So-net無料ブログ作成

ボタンの楽園(*^_^*) 花と泉の公園 後編 20190515 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日5月20日は朝から日射しが有り、予報はハズレ。それでも午後から雲が多くなり、深夜から雨。
 昨日は頂いてしまったカボチャとゴーヤーの苗を植えました。毎年、カボチャは自家モノ、ゴーヤーは品種にこだわって苗を買ってくるのですが、頂いてしまった苗は、どんな種類か分かりません(>_<) 困ったな(^_^;) 
 ヨコミーが担当する家庭菜園は僅か。なので開墾です(^_^)v
 ミント系のハーブが、フキやシダの類と共に雑草化している所。まずブドウ状の花が付く太い株を陽当たりがやや悪い敷地の端へ移し、雑草を引き抜きます。
 次にスコップで直径30センチ、深さ30センチ程度の穴を掘り、堆肥を適宜入れて土を掛け、そこにカボチャを植えました。
 見ればポットには3つの苗が出ていて、離れた1つは株分けし、柿の木の近くへ穴を掘って植えました。
 ここはおリュウさんが草を取った時の捨て場所。堆肥化させて柿の肥料としています。新たに捨てられるで有ろう位置から少しだけ離します。
 いずれもヒバやムクゲ、ウツギに近く、「土手カボチャ」ならぬ「樹上カボチャ」にする予定(^_^)v

 ゴーヤーは、昨年敷いた黒マルチ(黒いビニールシート)が多少傷んではいるものの使えそうなので、昨年植えた穴をちょっと広げ、堆肥も入れて土を掛け、苗を植えました。
 でも、どちらの苗も、まだまだ残っていて、それに加え自家苗のカボチャが芽を出してきたら、それも種を守るためにも植えたいな(^_^)v
 実は苗は未だ残っていて、新しい家庭菜園の端も利用して午前中に4ポットを消化(>_<)
 夏から秋のヨコミー家は、ゴーヤーとカボチャで埋もれそう(^_^;) 
 
 さて、朝から小雨の15日に、一関市花泉町に在る「花と泉の公園」、通称・花泉のぼたん園に行った、その後編です。

201905151250 黒芳殿 w1024 P1460991.jpg
 先ずは人目を惹きそうな黒っぽい花から(^_^;) 黒芳殿です。こんな色も好きです。
 純白が好きなヨコミー、最近は好みが変わってきました(^_^;) もう死期が近いのでしょうか(>_<)
 
201905151231 見本園 w1024 P1460907.jpg
 ボタン園の最奥に見本園が広がっています。以前は一つ一つ回っていたのですが、今回は入口だけでパス(^_^;)

201905151231 白いクレマチス w1280 P1460908.jpg
 クレマチスです。
 実は見本園入口のフェンスに、以前からクレマチスが繁茂していて、ひとつの見物(みもの)でした(^_^)v
 でも今年は少なくなっています。手入れが足らない....!?? 折角なので、フェンス全てに伸ばしてくれたら、結構見栄えがするのに(*^_^*)

201905151237 赤 w1280 P1460926.jpg
 赤い花です。見本園からの帰路、未だ巡っていない通路を回ります。
 12時半を過ぎても、未だ小雨が続いています(>_<)

201905151242 白 w1024 P1460948.jpg
 白い花ですが、奥の薄紫?色が素敵です。

201905151241 島津紅 w1024 P1460944.jpg
 島津紅。八重が見事。

201905151243 黄冠 w1024 P1460956.jpg
 黄冠。この日は未だ蕾でした。そろそろ見頃かと(^_^)v

201905151243 赤 w1024 P1460951.jpg
 美味しそうな赤い色の花です。

201905151244 ピンクの蕾 w1024 P1460965.jpg
 薄いピンク色の蕾。可愛い(^_^)v

201905151247 園内 w1024 P1460971.jpg
 園内はこんな感じ。右上は、美味しいピザを食べた所。ボタンハウスといったか。
 店の真ん中に釜が有り、見える所でビザを焼いてくれます。+100円かで持ち帰りも出来ます(^_^)v

201905151248 大喜紅 w1024 P1460978.jpg
 大喜紅です。中心は赤色、端に行くに従ってピンク色に。この配色のまま固定される? それとも全てピンク色になる??

201905151252 白 w1024 P1470006.jpg
 越の雪でしょうか。表示は無し(>_<) 池から顔を出した魚みたいです(^_^)v

201905151252 白 w1280 P1470008.jpg
 同じ株の蕾。ヨコミー、蕾も好きです(^_^;)

201905151253 紅天の輝き w1024 P1470009.jpg
 「紅天の輝き」です。ハイビスカスのような赤い色です(^_^)v こんなのも欲しいな...(^_^;)

201905151302 薄いピンクの蕾 w1024 P1470052.jpg
 ハスの蕾みたいな、薄いピンク色の蕾。名札は有りませんでした(>_<) 
 見世物でも売り物でも、名札が有れば生涯学習の一助にも成り、ひいては深みにはまって何度も来たり、苗木を買い集めるようにも成るのに....。何とも勿体ない話です(>_<)

201905151305 紫 w1024 P1470071.jpg
 色は難しいですけれど、赤紫色の花。これもいい(^_^;)

201905151305 ピオニー・ルテア・ブータン w1024 P1470069.jpg
 ピオニー・ルテア・ブータン。黄色一重の小輪で、ブータンに自生する野生のボタンとか。
 黄色花にも興味が有り、そろそろ開花しているかなぁ。出来れば近々再訪してみたいです(^_^)v 

 「花と泉の公園」通称・花泉のボタン園は、JRやバスだと若干不便な所ですが、ボタンが真っ盛りです。
 少し時期がずれても、これから咲くシャクヤクや、園内南にはベゴニア館も有り、結構楽しめます。
 ベゴニア館のレストランでは餅料理も楽しめます。もしエビが好きな方は、珍しいエビ餅を食べてみましょう(^_^)v
 ヨコミーは大好物。ネットでサラッと調べたら、同様なモノは出て来ませんでした。
 次は、花は二の次として、餅料理を狙いに行きましょうか(^_^;)

 今夜も老母(ろうはは=ヨコミー語)は静かです。
 今宵の夕食時、終わりそうになったらお尻が痛いと。まあ、殆ど寝たきりなので、臀筋が無くなったのかも。
 といって、痛がるのは毎日じゃ無いので、それも不思議。
 もう一つ不思議なのは、下剤が効き目を現す時間。早い時で6時間。遅いと24時間経ってもダメ(^_^;)
 17日なんか、お腹が合わせたかのようにまたまた夕食前(>_<) 今回は30時間以上経った明日の朝飯前でしょうか(>_<)
 明日は午前の一番でケアマネが来るので、朝食や準備は遅れずに済ませたいのですが....。
 ひょっとして、老母のお腹は、出ないうちに、また下剤を飲む日時を迎えるかも知れません(>_<)
 まあ、朝食時じゃなければ助かりますが.....(^_^;)
 おっと断水が多いこの地域、今宵もその予定でした(>_<) トイレに困るので、早く寝ましょう(^_^)v
nice!(14)  コメント(0) 

ボタンの楽園(*^_^*) 花と泉の公園 前編 20190515 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日5月16日は朝から天気が良く、午前中は風除室で冬越しさせたパッションフルーツ(くだもの時計草)のお世話。
 本来なら植え替えるところですが、今の時期まで構わないでしまったので、周辺の土を根ごと取り除き、堆肥と土、砂を適宜混ぜ、埋め戻しました(^_^;)
 それから行灯作りに。もちろん、あり合わせの篠竹や針金で仕立てました(*^_^*)
 午後少し経ったら、下の漁港に霧が掛かってきて、夕方にはヨコミー家まで霧の中へ(>_<)
 山手では薄日が射しているようなので、海に近い所だけのようです。折角の太陽が勿体ない(>_<)
 そろそろ梅雨の前哨戦でしょうか(>_<)
 
