So-net無料ブログ作成

地獄谷~昭和湖真上 錦秋の栗駒山 ブログ上登山会その2 20170926 [観味良好]

                ※10月1日14時30分、「剣岳」について修正して加筆。
 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日9月30日は、朝から晴れて空気が乾燥していたので、メインの望遠鏡やザック、寝袋も干しました。
 でも昼食後辺りから急に暗くなり、心配して外に出たら、既に小雨がパラパラと....(>_<)
 まあ、当たった雨は少量でしたので、洗濯物は部屋干し、ザックなどは明日も干しましょう。

 9月26日に登った栗駒山の紅葉を、ブログの上での登山会として再現している続きです。
 でも、栗駒山の紅葉にとても興味を持たれて、登りたいと思った方は、このページはすぐ閉じて、次の行動に移って下さい。
 深夜にこのブログを見た方はすぐに寝て、明日に備えましょう。朝に見た方は、すぐに準備して出掛けましょう(^_^)v
 多分明日は好天に恵まれ、紅葉のための絶好な登山日和となることでしょう。
 須川温泉またはイワカガミ平から山頂までの紅葉を、十分に堪能できると思います。山頂の紅葉はそろそろピークを過ぎる頃。お急ぎ下さい(*^_^*)

 先ずはお約束の、皆さんの目にとまりやすい写真から(^_^;)
 ※写真はクリックすると大きくなります(^_^)v
20170926131030 天狗平 w1024 P1130428.jpg
 天狗平の紅葉です(*^_^*)
 須川温泉から昭和湖を経て登るコースは、名残ケ原からほぼ真南に向かっています。
 すると山頂から西へ伸びた尾根の天狗平へ着く訳ですが、ここは馬の背のようになっていて、平らで広いです。
 この天狗平を東側から狙ってみました。真ん中の施設は火山観測施設でした。
 残念ながら、今日のブログでもここには到着しません(>_<)

 さて、地道に下からの続きです。
20170926102948 地獄谷から山頂方向 w1024 P1130218.jpg
 地獄谷の標柱から少し登った辺りから、山頂方向を見てみました。
 右上の黒っぽい柱が山頂かと思ったら、これもまた火山観測施設でした。
 山頂はもっと左でした(>_<)

20170926103258 地獄谷下手沢水 w1024 P1130221.jpg
 また少し登って振り返り気味に地獄谷をパチリ。この辺り、河床にまだ水が有りますが、流れはほんの少し。

20170926103434 地獄谷 w1024 P1130222.jpg
 更にちょっと登った上手です。噴気が見えています。硫化水素ガスも出ているのでしょう。
 まあ、下りませんけど(^_^;)

20170926103534 地獄谷 w1024 P1130225.jpg
 地獄谷というか、沢の向かい側です。紅葉が綺麗(^_^)v

20170926104056 地獄谷下手方向 w1024 P1130230.jpg
 更に登って、お得意の振り返り撮影(^_^;)
 左端やや上の明るい緑は、名残ケ原の一部。

20170926104104 地獄谷沢底 w1024 P1130231.jpg
 地獄谷の河床です。この辺になると水の流れは無く、所々に水がちょっと貯まっているだけ。

20170926104356 昭和湖手前の湿地 w1024 P1130232.jpg
 間もなく、右手に昭和湖手前の湿地が見えてきました。
 地獄谷の反対方向へ行く遊歩道が在ります。ヨコミー、今年にもう一度登り、今度はこの辺りを見たいのですが....(^_^;)

20170926104410 昭和湖手前左も湿地 w1024 P1130233.jpg
 左手も湿地。
 でも、枯れ木はどうして出来たのでしょうか? 硫化水素ガスが流れてきたため!????

20170926104418 右手の池 w1024 P1130234.jpg
 右手には大きめの池が在りました。でも、昭和湖じゃありませんよ(^_^)v

20170926104458 昭和湖 w800 P1130235.jpg
 すぐ昭和湖でした。ここから山頂まで2.1kmとか。因みに案内図では1.8km。標柱と案内図は100mも離れていないのに、不思議(*^_^*)
 平地なら、これから山頂まで30分もかからないのですが、山道なので1時間コースとか(>_<)
 それにしても疲れました。
 ヨコミー思うに、一番の辛い所は昭和湖からの登り。二番目は名残ケ原から地獄谷まで、かな。
 まあヨコミーはお疲れだし、写真も撮るのでもっと掛かるかなぁ....(>_<)

20170926110646 案内図 標柱直後へ w1024 P1130265.jpg
 登山道案内図です。下が北です。

20170926110654 昭和湖1枚図の次 w1024 P1130266.jpg
 昭和湖はこんな感じ。

20170926105050 昭和湖パノラマスタート w800 P1130244.jpg
 以降、パノラマ風に(^_^;) 左奥から登ってきました。写真は右回りです。

20170926105046 昭和湖パノラマ2 w800 P1130243.jpg
 右です。

20170926105044 昭和湖パノラマ3 w800 P1130242.jpg
 中央奥からまた登るのですが....。 

20170926105040 昭和湖パノラマ4 w800 P1130241.jpg
 斜面が崩れています。

20170926105032 昭和湖パノラマ5 w800 P1130240.jpg
 更に右です。

20170926105028 昭和湖パノラマ6 w800 P1130239.jpg
 奥の崩れている辺りで水の音が大きいのです。

20170926105022 昭和湖パノラマ7 w80 P1130238.jpg
 地図を見ると、木道の先の方から湖水が流れ出ているようです。
 木道は、青い屋根のトイレへ続きます。
 昨年、トイレは閉鎖されていましたが、今年は大丈夫なようです。
 因みに、一昨年は使えました。水洗トイレなので、昨年は洗浄水の都合か?

20170926105018 昭和湖パノラマ8 w800 P1130237.jpg
 地図を見たら、先ほど地獄谷が始まる辺りで飛び越えたあの沢の水は、奥の山の手前下を流れ下っているようです。

20170926105056 昭和湖パノラマ9 w800 P1130245.jpg
 更に右です。これで一周(*^_^*)

20170926105224 昭和湖地滑り w1024 P1130253.jpg
 先ほどパノラマに写っていた所のアップです。
 どちらも近年の地滑りのように見えます。2008年に起きた、宮城岩手内陸地震のときでしょうか!??
 左は紅葉を載せたまま、ちょっと滑ったのですが踏ん張っているようです。でも、左下と右はすっかり湖水の中へ!??
 私たちの登山道が、このようにならないことを祈るばかり(>_<)

20170926110718 昭和湖大きな水の音 w1024 P1130269.jpg
 崩れた沢のようですが、水の音が大きいのです。小さな滝は見えるのですが、音は大きく、見えない所に大きな滝が!????
 ヨコミー、行ってみたいのですが、残念ながら本日の目標は山頂なので.....(>_<)

20170926105354 昭和湖wcの有る風景 w1024 P1130258.jpg
 これ、ヨコミーお気に入りの構図です。
 ちょっと見にはトイレだとは分かりません(^_^;)
 まあトイレなのですが、ちょっとしたスペースも有り、避難小屋としても使えそうです。
 建物右の少し暗い所は女子の入口。でも男子の入口は左裏に有り、突き当たりの窓が左の暗い所。ガラス窓です。内側にスペースが有り、女子も同様かと(^_^;)

