼の説明かと。でも、立っているのはガマ沼側。
 ガマ沼だけを書くか、タイトルを「八幡沼とガマ沼」とでも改めた方がいいかと(^_^)v

201906101228 八幡沼 w1024 P1500810.jpg
 進行方向左手(東側)に見える八幡沼です。沼の左手に見えるのが陵雲荘らしいのですが、そこまで15分? 沼の奥、源太森への分岐まで15分?? 時間が有れば回ってみたいのですが、所要時間がはっきりしません。なので諦め....(>_<)
 沼の中、手前に何か不思議な線状のモノが....。

201906101229 八幡沼手前 w1024 P1500822.jpg
 水没しているという火口の内、一番手前に在る火口の、向こう側のヘリに、覆っていた雪が解けて沈み、上の雪が残っている姿....か。
 まさか手前のヘリから、どどっと崩れ落ちていった雪が、勢いで湖面を向こう側へ流されている????
 出来れば毎日でも観察したいヨコミーなのでした(^_^)v

201906101239 見返り峠 w1024 P1500841.jpg
 2つの沼を見て緩く登ると、まもなく見返峠です。真ん中の建物がトイレです。

201906101240 案内図 w1024 P1500846.jpg
 またまた同じような案内図ですみません。「現在地」の標記のため、トイレの文字が隠れているのでしょうか?? 
 もちろん、ガマ沼付近に在った案内図には載っていませんでしたよね(>_<)

201906101240 右へ w1024 P1500844.jpg
 見返峠の展望所。正面へ進むと良い景色(^_^)v 右に行けば登山口、左へ行けばトイレの前を通って、先程見た八幡沼の向こう側へ出ます。
 ここのトイレは未チェックでした(>_<) 用も足さないのに入ったら、不審者に間違えられそう(^_^;)

201906101241 2つのチュ車上 w1024 P1500849.jpg
 その展望所からの景色。左はヨコミーが停めた無料駐車場。ヨコミー車は2列の内の向こう側、左から3台目の白色。
 右奥は、登山口向かいに在るレストハウスの有料駐車場です。その向こうにそびえるのが畚岳(もっこだけ。標高1578m)。

201906101248 宿 w1024 P1500855.jpg
 前の写真で、ヨコミー車左上(奥)にちょっと見えていた宿・藤七温泉の彩雲荘です。
 最近は入っていませんが、以前、ここの露天風呂から八幡平がすっかり見えました 男の露天風呂(^_^)v 女の露天風呂は不詳(^_^;)
 近くにはその昔、県営の国民宿舎蓬莱荘が在り、安く泊まったものです。夏でも涼しく、天の川が綺麗でした。今は....(>_<)

201906101251 下近し w1024 P1500859.jpg
 登山口へと下って行きますが、割と急な下り坂も(>_<) ということは、このコースを上ると最初は辛いかな....(^_^;)
 畚岳は左。

201906101251 畚岳 w1024 P1500860.jpg
 畚岳の拡大です。先程から、山頂左側に何やら白い陰が見えないようで見えていたので、気になっていました。
 この日持参したカメラのズームレンズは、「より広く山を撮るんだべがら...」と、望遠側よりは広角側に重心を置いた24mm~100mm相当のレンズで、望遠側にはちょっと弱いです。
 でも、拡大してみれば、東斜面に残っている残雪のようです(^_^)v 北斜面には雪は見えません。春の雪は東から降るため??

201906101253 駐車場が w1024 P1500864.jpg
 駐車場が見えてきました。ここは秋田県側駐車場で、バスプールになっているようです。なので、マイカーは岩手県側へ。
 バスの向こうに見える道は、右手に見える明るい緑の木の裏辺りで左へカーブし、真ん中に見える丘の向こう側を下って藤七温泉や松川温泉、八幡平温泉郷へと続きます。アスピーテラインで登ってきたら、岐路はこちらという手もあります(^_^)v

201906101254 鏡沼分岐 w1024 P1500866.jpg
 ちょっとだけ下ったら、右に登る分岐が在りました。登ってきた時に、ようやくドラゴンアイの表示が有った、また見返峠にトイレの標記が有った案内板の所。ようやく一周です(^_^)v
 この女性は相方ではありません。すみません。後ろ姿を拝借しましたm(_ _)m 今日は気軽な独り旅なのです(^_^)v
 さあ、更に下ります。左へ。