 昨日は老母をデーサービスへ送り出した後、小雨の中、一関市花泉町に在る「花と泉の公園」、通称・花泉のぼたん園に行って来ました。

201905151225 赤 w1024 P1460888.jpg
 他人様の目を引くために、目立つやつから....(^_^;) ヨコミー、性格と同じように白が好きなのですが、最近は真っ赤も好きになりました....(*^_^*)
 天気予報に反し、小雨は13時近くまで降り続き...(>_<) まあカメラ的には不適ですが、芸術性が無いヨコミーの写真を、雨粒が飾ってくれます(^_^;)

201905151108 入口 w1024 P1460740.jpg
 入口はこんな感じ。里山を切り開いて....というか、利用して開園した感じ。お帰りの際は右手のテントで苗木やお花を買いましょう(^_^)v

201905151209 白 W1024 P1460795.jpg
 中へ進むと、軽食が出る小さな建物が在りますが、その手前から右へ行った所に白い花が在りました。花弁の付け根に見えるグラデーションが綺麗です。
 実は雨が止むんじゃ無いかなぁと期待を持って、この建物で先に食べたのです(^_^;)
 食べたのはピザ。店の真ん中に有る窯で焼いてくれます。ちょっと待って食べましたが、とても美味しいです(^_^)v

201905151211 藤と園内 w1024 P1460800.jpg
 やや高い所に藤棚が在ります。右端は白色。
 この園には何カ所か藤棚が在ります。葉が出てきたのは僅かです。

201905151212 藤拡大 w1024 P1460804.jpg
 藤の花が綺麗です(^_^)v

201905151213 村松桜 w1024 P1460807.jpg
 村松桜、見事です(*^_^*)
 名前の立て札が在って有り難いのですが、中には無いものも(>_<)
 そして通路に近い花でも向こう向きに咲く花も有り、撮影は向こうの通路から狙うことも有ります。
 そうすると、折角の立て札が分からず、残念なことに....(>_<)
 裏側からも見える花壇なら、是非裏側にも立てる....そういう配慮が欲しいです。どこでも(^_^)v

201905151213 時雨雲 w1024 P1460810.jpg
 時雨雲という品種。

201905151214 時雨雲 w1024 P1460812.jpg
 開きかけた時雨雲。ヨコミーはこんなのも好きです(^_^)v

201905151214 芳紀 w1280 P1460817.jpg
 芳紀(ほうき)です。赤、素敵です(*^_^*)

201905151219 社 w1024 P1460843.jpg
 社(やしろ)です。正に「薔薇」(^_^;) 
 確か「だまし絵」というジャンルも有るようですが、これなど「どうですか、綺麗な薔薇でしょう?」なーんて見せたら、何人が「違います!」って言ってくれるでしょうか(^_^;)

201905151220 社 w1024 P1460850.jpg
 社を正面から。

201905151220 赤花2つ w1024 P1460848.jpg
 赤い花が2つ(^_^)v

201905151221 花泉牡丹園 W1024 P1460857.jpg
 別な藤棚と。

201905151221 黒い赤 w1024 P1460855.jpg
 黒色系の赤色なのでしょう。素敵です(^_^)v

201905151222 ピンク w1024 P1460864.jpg
 ピンクの花。食べてみたい(^_^;)
 
201905151222 赤 w1024 P1460859.jpg
 やはり赤色ですね(^_^)v

201905151224 紫雲殿 w1024 P1460880.jpg
 紫雲殿(しうんでん)。

201905151227 越の雪 w1024 P1460899.jpg
 越の雪(こしのゆき)です。魚が水面から顔を出した感じがしないでもないですね(^_^;)

 美味しいピザと、目にいっぱいのボタンとで、お腹は満腹。ここでちょっと一休み(^_^;)
 次は最奥の見本園からのスタートです(^_^)v
 乞うご期待m(_ _)m

 今夜の老母(ろうはは=ヨコミー語)は、割と今宵は静かです。でも....。
 昨夜の夕食前、ベッドから連れてこようと起こしたら、なんと臭い。とても(>_<) 
 デーサービスで換えたオムツを通り越して、シーツは黄色....(>_<) 
 で、すぐ、おリュウさんとトイレへ連れて行き、処理(>_<) 
 太腿まで汚しているので、ヨコミーが抱え上げておリュウさんが拭き、続けて汚した便座をおリュウさんが拭いていたら、なんと下へ雨が降ってきました(>_<) なんと垂れ残しの小です(>_<)
 おかげでヨコミーのズボン、靴下、スリッパは....(>_<) 
 既に老母は「出る」とも「出ない」とも語りません(T_T) 言うのは「飴っこけろ」「腹減った」程度....(>_<)
 今宵の食事時もヨコミーが食べさせていて、咀嚼そして嚥下が終わったという合図を待っていたら、なんと急にくしゃみをし、口の中の物が食卓一杯に広がり....(>_<)(>_<)(T_T)(T_T)
 両手がもう上がらないので、口を押さえることは出来ないのですが、ならばどうする?という考えが無かった(>_<)
 せめて顔を下に向ければ、被害は限定的だったのに....(>_<)

 いろいろと苦労を重ねて生きてきた老母。一生懸命に生きてきたけど、悪事を重ねて稼ぎ、その金で私たちを育ててきた訳じゃ無い(>_<)
 なのに何故、更に苦しまなければならないのでしょうか。
 この世には、やはり神様は居ないんだなぁと、改めて思うヨコミー。東日本大震災の時もそうでした。
 それとも、神様はヨコミーに試練を与えているのでしょうか。ヨコミーの母親を勝手に使って!!
 苦しめられる老母の迷惑も考えろーーーーーーっ(>_<)
 そんな惨いことをする輩が神様だというのなら、理解出来なくも無い。神は居る!
 ただし、一般の人が漠然と描く神様とは全く似ても似つかない....(>_<)
 いつか見た映画「神と王」(モーセの物語)に出てくるアラブの神は子供の姿をしていた。姿はどうでも良いけど、神は神の力をもって、モーセに反する民衆を虫や災害等で殺していた。殺された民衆は、全員、罪人なのだろうか?
 裂けた海が急に戻り、水死した兵士は全てが悪いのだろうか? 罪の軽重は有ったはず。
 そして「ノアの箱舟」。神のお告げによって乗せられた動物は善良なのだろうけど、水死した人々、そして他の多くの動物たちは、悪魔の手先だったのだろうか??
 閻魔様みたく罪の軽重で裁いていたら面倒くさいので、十把一絡げに、選ばずに殺したのでしょうね(^_^)v
 星座のギリシャ神話に出てくる大神ゼウスは、知っている方も居るかとは思いますが、浮気者です(>_<) 姿を変えて、何人もの人妻へ近づき.....(^_^;)
 その御方々を神と呼ぶのなら、それは気ままで面倒くさがり、そして非情な、でも不貞を働く浮気者、単なる支配者か創造主なんだろうなと、我が老母を見て思うヨコミーなのでした。
 ヨコミーの「神論」、再掲になるかも知れませんが、いつかまとめたい(^_^)v

nice!(33)  コメント(2) 

ツツジ山は週末か 南三陸町田束山 20190511 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 風の丘の季節風は、昨日今日5月13日は落ち着いている感じ。
 昨日、風の丘の古老んちを訪ねた時、道路側のフェンスに網が張られていたので聞いたら、風除け、だと(>_<) 
 このお宅、西風はもとより東風も当たる所。まあ、初日の出がご自宅から見えるメリットもありますが(^_^;) 庭先で花や野菜を育てているので、強風は大きな迷惑(>_<) 庭先では綺麗なツツジが咲いていました。