 山は剣岳と思います。1/25000の地図(国土地理院電子国土Web)は自信が無いのか、ピークから離れた所、つまり昭和湖「北西」の尾根に名前が有ります。でも「案内図と同じ」位置です。拡大率50mスケールまでは,....。
 ところが30mスケールに拡大すると、剣岳の名前は昭和湖「西」のピーク1397mに移ります。不思議です。写真の山が、30mスケールでの剣岳と思います。
 とすれば、あの案内図の位置(注:南が上です)は何なのでしょうか。
 主峰より低く、多くの場合、山裾から急に立ち上がった稜線に山の名前が付くはずがないと思います。
 仮にそれは山全体の名前で、個々のピークには別な名前が付いていたとしても、ピークの名前を表示していないのならば、主峰のすぐ傍に山の名前を記すべきだと、ヨコミーは思うのです。
 緊急時に位置を通報するとき、西と北西では大きく違います。山は見通しがきく所だけではないのですから。
 参考までに、国土地理院電子国土Webのリンクは下記の通りです。南北逆の案内図と見比べて下さい。50mスケールと30mスケールを比べても、楽しめます(^_^)v
http://maps.gsi.go.jp/#17/38.968881/140.776196/&base=std&ls=std&disp=1&vs=c1j0l0u0t0z0r0f0
 これ、我がブログの「なんでだす!??」区分のネタになりましたね....。もったいない(T_T)

20170926110706 一関消防山岳救助訓練 w1024 P1130267.jpg
 そろそろ再び登ろうかと思ったら、お揃いの服を着た、屈強な男たちが登ってきました。
 聞けば一関の消防の方で、登山者救護訓練でした。ご苦労様ですm(_ _)m

20170926105316 昭和湖ラスト登る w1024 P1130257.jpg
 ここからまた登ります。ヨコミーにとっては最大の難所です(^_^;)
 急だし、水が溜まっている悪路、第一見通しがきかない(>_<)

20170926111018 昭和湖少し上 w1024 P1130271.jpg
 3分ほど登った所で下が見えました。中央右に地獄谷の上端、左に先ほどの池が見えます。でも、昭和湖は.....(>_<)

20170926111026 昭和湖上からup w1024 P1130272.jpg
 池をアップしてみました。

20170926111140 昭和湖見えず w1024 P1130273.jpg
 さらにちょっと登ったのですが、見えるのは木道とトイレまで。昭和湖の湖面を見たいのですが....。

20170926111608 昭和湖上の不思議な岩 w1024 P1130275.jpg
 またやや視界が開けてきたので振り返ったら、面白そうな岩が見えました。トゲ??

20170926111554 仮称トゲ岩 w1024 P1130274.jpg
 アップしてみました。トゲのように見えたのは、木が立っていたのではなく、岩でした。
 なので、便宜上、仮称・トゲ岩と名付けました(^_^)v
 右の山の裏側も、トゲ岩のように崩れ落ちているような気がしてきました(^_^)v

20170926112014 昭和湖奥の上 w1280 P1130279.jpg
 更にもう少し登ったら、より開けた所が有りました。
 中央がトゲ岩。右は剣岳。

20170926112004 剱岳西 w1024 P1130277.jpg
 左側は雲の陰ですが、割と紅葉が綺麗です。

20170926112006 剱岳 w1024 P1130278.jpg
 その右、剣岳です。中央左下の崩落斜面は、昭和湖へ向かっているように見えます。

 やはりここは難所です。とても疲れたので小休止、笑休止(^_^;)
 つづく(^_^)v

nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

須川温泉~地獄谷 錦秋の栗駒山 ブログ上登山会その1 20170926 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 昨日9月28日は朝から雨で、午前中は雨の中の通院でした。通院といっても、健診の結果聞き(^_^;)
 今日は朝から好天でしたが、正午前から雲が多くなり、夕方には小雨がぱらつきました。
 でも、夜には雲間から星がちょっとだけ見えてました。
 それにしても、秋に成りました。
 今朝はちょっと寒かったのです。
 アメダスによれば、昨日9月28日午前5時の気温は18.1℃でしたが、今朝は6.7℃でした。
 たった1日で、なんと11.4℃も下がったのでした(>_<)

 山の紅葉といえば、近隣では岩手・宮城の県境に在る栗駒山が一番かと。因みに、秋田県も山頂に近いです。
 以前から時々行っていましたが、今年は9月26日に登ってきました。
 とても素晴らしい紅葉に感激でした。
 皆さんにも、この週末にも登って欲しいのですが、ご多忙な皆さんに登ったつもりになって頂こうと、未熟な写真ではありますが、紙上、いやブログの上で登山会を開催しますので、お付き合い願いますm(_ _)m
 ※写真はクリックすると大きくなります。

 先ずは皆さんの目にとまりやすい写真から(^_^;)
20170926131012 天狗岩上手宮城側岩 w1024 P1130425.jpg
 今日のブログではまだ辿り着けませんが、須川温泉から登って天狗平へ着き、そこからちょっと山頂方向の東へ登ると天狗岩が在り、少し過ぎた宮城県側の下に見える岩です。
 クマかネコに似ています(*^_^*)

20170926093014 宿と露天の間 w800 P1130138.jpg
 さて、お話は登山口から。
 振り返って撮った写真ですみません。一番奥は国道北側にある駐車場。国道を渡り、右手は岩手県側の宿。左手はここの露天風呂。その間を通ってきました。
 ここで足湯が楽しめます(*^_^*)

20170926093022 温泉の鳥居 h800 P1130139.jpg
 この左側を進みます。

20170926093108 凄い湯煙 h800 P1130141.jpg
 凄い湯煙です。源泉かな(*^_^*)

20170926093306 登り口 w1024 P1130142.jpg
 ちょっと登って、またまた振り返ってみました。
 左の大岩が面白い形をしていました。ヨコミーはゴリラと見ました(^_^;)
 赤い屋根は岩手県側の須川高原温泉。奥の黒い建物は、秋田県側に在る栗駒高原荘。
 ヨコミーも、そろそろ人生を振り返るかな(*^_^*)

20170926093542 大岩の紅葉 w800 P1130145.jpg
 少し登ったら、大岩に可愛い紅葉が(*^_^*)

20170926093734 下の一帯 w1024 P1130146.jpg
 更に登って、またまた振り返りました。すっきりと晴れていれば、鳥海山も見えるのですが....。
 駐車場辺りの高さは1100m程。シーズン中の週末は車が停められないほど込むので、行かれる方は早く行くか、夕方泊まって朝から登るとか(*^_^*)
 緑屋根の大きな建物はビジターセンター。その上の小さな緑屋根は不詳。昔、あの辺りで芋煮会をしたのですが....(>_<)

20170926093824 登り口上の紅葉 w800 P1130151.jpg
 更に進むと、綺麗な赤が。
 あの屋根は確か....

20170926093952 蒸し風呂 w1024 P1130153.jpg
 蒸し風呂でした。

20170926094232 ナナカマド w1024 P1130155.jpg
 ナナカマドの赤い実です。

20170926094246 赤い実 w800 P1130156.jpg
 これも赤くて綺麗ですが、名前不詳(>_<)
 道は所々、雨水が溜まっていてぐちゃぐちゃ。

20170926094616 噴気 h640 P1130157.jpg
 更に進むと、道のすぐ脇から噴気が立ち上っていました。
 脇を通り抜けるとき、ちょっと顔に掛かったら、眼鏡が曇りました。
 でも、アツアツじゃなくて助かりました(^_^;)
 そろそろ視界が開けてきそうです。

20170926094630 ススキ w800 P1130158.jpg
 大陽が上手い具合に射し、黄色い葉っぱとススキがとても綺麗です(^_^)v

20170926094732 名残が原右 w800 P1130160.jpg
 開けた所に出たので、先ずは右側から。
 黄色が綺麗です。
 奥の山に噴気が見えます。山頂は雲で霞む左上。
 
20170926094750 名残が原 w800 P1130164.jpg
 更に左です。横に広がるのが名残ケ原という湿原です。

20170926094742 名残が原㊧ w800 P1130163.jpg
 更に左側です。
 おっと、この場所もあちこちで噴気が出ています。急に熱くなるとか、陥没するとか心配は無いようですが、気を付けましょう。