201906101257 山野草 w1024 P1500871.jpg
 可憐な花。イワカガミじゃないような...。蘭系? 超初心者にはワカラン(^_^;)

201906101258 毒草 w1024 P1500876.jpg
 これを撮影していた方が居たので聞いたら、毒草トリカブトだと(>_<)
 でも、葉の切り込みに幅が少なく、花もそろそろ咲きそうなので、トリカブトじゃなく、ニリンソウ??? 自宅では、頂き物ですが、似た葉っぱのやつは、白い花が咲いています(^_^)v
 まあここは、国立公園内のため採取は出来ないので、結果的に食べられないものについての探求は、これで終わり。でも何だべねぇ(^_^;)

201906101308 有料から上 w1280 P1500907.jpg
 やっと下山し、トイレを終えてレストハウスから山頂方向をパチリ。
 左に居る男性の陰になっている辺りが登山口。右手に在る建物の上に見える稜線に、小さな三角屋根が見えます。これは見返峠のトイレです。こんな位置関係(^_^)v
 
201906101310 見返り峠のPR w1280 P1500914.jpg
 駐車場の東端に、見返峠から見える景色や植物の案内が有りました。中央やや左上の高山は岩手山。

201906101311 水芭蕉 W1024 P1500922.jpg
 駐車場端の柵から下を見たら、ミスバショウの群落が(^_^)v これ以上アップは出来ません(>_<)

201906101312 見返り峠下 w1024 P1500926.jpg
 さあ、右下の無料駐車場までもうひと息。これにて下山編はお終い(^_^)v 
 ありがとうございますm(_ _)m

 案内図の「分」や、分かりにくい所要時間標記、トイレの有無と使用の可否ですが、頼む方がこのような仕様で、看板業者さんへ頼んだのでしょうけれど、実際に製作する業者さんは、片手落ち(4本の手落ち(^_^;)だと気付かないのでしょうか。
 もちろん頼み方が悪いのでしょうが、製作現場からのフィードバックがあっても良いですね。
 そう、いつか書いた工法の騒音・粉塵も同様に(^_^)v

 ヨコミー、過日地元の三陸印刷さんにチラシをお願いした時、校正中に正午を挟んでの時間変更が有り、時間も無かったのでちょちょっと直して校正を渡したら、担当さんが「ヨコミー、この直し方はこう書くのが正しいんじゃ?」と突っ込み(>_<) 
 昔、ミニコミ誌の校正もしていた身としては、ちょっと恥ずかしいご指摘を得て、何とか無事に正しいチラシを世に出すことが出来ました。
 ヨコミー、担当さんはさすがにプロだなぁ....と感心。それに引き替えヨコミーは未だ未熟だなぁ....(>_<)
 まあ、こっちはプロじゃないんで、お許しを(^_^;)
 では、また(^_^)v
 
nice!(37)  コメント(8) 

nice! 37

コメント 8

モリガメ

コメントありがとうございました。
震災前に気仙沼の魚市場の取材に行ったことがあります。早朝山積みされたサメを目にしたり、マイナス60度の冷凍庫に入らせていただいたりもしました。暑い日で外との温度差が90度もありました。取材の後港で釣りしたり、友だちに教わった寿司屋さんで「もうかの星」(サメの心臓)やマンボウの刺身をいただいたりしました。海に近いので一帯は津波被害にあったことでしょうね。魚市場が津波に襲われる映像を目にする度に、お目にかかった人たちに被災された方もいたのではと気になります。
by モリガメ (2019-06-20 07:45) 