 ツツジといえば近くで大きな群落が見えるのは3カ所4カ所有るのですが、一番早いのは南三陸町の旧・歌津町西部の田束山(たつがねさん)かと。そろそろ麓の国道辺りからも、山頂付近が真っ赤に染まった様子が眺められます(^_^)v
 この山には別用で10連休から時々通っていましたが、今月11日に行ったら綺麗に咲き始めていました。

201905110955 拡大 w1280 P1460524.jpg
 田束山山頂付近のヤマツツジです。撮影は5月11日午前10時前。
 でも、やっと咲いた部分だけですよ(^_^;)

201905110954 歌津志津川 w1920 P1460520.jpg
 山頂直下の駐車場からみた南東方向。南三陸町の旧・歌津町は左の入り江付近が中心。右の入り江の奥が旧・志津川町の中心。
 ヤマツツジは見ての通り、咲いたのはほんの一部。多くが蕾です。

201904280943 歌津志津川 w1024 P1450875.jpg
 参考までに、撮影位置は微妙に違いますが、今年4月28日のほぼ同時刻に撮影したのがこちら。
 2週間前の蕾は色っ気がありません。
 ところで、こちらの写真の方がよりはっきりとしていますが、奥の右端に近い所に、牡鹿半島の先に浮いている島・金華山(きんかさん。445m)が薄らと見えます。

201905110955 金華山方向 w1024 P1460521.jpg
 拡大がこちら。11日の撮影です。中央奥の山が金華山です。手前の山並みが島であることを隠しています。
 手前は志津川湾。

201905110955 中拡大 w1024 P1460523.jpg
 咲いたヤマツツジを見てみましょう。上の方はまだ蕾です。

201905110955 拡大 w1024 P1460526.jpg
 中央は綺麗に咲いていますが、右を見れば色付いてはいるものの蕾が見えます。もっとも、間もなく咲くことでしょう。
 左奥はもう少し掛かるのでしょうね。

201905110955 山頂への遊歩道 w1024 P1460525.jpg
 駐車場から山頂に向かって左側に、遊歩道が在ります。ここはまだ咲いていません。右上がそろそろ。
 11日は余り見通しは良くなかったので、栗駒山は霞んで見えませんでした。
 なので、次は割と見通せた5月4日の同時刻に撮影した、この場所をちょっと含めた左側です。

201905040952 山頂への遊歩道 w1024 P1460152.jpg
 5月4日の撮影です。1週間前だというのに、右側の株(1枚上の写真)でさえ、赤みが感じられません。急速に赤みが増したのですね。
 中央奥、山頂付近に雪を残しているのが栗駒山(1626m)。左に見える松の影には船形山、更に左には仙台の泉が岳、もっと左にも雪山が見えたのですが、山の同定もしていませんので、紹介はいつかの機会に(^_^)v

201905040952 栗駒山アップ w1024 P1460154.jpg
 栗駒山の拡大です。北上山地の南端に近い辺りから、北上川の上を経て、東北地方の背骨・奥羽山脈の山を見ています。
 過去のこのブログに、左の稜線に沈む太陽を載せたことがあります。とても綺麗でした。「田束山落日」のようなタイトルでした。時間と興味がおありの方は、見て頂ければ嬉しいです(^_^;)

20905110954 上へと下への間 w1920 P1460518.jpg
 山頂へ至る遊歩道の左側です。未だこんな感じ。この木々の向こうに仙台方面の山々が、ひょっとして仙台をも過ぎ、山形との間にそびえる蔵王山も見えたのでは....と期待していますが、解析はこれから(^_^;)
 ところで、この左は下の駐車場へ通じる遊歩道の下り口が在ります。 

201905110956 下の駐車場へ w1024 P1460529.jpg
 これが下る遊歩道です。麓のことですが、中央やや右上に建物の屋根らしき物が2つ3つ見えますが、一番大きなものは志津川の商工団地に隣接する体育館です。
 この付近は高台なので、震災後に警察署や信金などが引っ越してきたのですが、現況を見れば、まちの中心街は3つに分かれた感じがします。4つ??
 まちの復旧が進めば、南三陸さんさん商店街付近を中心とした中心街になるのでしょうか。信金も戻ってくるのでしょうか。隣町のことなので、ちょっと心配しています。
 あっ、またまた脱線(^_^;)
 左手に濃い色のヤマツツジが見えます(^_^)v

201905110955 下P小径花アップ w1024 P1460528.jpg
 拡大してみました。大きさから見ても、レンゲツヅシではないようです。素敵な色です(^_^)v

 田束山のヤマツツジは、見頃が今週後半か週末かと。
 この日は午前中早くから車が何台も山頂直下の駐車場に上ってきて、警備員が車の誘導に当たっていました。
 これからとても混雑するので、歌津側から登っても、本吉町小泉から登っても、トイレが有る駐車場等に車を置き、徒歩で遊歩道等を歩いた方が無難かと。ゆっくり登っても10分も掛からないでしょう。
 因みに歌津側から登ってきて、左にやや高い所に在る最初の駐車場のトイレは汲み取りだったかと。小泉側に近いトイレは水洗。 
 ツツジのシーズンは結構賑わうので、保証はしませんが、熊は遠慮することでしょう(^_^;)
 でも、食べ残しなどは山に捨てないでください。熊が夜に出て来て味をしめ、昼間に更に求めてやってくるかも知れません。ゴミと共にお持ち帰り願います(^_^)v
 なお、山頂直下の駐車場付近にはトイレは有りませんので、下の駐車場で済ましておきましょう(^_^;)
 帰路、歌津方面から帰られる方は、麓に南三陸ハマーレ歌津という復興の、本設の商店街があるので、インター手前からちょっとだけ北に国道45号を進み、お土産やトイレの用事で寄ってみてください(^_^)v

 夜も深まり、老母(ろうはは)がちょっと騒ぎました(>_<) 行ってみたら「ネコが...」だと。夢でも見たのでしょうか。耳を澄ましても、鳴き声は聞こえません。室内にもネコは居ません。「なーんも居ねえよ」と大きく言って、寝かしつけました。
 さあ、そろそろヨコミーも寝ましょう(^_^)v あっ、寝らんねぇ....(>_<) 月か沈んだら、ホーキ星を撮影するつもりでした。もう少し頑張んべ(^_^;)

[参考]
 グーグルマップの航空写真をお借りして、案内図を作ってみました。右端の駐車場は、以前は進入止めがありましたが、最近は無いので、停められます。この場所、バブルなときは、三セクみたいな入浴出来る施設が在ったのですがねぇ....。もっとも山頂に近い駐車場にも、その前から宿泊出来るレストハウスが在って、ラーメンなどを美味しく食べたものです。今は四阿のみ。そんな時代も知っているヨコミー、寂しい限りです(>_<)
田束山グーグル.jpg
nice!(31)  コメント(4) 

弘前城落とせず(>_<) サクラの戦い 後編(^_^;) 20190426 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 
 今日は令和元年5月1日。平成からの雨が、朝は霧雨という形で残っています。気温は寒いという程度ではありません。まあ、風邪気味の身の体感温度なので.....(^_^;)
 この記事の後編まで、平成で終わらせたかったのですが、ちょいとお疲れ気味で、28日は早々撃沈(^_^;) 昨夜30日も撃沈し、平成から令和に変わる瞬間に打ち上げられた花火も知らず....(>_<)

 という訳で、26日に行った青森県弘前市に在る弘前城を回った後編です。

201904261048 春陽橋から西壕方向 w1024 P1450589.jpg
 春陽橋から凡そ南方向です。両側の並木が圧巻です(^_^)v

201904261047 花筏春陽橋から w1024 P1450584.jpg
 近くに花筏があり、蛇行か渦を巻いているように見えます。

201904261109 未だ w1024 P1450606.jpg
 まだ花が開いてない木も。八重の蕾でしょうか。この濃い色に惹かれます(^_^;)