20170926094816 名残が原右噴気 w1024 P1130167.jpg
 右手の噴気が見える山を拡大してみました。噴気に岩と紅葉、いい組み合わせです(^_^)v

20170926094758 名残が原向かい w1024 P1130165.jpg
 湿原向こうの山も綺麗です。拡大してみました。
 では、湿原へ下ります。

20170926095328 まだ600m h640 P1130169.jpg
 岐路が在ります。ここまで600mでした。ややお疲れ(>_<)
 左へ戻り加減に行くと、500mで温泉へ着きますが、以前通ったときは、水が溜まりやすい道でした。
 さて、湿原まで100mです。

20170926095348 小柄な竜胆 w1024 P1130170.jpg
 湿原に入るとすぐ、足下に小さなリンドウが。
 湿原入口の写真は無しです。似たのが出てきます(^_^)v

20170926095426 青森の管轄 w1024 P1130171 .jpg
 ここは岩手県の南端なのに、管轄は青森営林局でした。
 お国の機構は分かりませんが、「白河以北一山100文」と同じ考えなのかなぁ....と思うのは、僻みでしょうか(^_^;)

20170926095446 名残が原 油 w1024  P1130173.jpg
 綺麗な水溜まりですが、ちょっと変。
 なんか油が浮いているようですが、確か、棲んでいるプランクトン?が原因で、油膜みたいなものが出来る....と聞いたことがあります。
 もちろん、石油系の臭いは全く有りません(^_^)v

20170926095512 名残が原 w1024 P1130175.jpg
 この2本の木道で、すれ違いも楽です(^_^)v

20170926095524 名残が原右奥 w1024 P1130177.jpg
 湿原右の紅葉です。

20170926095602 名残が原から地獄谷一部 w1024 P1130179.jpg
 湿原の奥の右上に白っぽく見えるのは、崩れた箇所でしょうか。下の白と左下の灰色が気になります。
 ところで、前で撮影している女性は、薄いダウンを着ていました。
 因みにヨコミーは半袖Tシャツに、カジュアルな長袖シャツの袖口をちょっと捲くっての2枚だけ。暑がりなのです(^_^;) 汗をかいた帰路、この辺りでようやく薄いジャンパーを着足しただけでした。

20170926095644 噴気の山 h800 P1130181.jpg
 噴気の山が近くなりました。
 もしここの火山が噴火したら、どの方向に、どの道を通って避難するか、この辺りでは迷うかもしれません(>_<) 湿原って、逃げられるの!???

20170926095850 トレイルランナー w1024 P1130185.jpg
 なーんて考えていたら、後から何かがすーっと駆け抜けて行きました。
 えっ?と思い、見てハッとし....。ミニスカートを穿いたトレイルランナーでした(^_^;)
 背中には水分や濃縮栄養源程度しか背負っていないような軽装。颯爽と走り去りました。
 残念ながら、この方とは二度と会うことは有りませんでした。違うコースで戻ったか、宮城側へ回ったか。
 それとも、ヨコミーが昭和湖で死んでいる内に、パパパッと山頂まで行って、下って行ったか.....(^_^;)

20170926100846 苔花台 産沼コース岐路 w1024 P1130195.jpg
 湿原が終わり、沢沿いに登り始めたら、こんな所に。
 沢を渡って向こうに行けば産沼コースです。
 でもヨコミーは渡らず、沢沿いに右上へ。
 
20170926101236 苔花台上 w1024 P1130201.jpg
 向かい側の山も綺麗(*^_^*)

20170926101620 地獄谷下 w1024 P1130202.jpg
 更にちょっと登ったら、滝のような音がしたので見たら、こんな所が在りました。
 先ほど、湿原から見えた白い所です。左は灰色に見えた所でしょう。
 これらの物質は何なのでしょうか、興味が有ります。黄色は硫黄かな? 白は石灰? 石膏? 
 左の塊は、元々ここに在ったものか、それとも上から崩れてきたのか?
 実はこの場所は、2つの沢の合流地点でした。でも、滝の音は手前から来ています。木々で隠れているようです。
 ではと奥の沢を見れば、流れは殆ど無いようです。上は地獄谷でした。
 
20170926101634 滝か w1024 P1130203.jpg
 拡大してみました。下やや左の細いラインも、流れた跡みたいです。
 うーん、ヨコミー、ロープで下りたい!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

20170926101830 滝上 w800 P1130206.jpg
 少し進んで、上から滝を見ようとしましたが、ダメ。
 左上の隅に、あの白っぽい塊が見えています。
 こちらの流れは、地図を見たら昭和湖からの水でした。
 ところでこの沢を越えなければなりません。橋は無いのです。

20170926101840 川を越える w800 P1130207.jpg
 ちょっと上手を渡りますが、やや大変。

20170926101938 渡渉箇所 w800 P1130209.jpg
 下手を見ています。この写真の上と、更に上の写真との間です。
 左上に、今歩いてきた道の、転落注意のロープが見えます。
 で、左下に下り、真ん中で左から右へ渡ります。
 年配の女性が渡っていて、こっちが楽ですよと教えてくれました(^_^)v

20170926102204 地獄谷 w1024 P1130211.jpg
 地獄谷です。水の流れは見えません。硫化水素が漂っているようですから、要注意(>_<)

20170926102154 地獄谷注意 w640 P1130210.jpg
 谷に下りないでね(^_^)v

20170926102208 地獄谷付近 w1024 P1130212.jpg
 この辺りも綺麗(*^_^*)

20170926102218 地獄谷付近 w1024 P1130214.jpg
 緑と黄色も素敵な組み合わせです(^_^)v

20170926102242 地獄谷標柱 h800 P1130215.jpg
 湿原から600mでしたが、とても疲れました(>_<)
 やっと地獄谷の標柱に辿り着きましたので、小休止しましょう(*^_^*)
 あっ、山頂付近の紅葉はそろそろ終わりかと。山頂付近の紅葉を楽しみたい方は、今週末にも登ってみましょう(^_^)v
 つづく。
nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

天女の羽衣 王妃のシャボン玉 20170921 [星]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 故あって余り詳しくは分からないのですが、体感的にも、国道284号脇の気温表示でも、そして地元のコミュニティラジオでも言っていたけど、今日9月27日は暑い日でした(>_<)
 盛夏らしくない8月。9月になると真面な秋に成り、まあ余り汗をかくこと無く残暑が終わった.....と思ったら、今になってこの時期としては珍しく、湿気を伴う暑さとなったのです。
 昔から「暑さ寒さも彼岸まで」といわれていますが、多少の揺らぎはあるのでしょうけれど、肌がべたつき、珍しく下着を取り替えてしまいました。

 少し前の記事で、はくちょう座の網状星雲を取り上げましたが、それは東側だけで、そのうち西側にも取り組みたいと思っていました。
 ※写真はクリックすると大きくなります。 

20170921231645 網状星雲西側 W1024 DSC_866~869.jpg
 西側の網状星雲(NGC6960。超新星残骸)です。9月21日深夜の撮影です。スケールは前回と同じです。
 先に紹介した東側のとは趣が違い、天女の羽衣みたいです(*^_^*)
 次回は縦位置で撮影してみましょう(^_^)v

20170921245227 M52とシャボン玉星雲 W1024 dDSC_906~909.jpg
 カシオペア座に在る散光星雲のシャボン玉星雲(NGC7635。中央やや右)です。
 赤いモヤモヤの中に、小さなシャボン玉を見つけましたか? 右下の方はとても淡いですが、シャボン玉の左上の部分が割とはっきり見えています。
 ギリシャ神話によれば、カシオペアは古代エチオピア王国の王妃で、勇者ペルセウスと結ばれた王女・アンドロメダの母親です。
 残念ながら、カシオペアはシャボン玉で遊んでいた....なんて、ギリシャ神話には書いてありません(^_^;)
 左上は散開星団のM52(左上)です。