ぼんぼちぼちぼち

ガマ沼、覚えやすい名前の沼でやすね。
まだあちこちに雪が残っているのでやすね。
by ぼんぼちぼちぼち (2019-06-20 16:51) 

yokomi

 こんにちは、モリガメさん。ありがとうございますm(_ _)m
 あっ、気仙沼に来られましたね(^_^)v 気仙沼のお寿司屋さんは、多分1店舗を除き、多かれ少なかれ被災したと思います。ヨコミー奥様ごひいきの店はご主人を含めて3人流され、そのまま(>_<) 風の丘に自宅が在ったお店は、再建を諦めました。
 当時魚市場直ぐ向かいに勤めていた同級生は、石油基地のタンクが流されてきたので市場を諦め、会社の仲間と濡れながら、私が手伝っていた高台の避難所まで上がってきました。結果的に魚市場屋上に避難した人たちは助かったのですが、海面に浮いた重油が赤々と燃え、生きた心地がしなかったと、魚市場の方から聞いたことがあります。
 いろんな方が居ました。自宅の階段で旦那の手を握っていたそうだけど、津波の力が強くて手を離してしまい、旦那を失った奥さん。
 渋滞した交差点で止まっていた車。とっさの判断で対向車線を走って高台に逃げ、間一髪で助かったおっちゃん。
 避難が長期にわたると判断し、車に布団を積んでいたおっちゃん一家は、渋滞に巻き込まれ、学校に行っていて助かった2人の子供を除いて皆帰らぬ人に....。
 我が娘が習っていたお習字の先生は夫婦2人暮らし。小柄で運転免許は無し。奥さんは太っていて病気のため足は不自由。タクシーで通院していたようですが、避難に使えるタクシーは無く、夫婦の居ない葬儀でした。
 どなたも、万が一の時はどうするか、実際にあったケースの危機レベルを上げて、職場で、家族で話し合って欲しいものです。合掌。
by yokomi (2019-06-20 22:58) 

yokomi

 こんにちは、 ぼんぼちぼちぼちさん。ありがとうございますm(_ _)m
 ガマ沼ですが、がま口のように開いているからガマ沼....だとネットで見たのですが、カエルの仲間・ガマに由来するがま口という言葉が出来たのは近世のことかと。
 どこかに有った書き物で、多くは閉じられているモノの中に有る空間を、こちらでは「ガマ」ということから、この名が付けられた....と書いて有りました。スイカで中の空間が多いやつは「ガマだっちゃ~」とガックリ(>_<)
 ヨコミーは後者の説を採用したいのですが、昔は湖水が抜けてガマになることが多かったのかなぁ???
 ちなみに、ガマガエルは居ないとのこと(^_^;) 
 空気が美味しい気がします。いつか訪れてみてください(^_^)v
by yokomi (2019-06-20 23:26) 

tarou

お早うございます、(草津温泉)昼の湯畑に
コメントを有難うございました。
湯の多さと温度には驚かされました。

初夏の八幡平、雪が残り綺麗ですね(^_^)v
体力が有ったら自分の足で歩きたいですが
写真で我慢です。
素敵な写真をありがとう!!

by tarou (2019-06-21 08:44) 

yokomi

 こんにちは、tarouさん。著名な温泉にはなかなかご縁がありません(>_<) なんとか行ってみたいものです(^_^)v
 八幡平は、ヨコミーが回ったように、鏡沼を経由する右回りが楽かと。遊歩道ですから、体力要りません(^_^;) よーく、景色も楽しまず、わっせ、わっせと登る方が居ますが、カメラであちこち撮っているとどうしてもゆっくりとなり、撮り進むといつの間にか山頂でした。
 山頂直下の登山口・駐車場までバス便もあり、小さな小山の散策感覚で楽しめます。いつか行ってみてください(^_^)v
by yokomi (2019-06-21 16:33) 

drumusuko

八幡平もこの時期は、結構雪が多いですね!
高山植物はこれからなんでしょうね。イワカガミみたいな植物は、ショウジョウバカマだと思います。
by drumusuko (2019-06-22 16:53) 

yokomi

 こんにちは、drumusukoさん。ありがとうございますm(_ _)m
 そしてショウジョウバカマとの解を頂き、重ねて御礼申し上げますm(_ _)m
 ヨコミー、見ての通り植物には疎いです(>_<) 「好き」という気持ちが半端なんでしょうね。まあ、気(木)が多い材木屋でもありますし(^_^;)
 これから不明な山野草がありましたなら、drumusukoさんのブログにSOSを書き込もうかなぁ....(^_^)v
by yokomi (2019-06-23 21:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。