201904261112 イガ w1024.jpg
 イカと野菜で作ったメンチボール。美味しいです(^_^;)
 朝食は早くなく食べてきたのですが、こういうものに目が行きます(^_^;) 11時12分、そういう時間かな。

201904261112 シュウマイ w1023.jpg
 もちろん、横浜名物を掲げるシュウマイも(^_^)v

201904261132 御車返し w1024 P1450630.jpg
 御車返し(みくるまがえし)という品種。1つの木に一重と八重の花が咲くとか。ヨコミー、これも欲しい....(^_^;)
 大きな鉢植えなので、植栽待ちのようです。

201904261135 レクリエーション広場 w1024 P1450639.jpg
 レクリエーション広場の並木。トラックを走っている方が居ました。

201904261140 賀田橋 h1024 P1450659.jpg
 賀田橋脇。
 この辺だったろうか、お店の粋なおばちゃんが、歩きながらたばこを吸っている観光客を見つけ、注意していた。まだそんな輩が居る(>_<) 
 今日行った日帰り温泉、帰ろうと玄関に向かったら、室内なのにたばこ臭(>_<)
 なんと玄関外の喫煙室から出て吸っている若爺が居た(>_<) 
 たばこの価格はまだまだ安いのかも知れない。高価だったら吸うのを止めるか、シンナーみたいに漏れないようビニール袋の中に入れて吸うんじゃないかな(^_^;)

201904261151 紅枝垂れ h1024 P1450679.jpg
 綺麗な紅枝垂れ(^_^)v

201904261157 日本一太いソメイヨシノ h1024 P1450716.jpg
 緑の相談所の中庭に在った、日本一太いソメイヨシノ。

201904261219 三の丸 w1024 P1450742.jpg
 三の丸付近で見掛けた紅枝垂れ。白い、多分ソメイヨシノとのコントラストも良し(^_^)v

201904261221 仙台枝垂れ w1024 P1450758.jpg
 仙台枝垂れ。簡単にはソメイヨシノの枝垂れ版みたい(^_^;) 蕾の薄いピンク色が素敵です(^_^)v

201904261236 横浜緋桜 w1024 P1450794.jpg
 横浜緋桜です。八重じゃない、濃い色の桜も素敵です(^_^)v

201904261249 八重のヤブツバキ w1024 P1450812.jpg
 銘板にはヤブツバキとありましたが、こんなのなら欲しい(^_^)v ヨコミーは材木屋さん。気(木)が「多い」(^_^;)

201904261250 枝垂れウメ w1024 P1450815.jpg
 枝垂れ梅と表示が有りました。弘前城植物園の中ですが、不思議な花です。
 そういえば、一昨年花見山から買ってきた白い枝垂れ桃が咲きました。本当は白い枝垂れ梅が欲しかったのですが、売り切れでした。今年も、探し方が悪かったのか、見掛けませんでした(>_<)

201904261304 ツルニチニチソウ w1024 P1450830.jpg
 我が家でもいっぱい咲いているツルニチニチソウ。キョウチクトウ科とありますが、どこが似ているのでしょうか。
 因みに、桜はバラ科です。初心の者には不、思、議(^_^;)

201904261304 ハナカイドウ w1024 P1450829.jpg
 ハナカイドウの蕾です。きっと素敵な花を咲かせてくれることでしょう(^_^)v

201904261338 お濠と w1024 DSC_5634.jpg
 そろそろ追手門(おうてもん)です。赤い橋、桜、お堀の水に浮いた花弁。時間といい天気が有れば、もっとゆっくり撮りたいのですが....(>_<)

201904261338 花弁 w1024 DSC_5632.jpg
 下に見える擬木の手前は、風の陰になるのか、落ちた花弁の量は少ないです。これも面白い(^_^)v

201904261354 追手門口八重紅枝垂れ w1024 DSC_5655.jpg
 追手門口の八重紅枝垂れ。
 名残惜しいのですが、門を出ます(>_<)

201904261405 みく w1024 DSC_5665.jpg
 車を置いた観光館に立ち寄ります。「桜ミク」。可愛い過ぎ(^_^;)

201904261406 観光館内すばる360 w1024 DSC_5669.jpg
 なんと、その昔一世を風靡したスバル360も展示していました(^_^;)

 今回、時間の都合も有って、本丸までは攻め込めませんでした(>_<)
 観光館で支払った駐車料金は900円(^_^)v まあ5.5時間分なのですが、最初の1時間は確かサービス。
 実質5時間余り居たのに、攻め落とせなかったのは、やはりいろいろと惹かれるから(^_^)v まあ、ヨコミーは気が多いのです(^_^;)
 よーく、散り始めたりしてると、また山では紅葉の色がピークを過ぎていると、「残念だぁ...」と早足で回ったり、単に行ってただ見るor見ないで回る(登る)方も居ますが、ほんと、勿体ないなぁ....と思うのです。
 次の機会が有れば、まず本丸を攻め落とし、改めて三の丸等をしらみつぶしに当たってみたいと思います。
 うーん、これだと5時間6時間では無理かなぁ....。やはり、素泊まり温泉から通うようかも(^_^;)
 今回利用した西xx村の素泊まり温泉は、以前は食事付きもあったようですが、これも合理化の波によるものか、素泊まりだけ....(>_<)
 6畳の和室に押し入れ、ウオッシャートイレ、キッチン・冷蔵庫付きのアパートみたい。部屋に風呂は無いけど大浴場は温泉で1泊4000円。コインランドリーもありました。食料は事前に街のスーパーで買い出ししましょう(^_^)v
 白神山地にある、決して高級ではない安宿ですが、リーズナブルに旅行したい方や、ちょっとお隠れしたい方などにお薦め(^_^)v
 
 本当に暫く振りの角館観光と、出張では行ったものの観光は初めての弘前。武家屋敷をゆっくりと巡られなかったり、本丸への未練は残ったものの、1泊2日としては満足出来る旅でした(^_^)v

nice!(23)  コメント(10) 

弘前城落とせず(>_<) サクラの戦い前編(^_^;) 20190426 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日29日も冷たい海風が入っていて、昼間でも結構冷えました。
 ところが所用で車に乗ったら、天気が良いもので車内は暑く、エアコンを入れたいほどでした(>_<)

 という訳で、25日は角館の桜を楽しんだ後、費用の関係から(^_^;)多くは一般道で北上し、白神山地東側で泊まり、26日は青森県の弘前城を目指しました。

201904260936 弘前市立観光館P w1024 P1450340.jpg
 車を停めた弘前市立観光館です。当初はやや離れた市立体育館を予定していましたが、どちらもお金を取られるので、どうせならより近い所へと勝負に出(^_^;)、城の南側・追手門(おうてもん)前の観光館にチャレンジしたところ、無事に駐車出来ました。
 ここがダメなら旧水道部跡地、市立体育館、河川敷と考えていましたが、取り越し苦労でした(^_^;)

201904260941 追手門から W1024 P1450348.jpg
 追手門周辺です。橋を渡りましょう(^_^)v

201904260942 追手門左の掘 w1024 P1450352.jpg
 追手門に通じる橋から西側を見てみました。桜並木が綺麗です。紅枝垂れがアクセント(^_^)v

201904260945 追手門前花筏 w1024 P1450366.jpg
 手前を見れば花筏(はないかだ)。桜の花弁がぎっしりと水面を埋め尽くしています(^_^)v

201904260943 枝垂れ w1024 P1450356.jpg
 先程の枝垂れ桜です。まだ若い木なのでしょうけれど、とても綺麗です。

201904260946 キャラクター h1024 P1450374.jpg
 弘前市誕生130年を記念する、さくらまつりのキャラクターと枝垂れ。キャラクターは可愛い過ぎて、ヨコミーの趣味ではありませんが、一応(^_^;)