 すみませんが、今夜は短編で失礼しますm(_ _)m
 本当は写真の整理をしたいのですが、いろいろ有って3晩続きの寝不足です。
 永遠の17歳も、さすがに疲れました(^_^;)
 明日の夜も某お遊び協会の会議で、諸用が多く自分の時間が減っています(>_<)
 公務執行妨害ならぬ、私用執行妨害(^_^;)
 「三日、三月、三年」とかいわれますが、そろそろボランティア仕事の幕引きを考えなくてはなりません(>_<)
 関係者様、よしなにm(_ _)m
 
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

美味しい苦みとシャキシャキ感 ゴーヤーの浅漬け 20170921 [美味しい食べ物]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 台風一過後、いい天気が続いています。
 一昨日の21日は、午前中は通院でしたので、午後から外で枕や望遠鏡を干しました。
 望遠鏡は湿気が多い夜に使うので、時々晴れた昼間に筒先の蓋を開け、換気してやります。そうしないと、ガラスまで溶かすカビが生えてくるのです。
 また、ヨコミーは割と頭に汗をかくので、時々ベランダで枕を干します。そう、ヨコミーは頭汗かき族です(^_^;)
 ベランダに居たとき、近くの工事現場から、またまた土煙が上がっていました。
 風はヨコミー家方向じゃなかったのですが、風がより多く吹く季節になってきました。
 洗濯物など、要注意です。

 一昨夜のおかずの一品は、旬を過ぎましたが、大好物「ゴーヤーの浅漬け」でした。

20170921182340 ゴーヤーの浅漬け w1024 P1120774.jpg
 ゴーヤーとキュウリ、そしてミョウガ。
 
20170908180242 ゴーヤー仁義なき h800 P1120192.jpg
 9月8日撮影、ヨコミー家のゴーヤーです。
 ゴーヤーの棚はタラの木の隣。
 なのでそちらにも侵攻しました。まるで某国みたい(^_^;)

20170908180234  ゴーヤー h800  P1120191.jpg
 ゴーヤーです。
 ちょっと色が悪かったり、ぶれているのはすみませんm(_ _)m
 なにせ、やや暗くなった夕方でしたから。
 そういえば、最近、まともな時間に撮影していません(^_^;)

20170803165812 ゴーヤーとメロン w800 P1090896.jpg
 8月末に撮影したゴーヤーです。とても美味しそう(^_^)v
 隣は緑肉メロン。そう、以前使った写真です(^_^;)
 因みに、メロンは未熟でしたので、仏壇にて追熟させ、先日食べました。
 やはり味は薄かったです。
 そして、実ったメロンは1個だけだったことも、併せて報告します(>_<)

20170921182334 ゴーヤーの浅漬け w1024 P1120773.jpg
 ゴーヤーは縦に割り、中の種をスプーンなどで取ってから刻み、少量の塩でもみます。もみ過ぎると柔くなりますので、ご注意。
 キュウリも縦に割り、種を取って刻みます。こちらはもみません。
 ミョウガは、今の時期は開いて土が入り易いので、はがしてよーく洗い、そして刻みます。ヨコミー家は、花が咲いても、柔らかくなっていなければ、使います(^_^;) 
 これらをステンレスボールに入れ、麺汁や調味醤油等で和えます。先日は始めて塩で作りました。

 ヨコミーがゴーヤーの浅漬けに始めて出会ったのは、十数年前の胎内星まつり(新潟県旧黒川村。現胎内市で毎年8月開催)。
 地元のおばちゃんたちが売っていたやつ。塩味でした。
 漬け物なんか、殆ど関心が無かったのですが、新鮮な苦みとシャキシャキ感が、一瞬でヨコミーを虜にしました(*^_^*)
 その後、同行した星爺の奥さんが自宅で作り、ご馳走になりました。「あっ、そうか。材料さえ有れば、何処でも作れるんですよね」と認識(*^_^*)
 で、我が家にもゴーヤーの浅漬け文化がやって来たのでした。

 残念ながらヨコミー家では、ミョウガがそろそろ終わりです。
 あと1回も食べられれば、今年は終わりでしょう(>_<)
 ゴーヤーはもう少し成りそうですが、冷たい風が当たると、急激に葉がダメになってしまいます。
 そうなると、成長途中の実も採らねばなりません(>_<) 捨てるのはもったいない(^_^;)
 中には細くて長さが3~5cm程の実も有り、そのまま何かの汁物に入れ、「ゴーヤーの姿煮」として食べています。
 今年も名残を惜しみながら、「しつこく」ゴーヤーを味わいたいと思います(^_^)v


nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

宇宙の綾織り・網状星雲 18日夜の稼ぎ 20170918 [星]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 台風一過後、割といい天気が続いています。
 今日20日の午後、近くの工事現場を見たら、またまたダンプカーが土煙を上げて走っていました。
 ただ、最近までのたなびき方とは違い、土煙は北西の風に乗り、人家が多い方へと流れて行きました。
 工事の監督さんは、季節が変わってきたことを感じたでしょうか.....。
 夕方、港のホテルに行き、1時間余り打ち合わせをして出てきたら、なんと雨が降っていました。
 雷雨になり損ねたような雨です。
 続いて南町へ行き、某所で懇親会。
 ノンアル2杯で頑張りました。美味しい料理も(*^_^*)
 でも、ご飯やおそばは無く.....と思ったら、「づけ」とウニのお寿司が2カンだけ。記憶に残らないはずです(^_^;)
 21時過ぎに出たら既に雨は上がっていて、ちょっとした光害の中でしたが、見上げたら夏の大三角が見えました。
 帰宅してから、やはりお腹がもの足らないというので、食パンを半分(^_^;)

 さて、とてもいい星空に恵まれた18日夜の稼ぎです。
 でも税務署さん、ヨコミーの「稼ぎ」というのは趣味のことなので、お金は出て行くばかり。決して収入・所得になるお金は入ってきませんので、来ないで下さいね(^_^;)
 逆に、5年以上経過した所得税の還付申告が出来る方法があれば、来て下さい。お茶菓子を用意して、お待ちします(^_^)v
 あっ、またまた遊んじゃったm(_ _)m

20170919004026 NGC6992網状星雲(東側) w1024 DSC_0831.jpg
 はくちょう座の網状星雲です。
 星雲や星団等をまとめたニューゼネラルカタログ(NGC)では6992という番号が付いています。
 星座絵によれば、はくちょう座は、白鳥が羽を広げた姿で、天の川の中に描かれています。
 その姿は、織り姫星と彦星の間を邪魔するかのように、天の川の中心がある「いて座」方向に向いています。
 白鳥のくちばしを上とすると、網状星雲は右の羽の中程、前端辺りにあるのです。
 元々は星がずーっと昔に超新星爆発し、そのときに出たガスやチリが星に照らされ、見えているのが網状星雲です。
 そのガスやチリは均等に広がっていった風ではなく、おおよそ東側、上から中心、西側の3カ所に見られます。
 上の写真はその中の東側です。部分だけですが、やや弧状になっているのが分かりますか?