201904260946 追手門 w1024 P1450375.jpg
 追手門です。読みは「おうてもん」とローマ字表記があるのに、「おおてもん」と話すのは観光客だから仕方無いのでしょうか。
 因みにヨコミーは「おってもん」と初めは読んでいました(^_^;)

201904260946 追手門出て w1024 P1450376.jpg
 追手門を抜けると、そこは桜の城だった(^_^)v

201904260947 案内図 w1024 P1450380.jpg
 案内図が在りました。現在地は左。ここから凡そ右回りに攻め込みました(^_^)v

201904260947 通り w1024 P1450384.jpg
 門から真っ直ぐの通りです。白色、薄いピンク色、濃いピンク色が在り、綺麗のひとこと(*^_^*)
 臨時のコインロッカーも在ります。

201904260951 紅枝垂れ拡大 w1280 P1450399.jpg
 通りに在った紅枝垂れの拡大です。

201904260958 市民広場の紅枝垂れ w1024 P1450436.jpg
 こちらは市民広場の。

201904260959 枝垂れとコブシ w1024 P1450447.jpg
 紅枝垂れとコブシ(右)です。コブシの花弁が緑の絨毯に広がっています。

201904261003 杉の大橋脇枝垂れ w1024 P1450458.jpg
 杉の大橋脇に在る紅枝垂れです。

201904261004 未申櫓と花筏 w1024 P1450461.jpg
 未申櫓と花筏です。右向こうから手前に集まってきたのでしょうか。

201904261010 南内門付近の花筏 w1024 P1450479.jpg
 橋の東側、辰巳櫓方向の花筏です。

201904261011 南内門付近の花筏 w1024 P1450483.jpg
 左下を拡大しました。綺麗です(*^_^*)

201904261015 雨 w1024 P1450496.jpg
 お城へ着いてから間もなく、小さな雨粒が降り出し、レンズの繰出部をハンカチで拭きながらの撮影でした。
 この頃は小雨となり、遂に傘の出番となりました(>_<)

201904261028 アップ w1024 P1450509.jpg
 西の郭付近で見つけた桜です。白い枝垂れ!?

201904261031 太い幹から w1024 P1450522.jpg
 別な木には未だ蕾も(^_^)v

 さて、お城の桜攻めは未だ半ばですが、まあ一服です(^_^)v 
 前日の角館、そして弘前、帰宅してからの週末は例年より寒く、昨日の日曜日夜から風邪気味となりました。暖かな着る物は着ていたのですが、頭が冷えたのでしょうか(^_^;) 服薬(>_<)
 冷たい雨が降った土曜日を除き、それでも、ちょこちょこと出掛けてしまいました(^_^;)

 老母(ろうはは=ヨコミー語)は相変わらずの「お困り者」(>_<)
 昨日の日曜日、ショートステイから戻り、夕食を食べさせようとしたら、「みんなで食べてきたから、今は食べない...」と。
 よーく、食べたことを忘れるお年寄りが居ますが、老母は昼食を食べてからの時間が消えたのでしょうね。だから、ついさっき食べたと思っている...(^_^;)
 多分、お腹には食べたという神経が無い。なのか、大小が出るとか、出そうだという感じ取る神経も無いようで....(>_<)
 ヨコミーの身体も大変(>_<) 重い老母を持ち上げるので、右手首の古傷は生き返り、3年前に痛めた左肩も崩れだしそう。栗駒山の登山にも耐えた足は左膝が痛くなるし....(>_<)
 今度老母が悲痛な叫び声を上げたら、そろそろ最後の親孝行をしてあげるかも.....(>_<)
 でもそういう判断力は、もう無いのかも.....(>_<) どーすっぺ(^_^;)
nice!(20)  コメント(6) 

見事な桜並木 秋田・角館 20190425 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 神様が、北国のサクラを10連休まで残して置こうとしたか、とても寒い日が続いています。
 まあヨコミーもこの恩恵に預かったのですが、行きは問題なかったのですが、既に夏タイヤでしたので、帰路はひやひやでした。
 老母のショートスティが取れていたので、サクラを見に、25日は秋田県仙北市角館町へ行きました。 
 帰路は雨や小雪が舞い、路面は濡れ、気温は未だ午後なのに零度まで下がりました。路面は-3℃だったでしょう。凍結(>_<)
 高速道なので塩化カルシウムを撒いているのでしょうけれど、撒く前なのか撒いた後なのか、ひやひやでした(>_<)

201904251223 野球場脇P w1024 P1440872.jpg
 もっと近くに駐車場が在りましたが、混雑を心配し、南側の落合運動公園(無料)に車を置きました。
 小雨が上がってやれやれです。

201904251224 土手の両側そして川向かい W1024 P1440874.jpg
 土手は2車線(^_^;)になっていて、1つは桜のトンネル。もう1つは左下隅に川みたく見えるのは舗装道路。細い緑の線が川へ下がる法面の草地。
 なんと、川向かいも見事な桜並木です(^_^)v

201904251230 拡大 w1024 P1440888.jpg
 何処かに書いて有りましたが、ソメイヨシノです。八分咲きくらいの枝も在りますが、葉は殆ど見えません。

201904251240 看板 w1024 P1440896.jpg
 少し歩いたら看板が在りました。車を停めたのは「細道」の下辺り。
 看板には残念ながら、運動公園付近や川向かいの並木は書かれていません(>_<) 
 「指定」の如何に関わらず、書いて飾って欲しいものです。実際に在るしぃ(^_^;)

201904251241 ひと目 w1280 P1440897.jpg
 どうです? 正に「ひと目千本」の価値があります(^_^)v
 向こうの山は、角館町版「花見山(福島市)」といったところ(^_^)v
 土手の舗装道路は無くなりました(^_^)v 車が停まっていたのですよ(>_<)

201904251248 土手から w1024 P1440915.jpg
 土手から川の反対側を見てみました。右の木は老木で、治療中でしょうか。

201904251323 武家屋敷通りへ w1024 P1440931.jpg
 昼食を取り、武家屋敷の通りへ。
 昼食はカレーでしたが、値段に比べて、なんか物足りない....(^_^;)

201904251326 武家屋敷通り看板 w1024 P1440937.jpg
 通りに入って間もなく、役所の前に看板が在りました。

201904251340 通り w1024 P1440982.jpg
 綺麗な桜の通りです。人通りには波があり、少ない時に(^_^;)
 中国人がここでも多い(^_^;)

201904251340 枝垂れ w1024 P1440981.jpg
 枝垂れ桜です。惜しいことに、ピークはちょっと過ぎでいます(^_^;)

201904251341 ツバキ w1024 P1440987.jpg
 武家屋敷から素敵な椿が顔を出しています(^_^)v

201904251346 ソメイヨシノ W1280 P1450013.jpg
 見事なソメイヨシノです。左が南側。

201904251402 北側の通り w1280 P1450045.jpg
 枝垂れに頬を撫でられそう(^_^;)

201904251402 枝垂れぼけ h1024 P1450046.jpg
 拡大ですが、ちょっとピンぼけ(>_<) まあ雰囲気をお楽しみ願いますm(_ _)m

201904251415 北端付近 w1024 P1450088.jpg
 北側の通りの北端付近に見事な枝垂れが(*^_^*)
 川土手から遠く見えた花見山風の山がバック。上に四阿みたいなものが見えます。

201904251417 枝垂れ看板 w1024 P1450092.jpg
 直ぐ脇にこんな看板が。古木には何番木と表示が有りました(^_^)v

201904251423 看板 w1024 P1450112.jpg
 こんな看板も。
 やはり枝垂れは白色系と淡紅色系の二種でした。

201904251426 公民館脇 w1024 P1450126.jpg
 公民館と書いて有った建物の角を曲がると...。若木ですが、塀から飛び出て並木風(*^_^*)

201904251427 拡大 w1280 P1450131.jpg
 拡大しました。綺麗です(^_^)v

201904251433 帰路の土手 w1024 P1450151.jpg
 帰路の川土手です。南向け。

201904251437 河川敷に w1024 P1450162.jpg
 河川敷を歩いていたら、色の濃い桜が(*^_^*)

201904251437 拡大 w1280 P1450167.jpg
 拡大しました。中国の方々がいろいろと撮影していました。

201904251439 帰路 w1024 P1450176.jpg
 天気が良ければ、お弁当を広げたい(^_^)v
 昼食に不満だったので、食べ増しする!??(^_^;)

201904251511 看板 w1280 P1450268.jpg
 右下に、車を停めた運動公園が書かれています。行きには気付かなかった看板でした(>_<)

 もともと雨が降っても歩くつもりだったので、傘と薄い防寒着は持っていました。
 少し寒めでしたが、昼食以外は気持ち良く、満足出来た桜ウォーキングでした(^_^)v
 地図左やや下に駐車場マークが在りますが、出店も在ったはず。河川敷の駐車場(無料?)は、平日のためか10台も停まっていませんでした。
 全体的に連休前半でも楽しめそうですが、駐車場の混雑を心配する方は、ヨコミーコースを検討しても良いかなっ(^_^)v
 おおっと、夜のお宿は白神山地東側の山ん中なので、早く北上しなきゃ(>_<)
 では(^_^)v
nice!(10)  コメント(0) 

サクラサイタ気仙沼市民会館 20190418 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 いよいよ「風の丘」の本領発揮です。結構風が強く、時には高速道路の騒音以上にも(>_<)

 そんな風もやや収まった今日4月18日、遠くの景色の見え具合から霞や花粉はもう無いだろうなぁとベランダの手摺りを拭き、趣味の布団干しをしました。
 暫く布団は干していなかったので、手摺りは結構汚れていて、土埃の色ですが、下地はスギ花粉のようで、落ちにくいです。
 まあ3度拭き、何とか干せる程度に綺麗になりました。
 でも、どうやら鼻水が出ます。まあ最近は老母の見守り(寝守り(^_^;)で茶の間に寝ることが多く、真面な布団では寝ていないので、風邪気味になったかなぁ....程度の認識でしたが、どうやら花粉みたい。
 春霞は割と無いような気がするのですが、心配になり、布団は早めに取り入れました。

 気仙沼地方でもサクラの開花が聞かれるようになりました。
 ただ、単に開花といっても、種類をごっちゃにしていると、他地域との比較になりません。また、同じ地域で見るなら、育っている環境も考慮しないと、正しい比較にはならないのですが、安易な人も多く、困ったもの。
 例えば市内鹿折(ししおり)に在る、以前紹介した興福寺には四季ザクラがあり、雪降る中、隣の池が凍っている、そんな中でも咲いていました。まあ当然。
 市内新月(にいつき)に在る新月公民館のサクラは、多分ソメイヨシノかと思いますが、市内でも早咲きで知られています。
 今年も建物に近い方から咲き出したと地元紙に載っていました。そう、ヨコミー家の、壁際のウメの花と同様、当然(^_^;)
 なので、他と比較していう時には気を付けたいものです。同じ木で、昨年より早いとか比較する分には、なーんも問題ないと思うのですが。
 また、似た種類も有るので、出来れば品種名を付けて頂きたいですね。生涯学習をも助けてくれます。
 まあゴチャゴチャ書きましたが、面倒な他との比較はやめといて、ただ楽しみましょう(^_^)v

 昨日の地元紙に、気仙沼市民会館付近のサクラを同館からライトアップするというので行ってみました。
 が、ライトアップは21時までで、早とちりヨコミーは、駐車場が22時まで利用出来るということを、ライトアップが22時までと勘違い....(>_<)
 でも、市民会館の駐車場は、確か今でも閉鎖しないはず。今日の地元紙に依れば、奥の仮設住宅にはまだ入居されている方が居ると。
 なので、22時の記載は要らない、勘違いのネタを提供しなくてもいいんじゃない!?....と思うのです(^_^;)
 もちろん、鍵を掛ける市の図書館は21時の記載でいいのです。
 と書いている内に、デジイチからデータを移し終えました(^_^;)

201904182138 市会南東側 w1024 DSC_5321.jpg
 市民会館西側玄関まえから、珍しくストロボを焚いて(^_^;) 土手の上は気仙沼中学校校庭の南東端。

201904182144 市会と w1024 DSC_5341.jpg
 気仙沼中学校校庭南側に在る坂の途中から。下の建物は気仙沼市民会館です。
 校庭の端にずらっと植えるパターンは、ソメイヨシノだと思います。
 なのに色が違っていますね。御衣黄(ギョイコウ)のような薄緑色は、主に右下に在る駐車場の照明によるもので、下の道を通る車に照らされたのがピンクかと(^_^;)

201904182141 気中南側 w1024 DSC_5331.jpg
 おぼろ月と一緒に(^_^;) ほんと、御衣黄みたい(^_^;) 
 どなたか、いたずらしてみませんか(^_^)v
 「この御衣黄は素敵ですねぇ!」とこの写真だけ見せたら、御衣黄を知っている、サクラに対して普通の方より知識を持っている方でも、御衣黄というかも知れません(^_^;)
 まあ気仙沼では未だ咲く時期じゃないので、場所は南の方で撮ったといえば、納得するかと(^_^;)

201904182143 ストロボアップ w1024 DSC_5337.jpg
 ちょっとアップしてストロボを焚いてパチリ。

201904182147 気中校庭東側 w1024 DSC_5351.jpg
 坂を下りて左折してパチリ。奥に見える建物が気仙沼中学校の体育館です。
 左上の花が白木蓮みたいですが、これは手ブレ(>_<) 
 今回も全て手持ち撮影です(^_^;) すみませんm(_ _)m

201904182148 気中南東 w1024 P1440498.jpg
 お別れに、最初の位置からパチリ。真ん中下の黒いはレンズフードの影(^_^;)
 上の方に薄い丸がいくつか写っていますが、あれはいつものやつ。多分花粉かと(>_<) 最初の写真とは構図が似ていますが、別なカメラです。
 やはり今日の鼻水は花粉だったのかも知れません(>_<) 皆さん、未だ花粉には注意ですよ(^_^;)

 ライトアップを見に行ったのに、ライトアップしていないサクラを見てきました。ヨコミー奥様のおリュウさんは呆れ顔(>_<)
 まあヨコミーは、ライトが無くてもネタにするけど(^_^;)
 明日も行こうかな(^_^)v まっ、老母がお利口さんにしていたら(^_^;)

nice!(14)  コメント(2) 

正に桃源郷(^_^)v 福島市花見山その1 20190409 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日4月11日は、朝起きてカーテンを開けてみたら、外には積雪が有りました。ヨコミー家付近では2cm位でしょうか。
 午前中に気仙沼市街や鹿折地区へ所用で行き、お昼に帰ってきたのですが、昼まで屋根に雪が残っていたのはほんの僅かでした。もちろん北側のみ。やはり春の淡雪です。
 4月も10日を過ぎて、こんなに積もるのは記憶に無いです。
 若い頃のある4月28日、アマチュア無線のコンテストのため、800m余りの山に停めた車の中で運用していたのですが、大きな低気圧が来て平地でも雪が降るとのニュースを聞き、コンテスト参加をやめて下山した記憶があります。当時はオールシーズンタイヤに履き替えていました。
 やめて戻ってきた気仙沼では、雪は降らなかった記憶があります。
 まあタイヤは今日も未だ冬タイヤですが、昨夜からの雪がこの程度で助かりました。
 というのも、昨日一昨日と福島へ行って来ました。まっ、介護の骨休め(*^_^*)
 老母をショートスティへ見送ってからの出発となりましたし、また駐車場も直ぐ近くは無理なので、阿武隈川河川敷に在る、シャトルバスが出る駐車場を経由したので、麓の施設に着いたのは14時を回ってから....(>_<)
 太陽の傾きから見れば、午後イチ位には入りたいものです。