 この網状星雲は、フィルムカメラ時代から馴染みはありましたが、カラーフィルムでは赤く薄らとしか写りませんでした。しかも、星座を撮るときの標準レンズなので小さく...。
 Hα線(エィチアルファーせん)という赤外線に近い赤い光に対して感度が高い、特殊な白黒フィルムだと良く写るのですが、簡単には撮影できない難があり、ヨコミーにとって網状星雲はちょっと縁遠い存在でした。
 それがあの日、いつものようにいくつかの彗星を撮影した後、ふっと、網状星雲を撮影したくなりました(^_^)v
 なにせ縁遠く、準備など全く無い中で、今使っている望遠鏡は焦点距離が長いので、1コマに収まらないかもしれない....とか、F値(えふち。レンズの焦点距離を口径で割って得た数値。値が小さいほど、シャッターを早く切ることが出来ます)が大きめなので写りにくいかもしれない....なんてことも一切考えずに....(>_<)
 まあ、衝動買いならぬ「衝動撮影」(^_^;)
 片鱗だけでも写れば大成功と思っていたら、東側だけですが、カメラに収めることが出来ました(*^_^*)
 ただ、その筋の方々が撮るときは、これは縦位置が一般的なのです。
 でも、片側だけだし、パソコンの画面は多分全部横長なので、より大きく見えるよう、横位置としました。あしからず(^_^)v 
 スマホやタブレットの方は、左が膨らむ縦位置で見て頂ければ嬉しいです。
 そういえば、富士通で出していた(多分「た」の過去形)パソコンで、オアシスというワープロソフトの入力環境を向上させるため?、縦長のディスプレーが在ったのをご存じだったでしょうか。
 もしそんなのや、縦横回転が出来るディスプレーが今でも在れば、縦位置で大きく表示したいものです。
 ヨコミーいつか、網状星雲の他の部分にもチャレンジしてみたいと思っています(^_^)v

20170918241457 NGC281 w1024 DSC_0819.jpg
 カシオペア座の散光星雲・NGC281です。
 カシオペア座は、ABCのWに似た星の配列ですが、この星雲はWでいえば右から2つ目の星の下辺りに在ります。 
 この星雲も、フィルムカメラ時代、星座を撮ったときに、カラーで薄く写っていたのですが、焦点距離が長い望遠鏡で撮影したのは、今回が初めてでした。 

20170918224611 M27 w1024 DSC_0771.jpg
 こぎつね座の惑星状星雲・M27です。鉄亜鈴に似ていることから、亜鈴状星雲とも呼ばれています。
 位置は、わし座とはくちょう座の間の辺り。
 M27とは、18世紀、フランスの天文学者メシエが作った、彗星に似た星雲星団を集めたカタログの27番に登録されたことから、そう呼ばれています。
 ヨコミー、NGCの番号は不詳です。「M27」という呼び名がとても有名なので、多くの同業者はNGCナンバーを使いません(^_^;) 
 星空にぽつんと浮かぶ姿が印象的です。

20170918224611 M27 w1024 35%trimming DSC_0771.jpg
 でも、ちょっと小さいので、M27を引き伸ばしてみました。
 残念ながら、使っている望遠鏡と同じ程度の望遠ズームレンズは無いし、より大きな望遠鏡は持ってないので、同じデータからの拡大です(>_<)
 まあ、こんな感じ(*^_^*)

20170303184628 上弦前の月 W1024 DSC_7882.jpg
 ところで、またまた見かけの大きさを比較するための参考写真です。
 4枚目を除き、同じ拡大率です。
 あくまでも「見かけの大きさ」での比較です。

 夜空には、美しい、そして不思議な天体が数多く在ります。
 折を見て撮影し、皆さんにお目にかけたいと思います。
 細~く、長~く期待してください(^_^;)

nice!(17)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

「夕やけ ぎょっと倶楽部」 気仙沼の夕焼け 20170912 [気象]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。

 今日9月17日は、ヨコミーが住む日門地域の敬老会でした。
 明日が敬老の日ですが、3連休の中日に敬老会をやった所が余所にも有りました。
 四国や九州では、台風絡みの大雨でとても大変なようですが、こちらの敬老会は終わってもまだ雨は降り出さず、ほっとしました。
 なにより、大雨や洪水で被災された方々へ、お見舞いを申し上げます。
 敬老会の出し物は、平磯(地域名)虎舞いでした。お年寄りの皆さんに、集会所前庭での演技を見て頂いたのです。屋外での演技なので、雨が降らずに良かったのでした。
 虎舞いは、後日ブログのネタに出来れば....と思っています。
 雨は夕方近くから降り出し、夕方行ったお通夜は、雨でした。
 雨は21時頃から強くなり、23時過ぎには雨が倉庫の屋根を叩く音が、とてもうるさくなりました。
 風も出てきました。
 ほどほどの風雨で、台風が行き過ぎてくれれば良いのですが(>_<)
 また倒れかかったゴーヤーの棚、ダイズ、遅れて育っているトウモロコシ....。
 某苗は、水中栽培になるかも(>_<)

 ヨコミー、以前から「5時から男...」に似て、夕焼けに出会うことが多いのです。
 明け方の空が綺麗なことは知っていますが、それがなかなか....、朝早く起きるのは苦手です。
 なので、家庭菜園の朝仕事は、まず無いのです(^_^;)
 逆に夕方はしつこく、作業の合間に夕やけを見、一番星を見、場合によっては三日月を撮影してから家に入ります(^_^)v
 そんな9月の12日は、ちょっと早く家に入ったのですが、夕焼けが見えそうだったので、また外に出てみました。
 ※写真はクリックすると大きくなります。

20170912175434 夕やけ北西 W1024 P1120359.jpg
 夕焼け空が広がっていたので、ちょっと見通しが良い工事現場近くまで行ってパチリ。
 北西方向です。

20170912175440 夕やけ西 w1024 P1120360.jpg
 上の左側、西方向です。
 明るく輝く夕焼け雲が綺麗です。

20170912175450 夕やけ南西 w1024 P1120361.jpg
 更に左、南西方向です。
 
20170912175506 西の左 w1024 P1120362.jpg
 西方向の写真中、左下部分を拡大しました。
 夕焼け雲の起伏が面白いです。

20170912175550 xtu w1024 P1120366.jpg
 西方向の写真中、右下をちょっと拡大しました。
 左を向いたハンマーヘッドのサメにも似ていますが、

20170912175516 頭 w1024 P1120363.jpg
 ちょっとハンマー風の部分を覆うと、ノコギリザメ風にも見えますが、ここはやはり気仙沼なので、メカジキと見てみます(^_^)v
 口の上から長く伸びた、剣のような吻も有ります(^_^;)

20170912175518 えら 胸 w1024 P1120364.jpg
 エラや胸の辺り(*^_^*)
 夕焼け雲の筋やグラデーションがとても綺麗です。

20170912175530 腹 w1024 P1120365.jpg
 お腹の辺り(^_^;) 

20170912175618 陽当たり良くないか w1024 P1120369.jpg
 これは南西方向の左下に見えていてやつ。
 陽当たりが弱いのか雲が厚過ぎるのか、輝く感じはありませんが、裏道や陽の当たらない所ばかり歩いてきたヨコミーにとって、なんか親しみを感じる夕焼け雲です(^_^)v
 下はモコモコ、上は流れる感じ(*^_^*)

 雲も夕焼けも、時々刻々と変化します。
 夕焼けを見掛けたとき、ちょっとだけでも立ち止まって見てください。
 仕事で磨り減ったあなたの心を、多少なりと癒やしてくれることでしょう(^_^)v

 あっ、忘れていました(>_<)
 「夕やけ ぎょっと倶楽部」は、今年6月末で閉局した「けせんぬまさいがいエフエム」の後を受けて誕生したコミュニティFM局「ラヂオ気仙沼」の番組名です。
 毎週月曜日から金曜日の夕方5時から7時まで、各曜日を5人のパーソナリティーが担当しています。
 周波数は77.5MHzですが、市役所で大枚を掛けて改良した割には、他局みたく市外でも聞こえることは、殆ど有りません。市外は陸前高田や大船渡程度。
 市内でも、ヨコミー家ではやや大きめなラジオでも雑音だらけ(>_<)
 そこで、最近、パソコンでも聞いています。