201904091429 花見山遠景 w1024 P1420138.jpg
 正面奥が花見山です。福島県福島市。福島駅の南東方向に在ります。
 バス駐車場やトイレなどの施設を出て、花見山に向かって右側を歩くと、間もなく、こんな景色が(*^_^*)
 28ミリ相当の広角で撮ったので遠そうに見えますが、それほど遠くはありません。許可車以外進入禁止ですし、散策気分で道々の風景が楽しめます(^_^)v

201904091430 青空と h1024 P1420142.jpg
 天気予報は下り坂ですが、今のところ何とか青空が広がっています。風は今までに無いくらい寒いです(>_<)

201904091432 花見山と w1024 P1420156.jpg
 コース右手の木にピンクと白い花が咲いていました。その下には黄色いレンギョウも。
 ピンクはハナモモ、白い色は枝垂れウメでしょうか。洒落た植え方をするものですね(^_^)v
 左奥は花見山です。

201904091435 向かい左 w1280 P1420164.jpg
 花見山に向かって左側にも素敵な景色が広がります。
 下の家々の前は車道。多くは帰路に通っているようで、土産物や苗木、花苗等の売店が多いです。

201904091436 向かい右 w1280 P1420166.jpg
 更に右続きです。こんな所に住みたいものです(*^_^*)

201904091439 右の左 w1024 P1420178.jpg
 後の写真中、左側を拡大してみました。色とりどりです(^_^)v

201904091439 右の右 w1024 P1420179.jpg
 右側の拡大です。上の方まで咲いています。
 人の姿も若干見えますが、作業の方でしょうか? 案内看板が見当たらず、出荷用なのかも知れませんが、次回は近くまで行って様子を見てきたいと思います(^_^)v
 邪魔な観光客かも知れませんが、一度は入園料を支払っても見てみたいものです(^_^;)

201904091441 関所 w800 P1420183.jpg
 どこにでも関所はあるものですね(^_^;) コーヒーと玉コンを頂きました(*^_^*)
 ただ、ラーメンとかカレーの店が無い感じ(>_<) 週末なら有るのかなぁ.....。
 
201904091449 アヤメか w1024 P1420186.jpg
 正面奥が花見山。手前の田んぼはアヤメの類でしょうか。その季節も楽しめますね(*^_^*)

201904091452 さくら w1024 P1420196.jpg
 歩いて行くと、いろんな花が咲いています。もちろんサクラも(*^_^*) ソメイヨシノでしょうか。

201904091453 ボケ w1280 P1420203.jpg
 ボケです。とても綺麗に咲いています。
 更に北国の気仙沼、ヨコミー家では、蕾がやっと大きくなり、薄く色付いた程度(>_<) 

201904091454 ツバキと w1024 P1420206.jpg
 風が出てきて枝が結構揺れる中、何とか撮った1コマ。

201904091455 まもなく w1024 P1420211.jpg
 左下に花見山公園を示す案内板が在りました。下の左に小さく、黄色いジャンパーを着た人が見えますが、観光ガイドさんでした(^_^)v

201904091457 菜の花 w1024 P1420222.jpg
 菜の花も、とても綺麗です(^_^)v

201904091459 若い親子 w1024 P1420235.jpg
 こーんなことも出来ます(^_^)v 中に入っちゃダメって?? いえいえ、ちゃーんと小径が設けられていて、合法的に(*^_^*)
 正面から右手の山は、花見山の西隣の山。ここの斜面も綺麗ですが、残念ながら立入は出来ません。
 この斜面は凡そ東向きのため、早く日陰になります。そのためにも、遅くても午後イチには入りたいです。
 
201904091503 西向かい w1024 P1420252.jpg
 その斜面をちょっと拡大してみました。この時間、花が逆光に輝いて、とても美しいです(^_^)v

201904091459 西向かいアップ w1024 P1420236.jpg
 更に拡大してみました。こんな所を、ゆっくりと回りたいですね。料金を支払ってでも(*^_^*)
 因みに、このブログではまだ花見山公園に到着していませんが、公園自体は無料です。持ち主さんが無料で公開してくれています。有り難いことですm(_ _)m
 ヨコミーが利用したシャトルバス関連の協力金があっただけ。これはバスやタクシーの料金と同じ類ですね。

 さあ、まもなく花見山公園に入りますが、続きをご期待願います。
 もし時間がお有りなら、このブログの進行を待つより、この週末も楽しめそうな花見山へ、皆さん出掛けてみませんか。
 新幹線なら、京都や大阪からでも日帰りで楽しめるかと。福島駅からも30分おきにバスが有り、所要時間は15分とか。
 花を見ながら、ゆっくりと歩いて見ましょう(^_^)v

nice!(16)  コメント(4) 

とうほく蘭展&ガーデンフェスタ2019 20190204 [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 風の丘は「風の丘」なので、時々強い季節風(西寄りの風)が吹いています(>_<)
 今日2月14日はそれほど強い風ではありませんでしたが、北東寄りの冷たい風が時々吹いていました。
 さてこのシーズン、仙台市でも蘭展が行われ、見に行く気は無かったのですが、2月4日、不本意ではありましたが行って来ました(^_^;)
 まあこの日は、ヨコミー奥様のおリュウさんが、同級生のカズさん、リコさんと一緒に列車で見に行く予定でした。
 しかし大風で列車が運休。この日は残念ながら最終日であり、既に前売り券も買っていて、ヨコミーにSOS....。そう、アッシーです(^_^;)
 おリュウさんには日頃老母の介護で一方ならぬお世話を頂いており、ヨコミーも花は好きな方なので、大風に車体を揺られながら、会場の夢メッセMIYAGIへ行って来ました。

201902041232 とうほく蘭展 W1024 DSC_3176.jpg
 夢メッセ中の入口はこんな感じ。ここは入口設定ですが、ここから出て来る方も....。

201902041315 メインかな w1024 DSC_3183.jpg
 ゲートを潜るとメインの展示が見えてきました。
 メインの奥はステージになっていて、写真左奥にある個別株展示と合わせても、展示の類は会場の1/4程度でした。
 以前2回来ましたが、もっと展示が多かったような....。

201902041232 メイン w1024 DSC_3177.jpg
 メインの展示です。

201902041233 蘭展 w1024 DSC_3181.jpg
 ちょっと豪華な展示です(^_^)v

201902041328 ブルーリボン賞 w1024 DSC_3212.jpg
 ブルーリボン賞を受けた作品の展示です。
 では、それぞれの綺麗なランを楽しむこととします(^_^)v

201902041346 黄色白色 w1024 DSC_3276.jpg
 面白い形をしています。ヨコミー、詳しく解説する知識はありません(>_<) ただ、素敵な姿に惹かれ、パチパチと写真を撮るのみ(^_^;)

201902041353 赤紫 w1024 DSC_3310.jpg
 紫系の素敵な花です。

201902041406 ピンク w1024 DSC_3348.jpg
 不思議な形。2つ上の写真で、手前に在る白く丸い部分が下へひょろ長く伸びた感じ。

201902041413 赤色 w1024 DSC_3377.jpg
 いつも思うのですが、下の穴は何なのでしょうか?? 食虫植物なの??
 雨水や散水で水が溜まったら、どうするの?? 聞いてみたい(^_^;)

201902041415 黒色 w1024 DSC_3388.jpg
 濃い紫色の中に黄色。素敵です。

201902041422 緑色 w1024 DSC_3425.jpg
 不思議な形です。上は桃の形。割れたら桃太郎が出て来る!?? (^_^;)

201902041421 後ろ姿 w1024 DSC_3421.jpg
 後ろ姿も素敵です(^_^)v

201902041426 シンビジューム h1024 DSC_3432.jpg
 素敵な色のシンビジュームです。

201902041429 オンシジュームの仲間 w1024 DSC_3452.jpg
 オンシジュームの仲間かと。

201902041426 黄色 w1024 DSC_3436.jpg
 星形(^_^;)
 
201902041428 黄色 w1024 DSC_3444.jpg
  鮮やかな黄色(^_^)v ヨコミー、好きな色は黄色じゃないのですが、これも好きですねぇ(^_^;)

201902041436 赤紫 w1024 DSC_3478.jpg
 「おーい、こっちだよ」って、呼んでいるのかな(^_^;)

201902041435 黄色 W1024 DSC_3472.jpg
 これもいい色合いです(^_^)v

201902041437 アクアリウム w1024 DSC_3481.jpg
 アクアリウムにも入ってみたかったのですが、家庭の主婦でもある奥様方のお時間がそろそろ終わりとなるようで....(>_<)

201902041437 うまいもの市 w1024 DSC_3482.jpg
 各地から集まった、うまいもの市です。昼食は、ヨコミーはちょっと贅沢をして穴子弁当に(^_^;)
 他に会場の凡そ4割を、蘭を始めとする花々やガーデニング用品等の販売が占めていました。

 この日は最終日で、到着が昼になったためか、会場入口近くへ車を停めることが出来ました。何年か前も最終日でしたが、到着が午前のいい時間だったためかとても込み、大変だった記憶があります。
 お客さんが少なくなったか否かは分かりませんが、今回のように昼に到着するのも良いようです。 
 花は一部に疲れが見られましたが、全体的に状態は良いです。まして販売ブースでは割と値引きしていて、ご婦人方はいっぱい買い込んでいました。
 来年も最終日の午後は欠かせませんよ(^_^;)(^_^)v
nice!(13)  コメント(0) 

どんと祭 気仙沼市日門海岸 20190113  [観味良好]

 こんにちは、ヨコミーです。
 ここは気仙沼市本吉町風の丘。
 今日1月24日、朝起きたら雪が降っていて、既に少し積もっていました。
 まあ大したことはないなぁと思っていたら、7時過ぎ辺りから綿雪に(>_<)
 その後小雪になり、昼前後には止みましたが、雪掃きはそれから。
 天候の回復はイマイチです。
 最近は気温が下がり、季節の強風が吹いています。
 暦は大寒を過ぎてしまいましたが、寒さはこれからがピークかと(>_<)

201901131414 日門どんと w1024 P1380075.jpg
 遅れた記事となりましたが、1月13日午後、地域の日門(ひかど)海岸で、どんと焼きが行われました。ヨコミー家でも持参(^_^)v
 地区の役員、消防団、そして消防署の方や駐在さんも居るようです。 

201901131414 どんと w1024 P1380077.jpg
 近づいて見たら、もう終わり加減。
 ただ見守るのも暇なので、周囲を紹介します。

201901131416 海右から1 w1024 P1380078.jpg
 先ずは南側の日門漁港から。小さな漁港です。左奥は防波堤。向こうは太平洋です。ここでよーく釣り人を見掛けます。
 海水が澄んでいます。小魚やカニが見えそう(^_^)v

201901131416 海右から2 w1024 P1380079.jpg
 左隣です。左の防波堤が先の小島と繋がっています。この防波堤の右側を沖に延長すると小島にぶつかりますが、岩山の上にちょっとだけ白く見えるのが、奥に広がる防波堤の先端に建っている灯台です。初日の出の写真にも写っている灯台です。後でもう少し見えます(^_^;) 

201901131416 海3 w1024 P1380080.jpg
 更に左隣です。海に伸びる防波堤は、こんな感じ。
 左手前の砂浜は、通称・日門海水浴場。残念ながら正式な海水浴場ではありませんが、震災前から、岩手方面からの海水浴客もいました。ファミリーが多く、惜しいことに、トイレやシャワーはありません。
 奥の浜は大谷海水浴場ですが、東日本大震災の大津波で殆どの砂が流され、残念ながら休止中です。 なので、大谷海水浴場に隣接する道の駅でトイレを済まし、こちらで1・2時間も遊び、シャワー代わりに2リットルのペットボトルに水を入れて砂浜に置き、帰りに水が暖まったところで頭から振り掛け、塩水を流して帰った....という話も聞きます(^_^;)
 左の白い建物は、大谷海水浴場西端の丘に建つ小さなホテル・海洋館。

201901131416 うみ4 w1024 P1380081.jpg
 更に左です。地元の人曰く。震災後、この浜の砂が増えたと。右奥に見える大谷海水浴場(休止中)から、大津波によって流出した砂の一部が、こちらへ波で寄せられているのでは...と話していました。
 ところで、中央にJR気仙沼線(現在鉄路は廃止(>_<)のトンネルが見えますが、大津波はその上のお宅まで流してしまいました(>_<)

201901131420 海洋館 w1024 P1380100.jpg
 海洋館付近の拡大です。直ぐ下の浜には、砂が戻りつつあります。
 右手の盛土は、国道を嵩上げして防潮堤も兼ねさせようとする事業で使う土で、仮置き。

201901131420 道の駅大谷海岸 w1024 P1380101.jpg
 中央、海に近い所に立つ白い平屋造り2棟は道の駅の施設。左は加工施設と食堂、直売所。メカカレーやホヤおにぎりが美味しいです。いつかはアワビのおにぎりも(^_^)v
 右側は震災前から有ったトイレ。更にその右手には、震災前はJRの駅や水族館、レストランが入ったメインの建物が在ったのですが....(>_<) 今後、国道の嵩上げと並行して、新しい施設を作るそうです。

201901131420 中華高橋水産 w1024 P1380102.jpg
 手前の海岸は大谷海水浴場の東側。震災でこの辺の家が無くなり、周辺を整備していたら、この辺りは「砂丘」だったことが、改めて証明されました。
 上に載っているように見える建物は、更に数百mも奥に行った丘に建つ中華高橋水産。フカヒレ製造では名が知られている会社です(^_^)v

201901131418 うみねこ w1024 P1380092.jpg
 小島に続く防波堤で休むウミネコです。風と太陽が在る方向を向いています。
 小島の右手には小さな鳥居が、正面奥には先程記した灯台の先端が、ちょっとだけ見えます。

201901131430 砂浜 w1024 P1380104.jpg 
 ヨコミー、川が砂浜に注ぐ辺りというか、河口での砂の振る舞いも好きです(^_^)v
 水の流れ、風、波、潮の流れ等が複雑に絡み合い、いろんな姿を見せてくれます。

201901131438 どんと そろそろ終わり w1024 P1380113.jpg
 どんと焼きはそろそろ終わりです。係の方が消火の準備をしています。

201901131442 イカ釣り船 w1024 P1380116.jpg
 折角なので、漁港にも足を伸ばしてみました。
 大きな6個のランプを積んだのは、イカ釣り船? ランプが漁り火です。

201901131443 漁船 W1024 P1380117.jpg
 大きなクレーンを積んだのは、沿岸の定置置網を引き上げる漁船かと。うーん、もう少し勉強が必要だなぁ(^_^;)
 右端に見えるのは、防波堤の先に見えた、小さな赤い鳥居があった小島。

 太陽がいずる地・日門で、あなたも海鳥と戯れてみませんか(^_^)v

nice!(14)  コメント(0)