 ネットの検索画面で「リスラジ」を探します。
 リスラジの画面で、音符の所に有る中から「全国のラジオ局」を選択し、CHのところで東北を選択してクリックすると一覧が広がります。
 そこからラヂオ気仙沼を探してクリックすると、間もなく番組が再生されます。
 場合によっては、再生ボタンをクリックするようかもしれません。
 ただ、リスラジは24時間中継している訳ではないので、注意が必要です。(書いてあります)
 このリスラジは、スマホやタブレットでも出来るようですが、アプリケーションをダウンロードしなくてはならないようなので、ヨコミーはやめました(>_<)  やれる方はやってください。 
 気仙沼の旬な情報や、素敵な音楽やおしゃべりが楽しめますよ(^_^)v

nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

気仙沼の今 大谷海岸花火まつり@日門 20170909 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 前夜(11日夜)、ブログを更新したら間もなく雨が強くなりました。でも、眠いのでダウン(>_<)
 今朝の5時、トイレに起きたらまだ強い雨が降っていましたが、6時過ぎにはすっかり弱くなりました。
 家庭菜園の枝豆やトウモロコシは倒れたかも....(>_<)
 ニュースを見れば、奈良県などで大雨だとか。
 奈良県といえば宇陀市の役所の方々が、ヨコミーが手伝っていた避難所へ、支援に入ってくれました。
 避難所運営は、だいぶ助かったのですが、今度はあちらが心配です。大した被害が出なければいいのですが.....(>_<)

 今日は一昨夜から続く腰痛(^_^;)で、午前中はお遊び団体の文書作成ノルマもこなさず、横になっていました。
 なのに暴行民間から、あっ、某公民館から(^_^;)「今夜は星を見る会でしたよ」と悪魔のささやき(>_<)
 何という間の悪いこと(T_T)
 天気は、朝までの雨は早めに上がったものの、なかなか回復しません。
 15時、天気予報を見た公民館の女性職員が、「やります!」と宣言。
 それから、腰に負担を掛けないように望遠鏡などを積み込みました(>_<)
 で、ノルマもこなさず、星を見る会をやってきました。
 でも、やはり雲は多め。北の方ほど天気は悪そうだと、ヨコミーは思っていたのですが。
 帰宅したら満天の星でした。ヨコミー家で星を見る会をやれば良かったべに......。

 さて、9月9日夜に行われた第6回大谷海岸花火まつりです。
 ※写真はクリックすると大きくなります。
20170909 花火大会ちらし h800 P1120259.jpg
 主催は実行委員会ですが、シンガーソングライターの「しらいみちよ」さんがバックアップしています。
 東日本大震災の直後、しらいさんは市内各地へ支援に入ってくれました。ヨコミーが手伝っていた避難所にも(*^_^*)
 当時、しらいさんのことは、見たことがある単なるシンガーソングライターだと思っていましたが、なんと、「和田弘とマヒナスターズ」のボーカルでした。ヨコミー、なんといっても芸能界には疎いのですm(_ _)m
 この花火まつりは、昨年まで大谷海岸で打ち上げられていましたが、工事の関係で場所が使えず、今年は隣の日門漁港から打ち上げることになりました。
 昨年までは近くの丘で見ていましたが、折角なので日門海岸へ行ってきました。
 もちろん、カメラを持って(*^_^*) 

20170909200738 大谷花火@日門  h900 DSC_7977.jpg
 日門漁港の防波堤中程からの打ち上げらしいです。
 昼間は時々釣り客が見えます。
 一番上の花火の広がりが、ちょっと変わっています。いいですね(^_^)v

20170909201038 大谷花火@日門  h900 DSC_7988.jpg
 花火写真はタイミングが難しいです(>_<)

20170909201312 大谷花火@日門  h900 DSC_8003.jpg
 これなんかタイミングが悪かったかもしれませんが、逆に清楚な感じ。
 ヨコミーは好きです(*^_^*)

20170909201358 大谷花火@日門 H1024 DSC_8007.jpg
 緑色が綺麗でした(^_^)v 

20170909201436 大谷花火@日門  h1024 DSC_8010.jpg
 こちらは赤っぽく。色は火薬の種類で決まるのかな??

20170909201550 大谷花火@日門  w900 DSC_8016.jpg
 眩しいほどの閃光でした。漁港の様子が分かります。
 そして左へ流れ去る煙の様子も面白く....(*^_^*)

20170909201810 大谷花火@日門  h1024 DSC_8034.jpg
 終盤なのでドンパチドンパチと音も賑やか(*^_^*)

20170909201814 大谷花火@日門  h900 DSC_8035.jpg
 眩しすぎて写真は白く飛びましたが、見応えがある花火でした。
 「気仙沼みなとまつりの花火よりいい」との声も聞こえましたが、褒め過ぎ....(^_^;)
 まあ今年のみなとまつりの花火は、霧か煙が多くて、はっきりとは見えなかったことも有ってのことでしょう(*^_^*)
 とても素晴らしい花火まつりでした。
 来年はまた大谷海岸に戻るのかな.....。
 ちょっと残念だけど、また来年の花火に期待しましょう(^_^)v

20170909201954 花火の後に月 w800 DSC_8037.jpg
 花火が終わり、東を見たら、低空に間もなく下弦を迎える赤い月が昇ってきました。
 手前の木立が風で揺れ、押し上げているようにも見えた、不思議な月でした(*^_^*)
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

気仙沼の今 解体始まっていた大谷中学校仮設住宅 20170911 [東日本大震災]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日は、東日本大震災による大津波で亡くなられた方々の、月命日でした。
 朝から雲が多く、夕方近くから雨が降ってきました。予報よりちょっと早い降り出しです。
 実は昨日、あめ玉を噛んだら歯が壊れました(>_<) 
 水も湯も染みないので、後から治療...とも思っていましたが、やはり早めが...と思い、近くの歯科へ行ってきました。 
 以前詰めた所が、取れてしまったようです。最初は変に欠けたなぁ....、歯に節理でも有るのかなぁ...と思ったら、削った跡でした。
 その後、大谷公民館北側を通ったら、しばらく振りに大谷中学校校庭仮設住宅が目に入ってきました。
 以前は、近くに仮設の大谷郵便局があり、郵便を差し出しにウォーキングしながら来ていたのです。
 しかし、郵便局が東のやや遠くへ再建されたので、足は「車」となり、仮設住宅はコースから外れ、足が遠のいていました。
 なんと、既に解体が始まっていました。
 ※写真はクリックすると大きくなります。
20170911105342 大谷仮設左から W1024 P1120293.jpg
 仮設住宅群の西端です。大谷公民館前の、やや高い道路の端から撮影しました。
 右奥の建物は大谷小学校。
 仮設住宅は公民館の北側に在り、名前は大谷中学校仮設住宅となっています。
 しかし誰が見ても、校庭を共有している小学校の前にも仮設は建っているのですが、なぜ正確ではないお名前を付けるのか、ヨコミーには理解できません(>_<)
 メンツみたいなもの? それとも、共有の校庭みたく見えるけど、行政的には中学校の財産で、実は小学校には校庭が無かったとか.....(>_<) まあ、そんなことは無いとは思うんだけど、不思議(^_^;)

20170911105348 大谷仮設2 w1024 P1120294.jpg
 右隣です。この校庭にも、津波が押し寄せたと。

20170911105352 3 w1024 P1120295.jpg
 更に右隣。
 小さな札がぶら下がっていました。

20170911105356 4 h640 P1120296.jpg
 立ち入り禁止。
 なんと、目隠しシートかと思ったら、防音シートだったのですね。
 面白い(興味深い)です(^_^)v
 このシート、どういう作りになっているのでしょうか。構造や成分を知りたいです(^_^;)
 でも、防音だけなら、透明なシートでも良いはず。
 そういえば、よーく、工事現場はいろいろなもので囲っていますが、なぜか透明なもので囲っている現場は見たことがありません。これも不思議(*^_^*)

20170911105400 5 w1024 P1120297.jpg
 更に右です。
 右奥は大谷中学校。
 見掛け上、中学校の前、最前列に見える所に、サポートセンターがありました。

20170911105404 6 w1024 P1120298.jpg
 更に右です。
 右奥は中学校の体育館。
 因みに、右奥端のブルーシートは、仮設住宅ではありません。関連施設かな!?? もう少し先では、水道工事や道路拡幅工事をしていましたが。

20170911105424 壊している所 w1024 P1120299.jpg
 よーく見たら、解体の現場が見えました。

20170911105430 7 w1024 P1120300.jpg
 右下の表示を拡大してみました。
 なんと工事の開始は6月で、11月末までの予定とあります。
 うーん、ちょっとご無沙汰してしまいました(>_<)
 でも、市の健診で公民館に来たときはどうだったか....。確か雨で、それにばかり注意が向いてしまったのかもしれません。

 市内では、防災集団移転団地の敷地造成や災害公営住宅の完成などで、多くの方が仮設住宅から退去しました。
 仮設住宅は、解体の計画が立てられましたが、市民会館西側にある気仙沼公園仮設みたく、まだ転居出来ない方が何人も入居しています。
 解体のために集約され、仮設から仮設へ移らなければならない方も居る(居た?)とか。
 ヨコミーは今日、某お遊び協会の会議等で、被災した南気仙沼地区を計4回通りました。
 震災後、仮設に居たお婆さんが、前に住んでいた土地が嵩上げされたら、是非そこに自宅を再建したいと言っていた土地には、ようやく前の道路も含めて、土が高く盛られました。
 後は上下水道の、市道への配管が必要でしょう。
 でも、お婆さんは、いつまで待つようなのでしょうか。
 以前住んでいた場所に自宅を再建したいというお婆さんの願いは、いつ、かなえられるのでしょうか。
 あれからもう6年半も過ぎているのに....(>_<)
 
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

国際宇宙ステーションの太陽面通過 他 20170909 [星]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。

 季節はやはり秋で、(緩い意味での)季節風が吹いてきました。
 後で多分紹介すると思いますが、昨夜、日門海岸から花火が打ち上げられ、丁度北西方向と思われる方角から優しい風が吹き、おかげさまで花火の煙を流してくれたので、とても綺麗な花火を見ることが出来ました。

 今日は朝からほぼ快晴で、きつい日差し。
 そんな中、午前8時半から旧・日門会館跡地で、地域の資源ゴミの収集が行われました。
 引き続いて自宅の家庭菜園へ出て、生ゴミを入れるコンポストがいっぱいになったので、引き抜いて隣へ引っ越し。
 そして、書くのも恥ずかしい、季節大外れの某苗を50cm x 1mの範囲に植え、それでも余ったので、プランターとプラスチック製のやや大きな鉢に植えました。
 蒸し暑くはない日ですが、太陽が有る内は汗だくでした。
 その天気も昼前には結構雲が出、一時は洗濯物を取り入れようかと思うほどでした。
 幸いにも雨は降らず、昼過ぎからまた晴れ間が広がりました。
 夜になり、月が昇ってくる前に彗星を撮影しようとしたら雲が広がり、残念。
 でも、8時半頃に出てみたら、夏の大三角などが見えていたのです。
 すぐ望遠鏡を準備しようかと思いましたが、まもなく月の出。またまた残念でしたが、諦めました。

 天文の話題です。
 ※写真はクリックすると大きくなります(^_^)v

20170904235130 C2017 01 W1024.jpg
 9月4日の深夜に撮影したアサシン彗星です。C/2017 O1という符号を持っています。
 月が明るい中での撮影なので、写りが芳しく有りません。
 でも、彗星を多く撮影している人たちは、冷却CCDというカメラを使い、月明かりをものともせず、しっかりと写し出しています。
 残念ながらそのカメラ、デジタル一眼レフカメラの旗艦機が1台とか2台とか3台も買えるお値段(>_<)
 いくら趣味人のヨコミーでも、買えません(^_^;)
 まあ、このカメラでいいのです(^_^)v やせ我慢(^_^;)
 
20170904230544 3122 3コマ 0586b.jpg
 矢印の先に有る3個の星は、一部マスコミにも取り上げられたり、ネットで騒がれた小惑星フローレンスです。3122という番号が付けられています。
 これは4日23時過ぎ、130秒の中で、10秒露出が3回、50秒休みを2回入れて撮影したものです。実際は多重露出ではなく、何コマも撮影した中から3コマを、比較明という方法で重ねました。
 上が北極星の方向で、小惑星は北に進みました。
 でも、これって、実際の夜空ではどのくらいの距離(見掛け上の角度)を進んだのか分かりません。
 なので、参考写真です。

20170303184628 上弦前の月 W1024 DSC_7882.jpg
 今年の雛祭りの宵に撮影した月です。
 小惑星と同じ拡大率で撮影しました。
 あの3個の点の長さが、月の何分の一になるでしょうか。
 130秒、つまり2分10秒で進んだ距離です。
 小惑星としては、結構早い分だと思います。

 9月8日、ニュースにもなった太陽フレアから放出されたプラズマ粒子が、午後に地球へ到着するとのことで、午前中はまだだと思って、またまた藤沢海洋センターのプールへ。
 回数券を買い忘れ、また500円払いました(>_<)
 あっ、遊びではありませんよ。リハビリ(^_^;)
 お昼はまたまた市街地へ下り、県道21号沿いの食堂で、美味しいあんかけカツ丼を頂きました(^_^)v
 でも、プラズマ粒子は早く、午前中に来ていたのですね(>_<)
 往復のカーナビには、特に異常は認められませんでした。ちゃんと道路の上を示していました。
 夜に成り、月明かりはあったものの、北の空を注視しましたが、オーロラらしきものは見えませんでした。
 で、深夜に....
 
20170909012612 (1438)Wendeline付近流し撮り w1024 DSC_0633.jpg
 8日の深夜、24時を回った9日01時23分過ぎ、小惑星Wendeline(1438)が、ふたご座の9等星を隠す現象が、宮城県などで見える予報が出て、ヨコミーも取り組んだのでした。
 でも、なにせ東の林から出てすぐの現象だったので、導入に手間取りました。この林、以前も紹介したコシアブラが採れる林です。天文的には邪魔ですが.....(^_^;)
 それでもパソコンの時計は1分前で、なんとか導入したぁ....と喜んだのもつかの間、電波時計を見たら1分も過ぎていました(T_T)
 とてもがっかりし、カメラのスイッチを切ったのですが、まあ一応進化した形態でしたので、気を取り直して撮影しました。
 流し撮りという方法です。まっ、単に固定撮影。多くの場合、時間とともに西へズレて行く星を、モーターで追いかけて動きをキャンセルして撮影します。なので、星は点に写ります。
 矢印が、小惑星に隠されたはずの、ふたご座の星。
 間に合えば、この線に黒い切れ込みが入っていたでしょう。残念。
 家に戻り、国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)のホームページで調べたら、140秒も遅れていました。そしてすぐ時刻修正(^_^;)

20170909082022 ISS太陽面通過 矢印あり w1024 DSC_0656.jpg
 9日08時20分22秒に見られた、国際宇宙ステーションの太陽面通過です。
 場所は、宮城県登米市東和町錦織に在る公民館の駐車場です。
 ピントが甘いのは、まだ解決していません。早めにやりたい宿題です(>_<)
 太陽面の上やや右の黒い、または暗いいくつかの点は黒点です。大きなやつもありますね。ISSのやや右上にも黒点が見えます。

ISSの太陽面通過 20170909082022 FL714mmF9.3 Nikon D810A 1^4000連写 ISO800 653~658.jpg
 撮影は、予定時刻ちょっと前からの高速連写です。
 写ったのは6コマなので、比較暗という方法で重ねました。小惑星フローレンスを重ねたときとは逆の、比較暗です。
 1秒余りで、太陽の左上から真下へ通り過ぎて行きました。
 望遠鏡は日食に使ったセットで、焦点距離は700mmほど。台は安易にカメラの三脚だけ(^_^;)
 まあ、朝は忙しいし、今までの経験からの判断ですが、結果的には良しとしても、略さずに、キチッとした架台等を持って行くべきだと反省(>_<)
 前夜は小惑星による恒星食で、寝たのは03時近く。朝はISSのために06時に起きました。眠かったです。
 なので、9日の夜は、花火の後、早々に布団へ(^_^;)

 このように、たまに忙しくもなりますが、重いものは持たないのに、なぜか時々腰が痛いのです。
 基本的には腰のヘルニアです。痛みは落ち着いていたはずですが、天候悪化の前兆? それとも骨が老齢化? それとも、他の薬で骨が溶け出したかなぁ....???(>_<)
 これじゃ、バイトも探せない(T_T)
 

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

気仙沼の今 暮れゆく大川せせらぎ公園 20170902 [なんでだす !!???]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日9月7日は梅雨のようなお天気でした。
 あっ、立秋を過ぎたので秋雨でしょうか。
 天気図を見れば、確かに秋雨前線が在りました。
 昼前に多少薄日が射したものの、夜まで霧雨や小雨がぱらついていました。

 昨日から近くの工事現場がより一層うるさくなりました。
 以前から路盤の岩を砕く打撃音がひどく、苦々しく思っていたのですが、昨日から、より近い所で、早い周期の杭打ち音みたいな騒音が、大音量で発生していました。
 なので、昼前の薄日が射した時を狙い、当該箇所の工事現場に行ってみました。
 でも、不思議なのです。あれほどうるさかった音が止んでいたのです。
 うーん、足掛け2日間の工事だったか....と無駄足覚悟で行ったら、皆さん、なんと早弁でした(^_^;)
 我が老母、デーサービスに行っている毎週(月)(水)(金)以外、毎日午後1時からは昼寝をするので、午後の大音量発生は午後2時からにして欲しいとお願いしてきました。
 まあ、屋外では会話が出来ないような大騒音なので、それぐらいお願いしてもいいかなぁ....と(*^_^*)
 間もなく責任者がヨコミー宅に来て、まああちらも仕事なので、(火)(木)(土)の午後零時30分から午後2時まで、大音量発生の工事は控えることで合意しました(^_^)v

 さてこの頃、某お遊び協会の所用で市街地へ行くことが多いと書きましたが、9月2日は午後6時30分からの会議でした。
 夕方、市街地へ向かう車も結構渋滞していた記憶がありますので、若干の余裕を見て、開始50分前に出発しました。
 でも、この日は割と快調で、20分以上前に着きそうでしたので、暗くなりましたが、近くの大川せせらぎ公園に寄ってみました。
 (写真はクリックすると大きくなります)

20170902181734 駐車場 w800 P1110930.jpg
 せせらぎ公園は、新月中学校近くの市道から分かれて川土手を進むと、駐車場に下流側から入ります。
 ヨコミーが来たのは、白い車の右奥から。
 午後6時を過ぎたのに、まだお客さんが居たなぁ....と思ったら、付近にはだーれも居ませんでした。
 そう、結構暗いのです。それでも居るのは、不審者のヨコミーぐらい(^_^;)

20170902181628 せせらぎ避難図 w800 P1110922.jpg
 駐車場端に建っていた避難場所を示す地図です。
 右上を見れば、北は左方向。
 そう、ヨコミーの背中方向は西なのです。
 でも、ちょっと分かりづらい(^_^;)
 ましてや、公園の位置は、伸びた生け垣に隠され、更に分かりづらいです。
 左下の緑色は避難場所の新月中学校ですが、その下に見える途切れた道路の端が、この駐車場です。
 
20170902181638 トイレ w800 P1110923.jpg
 駐車場の奥にはトイレがあります。ちゃーんと夜間照明が点いています(*^_^*)

20170902181654 公園上手 w800 P1110925.jpg
 その左側です。暗いですが、川面がなんとか見えています。
 でも、感じとしては、写真は実際よりやや明るく写っています。ん、写しました(*^_^*)

 この公園が開設された頃、市内では珍しい親水公園なので、結構賑わいました。
 そしてこの駐車場を利用して、農家による産直も行われるようになりました。
 
20170902181700 公園中の上手 w800 P1110926.jpg
 でもあるとき、悲しい水の事故が起きてしまいました。
 悲しく、痛ましい事故なのに、具体的な事は風化してしまいました(>_<)
 確か小学校の行事だったような。
 担任の先生は厳しく処罰され、校長も監督責任を問われたことでしょう。

 でも、なんでだす!!????????????????????
 なぜ、防げなかったのでしょうか。
 (まあ、「ヨコミー、後からは何とでも言えるぞ」という批判はお受けしますが。)

 先日見た読売新聞に、概ねこんなことが書いてありました。
 昔の戦にかかわることわざです。
 「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負け無し」と。
 プロ野球、元・ヤクルトの野村監督も引用していましたが。
 あっ、長崎の松浦なんとかの言葉だったか....(^_^;)
 
20170902181704 公園中の中 w800 P1110927.jpg
 川遊びは、通常の遠足等と違い、更に大きな危険が潜んでいたのでした。
 だから行くなという話ではなく、なんでその危険性を事前に考えられなかったのか....ということ。
 どういう位置付けの催事だったか忘れましたが、仮に担任が独自に企画実行したとしても、上司に無断で引率して行ける訳では無いので、職員室でその催事を共有出来ていたと思うのです。
 更に、そのような催事は突発的に行うものではなく、ひょっとしてその年の2月か3月に、新年度の予定として学内でとりまとめられ、教育委員会へ報告されていた行事予定に載っていた可能性もあります。

20170902181710 川原中の下 w800 P1110928.jpg
 もちろん催事の前にはPTAも知り得る訳で、一部の地域の方々も。
 更には、開設者の公も、そのような催事の開催を見越せていたはず。
 皆さんご多忙のためか、具体的に川遊びをイメージできなかったのですね。
 河床はちょっとした雨でも変わることがあります。大雨なら尚更。
 単なる注意喚起に終わらず、箱物と同様、河床のメンテナンスも必要だったのではと思うのです。公園として開設しているならば。

20170902181726 川の下手側 w800 P1110929.jpg
 そして、子供たちも十人十色。
 いろんなモノに興味を示し、あちこちへと動き回ります。
 複式学級ならともかく、普通の学級では、2人3人の見守りではとてもカバー出来ません。「いじめ」の把握だって、そう。

 関係する大人が、催事を知り得た大人が、もう少し危険性に気付いていてくれたなら、痛ましい事故は防げたはずです。自然に親しむ事を広める団体に所属していたヨコミー、自戒を込めて(>_<)
 そうすれば、公園利用者も大きく増えていたことでしょう。
 悲しい事故は遠ざけられ、結果として風化しつつあります。
 そうではなく、難しいところも有るでしょうけれど、事故を学び、自然に潜む危険性や、自然との付き合い方を、副読本等にして、多くの子供たちに学んで欲しいのです。
 御霊の慰霊にもなるし、最終的には事故ゼロを目指して(*^_^*)
 とっぷりと暮れた川土手に立ち、辺りの草の伸びた様子を見て、ふと、そんなことを思ってしまいました。
 あっ、そろそろお時間です......(^_^;)

※写真は暗く撮れていますが、実際はもう少し暗い感じでした。皆様にいくらかでも見えるよう、
 ほんの少し、明るくしたのですが.....(^_^;)

nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース